大学生活

大学生は「今」のうちにプログラミングを学ぶべき!エンジニアまでの道のりを解説!

《すぐわかるおすすめのプログラミングスクールランキング》

▼当サイトから登録の多いプログラミングスクール

【1位】テックアカデミー 《完全オンライン、通学不要、7日間の体験期間がある!》

【2位】テックキャンプ 《学生、20代に人気のスクール!》

【3位】【DMM WEBCAMP】《就職に圧倒的有利!満足度90%以上!》

 

「プログラミングってこれから需要あるんだよね?」

「時間があるからプログラミングを学んでみたい。。。」

「どういう風にエンジニアになるんだろう…」

などなど考えている大学生も多いと思います。

結論、【大学生はプログラミングをするべきです】。プログラミングは将来大いに役立ちます。

近年、プログラミングを学ぶ学生が増えてきました。

今回は、大学生がプログラミングを学ぶべき理由とエンジニアまでの道のりについて、解説していきます。

「プログラミングって難しいのでは?」と思う方もいると思いますが、其れ相応のメリットがありますので、ぜひこのまま読み進めてください。

 

大学生の時間がある内にエンジニア力を付けて市場価値を高める

 

本項では、大学生がエンジニア力を付けて市場価値を高めておく理由についてお伝えします。理由は、以下の三つです。

  1. 大学生でないと、エンジニアに必要なスキルを身に着けるのに時間がかかる
  2. プログラミングができれば、どこでも働けて、成果がもろに収入に反映される
  3. プログラミングは年齢関係なく、実力で市場価値が上がる

それぞれ詳しく解説していきます。

 

①大学生でないと、エンジニアに必要なスキルを身に着けるのが難しい

大学生を終え、社会人になってからエンジニアのスキルを身につけようと思うと相当時間がかかります。社会人にもなると土日の休みをフル活用して、プログラミングを学ばなければいけません。

しかし、学生の場合、夏休みの2ヶ月間をプログラミングにフルコミットすれば、かなり上達します。

「20代 エンジニア 転職」などでググってみるとわかりますが、未経験で転職となるとほぼ採用枠が、「元々プログラミング経験あり、開発経験のある方」が優先となり、転職は難しい状況です。

 

②プログラミングができれば、どこでも働けて、成果がもろに収入に反映される

プログラミングができれば、フリーランスエンジニアなどになって、どこでも場所を選ばず働くことが可能です。会社によってはリモートワーク可の職場もあります。

「どこでも自由に働けるって最高じゃないですか?」

場所を選ばないということは、嫌な職場、嫌な上司などと一緒に働かなくてすみます。人生の中で起こるストレスを大幅に軽減することが可能です。

 

そして、エンジニア最大のメリットは成果がもろに収入に反映されることです。会社の中で働く場合、月の給料に上限がありますが、フリーランスの場合、天井はありません。

平均のフリーランスエンジニアの月収は、70万と言われています。(レバテックフリーランスより)

成果主義のため、案件を2〜3個抱えるだけで月収が100万円以上超えることもザラになります。

 

③プログラミングは年齢関係なく、実力で市場価値が上がる

プログラミングは、年齢関係なく実力主義で上を目指せます。今では、小学生もプログラミングを学ぶ時代になっており、中学生でもプログラミングで稼ぐ子がでてきています。

プログラミングスクールに行って、ある程度実力が付けばクラウドソーシングで案件をこなせば、大学生のアルバイト分の給料は余裕で超えます。

 

オススメのクラウドソーシングサイト
  1. クラウドワークス
  2. クラウドソーシング「ランサーズ」

 

「HTML、CSS、WordPress、JavaScript」が使いこなせるようになれば、1件5万円〜案件があります。

大学生のうちに稼げるエンジニアになる方法

 

大学生のうちに稼げるエンジニアになる方法は、下記の二つです。

  1. Web制作系のスキルをつける
  2. 会社に入ってエンジニアインターンをする

 

①Web制作系のスキルをつける

Web制作系のスキルを身に着けるなら、プログラミングスクールがおすすめです。

まず、エンジニアといっても様々なものがあります。フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアなど。

「Webアプリを作りたいのか?」「Webサイトを作りたいのか?」などでもわかれます。

もしこの記事を読んでいるあなたがプログラミングで何から始めたら良いかわからない場合は、プログラミングスクールに行きましょう。

プログラミングスクールでは、何を学んだらそのアプリが創れるのか、サイトが創れるのかをメンターに詳しく聞くことができます。

 

そして、スクールではプログラミングの基礎を固めることができるので、独学よりも効率が良いです。スクールでは、チュートリアルを見ながらまずはクローンアプリを実装することが可能です。

学生料金で受講可能なスクールを以下で紹介します。

テックアカデミー

※完全オンライン、通学不要、7日間の体験期間がある




テックキャンプ

※学生、20代に人気のスクール



【DMM WEBCAMP】

※就職に圧倒的有利!満足度90%以上!

 

 

テックアカデミーの学割で、11万円安くできます。学生割引ありのプログラミングスクールは、大学生のうちに行くべきです。大人になると料金が跳ね上がります。

 

②会社に入ってエンジニアインターンをする

エンジニアインターンで、チーム開発を経験することが一番成長できます。プログラミングスクールは、あくまで仮想のものを作り上げますが、会社で開発するものは本物です。

実践が一番、効率よく実力を付けてくれます。また、エンジニアの仕事の流れもわかるためコスパが良いです。

エンジニアインターンの時給は、低くても1,000円、一般的な1,500円のものも数多くあります。スキルも付き、時給も普通のアルバイトよりも良いです。

 

なぜ大学生の内にプログラミングなのか

 

本項では、「なぜ大学生の内にプログラミングなのか」について深掘りしていきます。

結論、下記の5つが理由です。

  1. 大学生の間は時間がたっぷり確保できる
  2. 大学での面