就職活動

就活で英語が有利な理由と最短で身につける3つの方法を紹介!

《すぐわかるおすすめのオンライン英会話ランキング》

▼当サイトから登録の多い無料体験ありのオンライン英会話

【1位】産経オンライン英会話《大手の安心!回数無制限で質問し放題!》

【2位】学研グループのkimini《値段を抑えて安く受講できる!》

【3位】エイゴックス《ネイティブ講師、日本人バイリンガル講師、 フィリピン人講師の中から、お好みの講師を選べる!》

【4位】ネイティブキャンプ《業界初の定額レッスン無制限(レッスン単価最安値!)》

【5位】レアジョブ英会話《1レッスン129円~から始められる!》

「英語って出来ないんだけど、就職活動に影響出ないかな???」

「就活に英語が上手く使えると思うから勉強したいけど、なにしたら良いのかわからな・・・」

「就活で英語を使わないで働ける会社を見つけたい!!!」

と思っている大学生はきっと多いはずです。

たしかに就活となると「英語」は避けては通れない大事な項目です。

実際に周りを見ると、早くから英語の勉強をしている大学生や留学で海外行った大学生は多いです。

しかし、ただ英語に対して苦手意識を持っていてもなにも変わりません。そこで、まずは就活に関する英語について使える情報を伝えていきます!

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

日本の企業の7割が「英語力」を見ている

英語が必須な企業、英語力が有利になる企業、英語力が不要な業界があることが大前提です。

ただ、英語力はどんな企業で働くとしても良いことしかありません!!その理由をこれから説明していきます。

 

語学力は就職に関係あり

日本のおよそ7割の企業が「あること」に注目して学生を採用していると言われています。そのあることとは何だと思いますか?

「英語力」

日本の企業の7割が学生を採用する時に英語力を見ているのです。この数字は先ほども述べたとおり、業界に関わらず多くの企業が英語の能力を求めていることを示しています。

「英語力が不要な業界もあるのに、なんで?」

と思う学生も多くいるのではないですか?その理由は以下にあります。

今の多くの企業は

  • 人材不足 
  • 海外企業の進出による市場縮小

に悩まされています。

多くの人材を確保できず、またそれぞれの業界の市場も狭くなっていく。また、多くの企業が利益のために海外との関係を持たざるを得ない。

そのような、海外の企業との関わりが増していく中で「英語に強い社員を取っておきたい!」と思う企業側の考えは自然な流れではないのでしょうか。

世界の人とコミュニケーションを取らずに仕事をし続けることがおそらく不可能に近い今。そして、単純に就職活動をする学生が少なくなっている今。

より高い能力をもった学生、つまり英語もできる学生が必要とされています。

そのため、少しでも英語力のある学生を採用しようと、約7割もの企業が”英語力”に注目しています!

しかし、このような今の社会の現状を知っても「英語できないから絶対使いたくない!」

と思う学生もいるかもしれません。

大学生が英語を勉強するべき理由!勉強の仕方まで解説!

 

英語が必要ない企業ももちろんある

もちろん英語を使えることは大事です。しかし、英語を使わない企業も中にはあります。英語が苦手で今後も使いたくないと考えているのであれば、英語を使わない企業を選択することも大事な1つの方法です。

英語を使わない企業。それは銀行や建築関係、インフラ関係の企業です。今挙げた3種の企業は世界と競うということはほとんどありません。

また、建設業界などであれば海外の同業者の人と仕事としてコミュニケーションをとる機会があるかもしれません。ただ、これは一般的に考えて稀なケースであり、ほとんどの人が国内で海外の人とは仕事では関わらずに仕事をします。

このように日本の銀行や建築業界、インフラ業界のような有名で広い業界であっても、海外の人と接する機会はほとんどありません。

なので、語学力無くて「英語を使って働きたくもない」と考えてる学生は銀行や建築関係、インフラ関係の企業への就活をオススメします!

大学生が英語を勉強するべき理由!勉強の仕方まで解説! 《すぐわかるおすすめのオンライン英会話ランキング》 ▼当サイトから登録の多い無料体験ありのオンライン英会話 【1位】...

 

英語ができると就活では長期間努力できると評価される

何度も説明しましたが、できると選択の幅は広がるよ!と言われている「英語」しかし、これは必須ではありません。

今まで就活において、いかに英語が重要かを話してきました。 しかし、英語ができないと良い企業に入れないわけでは無いんです。

「英語ができる」→「目標に向かって努力できる」

このように考える企業が実は多いんです。

なぜなら、英語とは日本人にとって第2言語です。つまり、学ばなくても生活ができます。義務教育で中学までは英語を学びますが、英語ができるようになるにはそれ以降の長期間の努力が必要になります。

すなわち、すぐに簡単にできるようにはならない英語ができるということは、同じような課題に対しても長期間に渡って努力し続けることができると見られるのです。

この努力を企業は評価して、「この学生ならうちの企業でも諦めずに努力してくれる!」と思い、採用につながることもあります。

 

新卒のために最低限必要なTOEICスコアは520点

英語力をつけるとなったら何点必要なのか気になるところです。結論、「520点!」です。

これが新卒者に求めるTOEICスコアです。これは英検で言うところの高校卒業程度です。思ったより必要なスコアが低いとは感じませんか?

このスコアならば、たとえ長い間英語に触れていなかった社会人でも、1年間英語に触れて思い出しさえすれば達成できるスコアだと言われています。

もちろん企業によっては求められるスコアは変わることはあります。しかし、最低限必要なスコアは520点と聞けば目標が見え、努力するモチベーションにもなるのではないでしょうか。

 

語学力が活かせる職業

結論、語学力で就職が有利になる職業はあります。注意する点は、「英語が話せる学生≠即採用」ということです。日常英会話とビジネス英会話は全く別物です。

たとえTOEICで高得点とっていても仕事で使うことができるかは分からないのです。また、英語ができても仕事ができなければ意味がありません。

それは「企業が求める学生=仕事をきちんとこなせる学生」だからです。

これはどこの企業も同じで、たとえどんなに英語ができようと、企業のために働いてくれない人材と判断されたらやめさせられてしまうのです。

語学力が活かせる職業
  • エンジニア
  • 外資系
  • 商社
  • ホテルスタッフ

 

エンジニア

自分の会社で製品を製造する場合、さまざまな部品を扱うため、海外の製品も中にはあります。

そのため、英語を理解できないと説明書を読み、製品を適切に扱うことができないのです。従って、英語がエンジニアにおいても必要なのです。

 

外資系

「英語が業務でいるの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、海外の人が会社の経営に関わることが多い外資系。たとえ業務の中では使わないとしても、業務を進める上で使わなざるを得ない機会があることが多いです。

海外の企業が関わる業界である以上、就職において英語は求められ続けると考えられます。

 

商社

海外に行って取り引きを行うために出張や転勤があるイメージある商社。「絶対に英語ないと入れない!」と考えてる人も多いのではないですか?もちろんその考えは正しいのですが、実はそれが全てではありません。

商社と言っても全ての社員が海外に行って、実際にそこで取り引きをするわけではありません。中には、日本国内を中心に取り引きをしたり、会社内での仕事を請け負ったりしている人もいます。

とは言いつつも、海外で海外の人と話し、取り引きをすることが主な仕事である商社。

やはり英語ができることが就職に有利に働いてくる業界だと言えます。

 

ホテルスタッフ

この職業は言うまでもなく英語を使います。1度でも宿泊したことがあればわかるかと思いますが、泊まるのに国籍は基本、関係ありません。そのため、どんな国籍の方が宿泊に来ても大丈夫なように英語ができる必要があります。

 

英語力を最短で身に付ける3つの方法

英語力をつけてやりたい仕事がある大学生必見!ここから、就活を見据えた英語力を身につけるためにするべき3つのことを教えていきます。結論下記の3つです。

  1. 英語に毎日触れる⇦ここもっとかける
  2. 基礎を徹底的に身に付ける
  3. 英語の本や新聞を読む

 

英語に毎日触れる

簡単なことですが、毎日触れているだけでこれが積み重なり自分の身についていきます。

しかし、「毎日英語に触れる」この文だけを見て、

「毎日英単語を見たり、参考書開くって面倒くさいなぁ」

と考える人も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫です。ポイントは、毎日英語に触れることですから、中学・高校のように単語帳や参考書と毎日にらめっこする必要はありません。

要は、自分の続けやすい形で英語に触れていけば良いのです。今では、洋楽好きな大学生は多くいます。さらに、インターネットを使って海外ドラマや洋画などを簡単に見ることができます。

身の回りにある便利な環境を利用して、毎日洋楽を聞いたり洋画を見たりするなどして、やりやすいように毎日英語に触れる!

 

基礎を徹底的に身に付ける

先ほど、「毎日英語に触れる」という方法について説明しましたが、英語に触れるだけでは早く英語を理解することはできません。

ただ英語に触れるだけではなく、英語のルールも知ることができればさらに理解しやすくなります。つまり、英語の文法や単語を多く知ることによって英語を扱う上での基礎が出来上がります。

これによって英語に対する理解がさらに深まり、身に付けた知識が基礎をしっかりさせることで生きてくるのです。

 

英語の本や新聞を読む

英語に活字として触れることも大きな英語力の向上につながります。本や新聞の読み方の1つの方法をご紹介します。

まず、今の実力で本や新聞を読んでみて、それから理解できなかったところを調べて理解することです。

初めてやる時、これは時間のかかることですが、自分の知っている所・知らない所をはっきりさせることができます。

さらに、本であれば世界における考え方や価値観に触れることができます。そして新聞であれば、今世界で起きていることを世界の視点で知ることができます。

日本の報道では知り得ないことも、海外の新聞を読むことで知れて面白いですよ。

 

まとめ:英語は就職試験では有利になります

結論、英語力を持っていて損はありません。むしろ良いことしかありません。もちろん英語を身につけることは簡単ではありませんが、得ることによる見返りがとても大きいのです。

「少しでも英語に対して向上させたい・将来のために今努力しておきたい」という思いがあるならチャレンジしてみてください!

また、TOEIC、英検などの資格がある場合は履歴書に記入するようにしましょう。一部では「TOEICは600点以上ないと履歴書に書けない」などと言われています。

実はどの企業も英語を完璧にできるような学生を最初から求めてるわけではないです。たとえ出来ていなくても、やる気があることを示すことが大事なんです!

英語に対して努力する姿勢を評価してくれる企業が多くあるのです。そのため!繰り返しになりますが、英語習得のためにチャレンジしてみることをオススメします!!

【初心者向けオンライン英会話】選び方・おすすめの理由・サービス、効果的な学習方法と上達のコツを紹介!

《すぐわかるおすすめのオンライン英会話ランキング》

▼当サイトから登録の多い無料体験ありのオンライン英会話

【1位】産経オンライン英会話《大手の安心!回数無制限で質問し放題!》

【2位】学研グループのkimini《値段を抑えて安く受講できる!》

【3位】エイゴックス《ネイティブ講師、日本人バイリンガル講師、 フィリピン人講師の中から、お好みの講師を選べる!》

【4位】ネイティブキャンプ《業界初の定額レッスン無制限(レッスン単価最安値!)》

【5位】レアジョブ英会話《1レッスン129円~から始められる!》

こちらの記事もおすすめ!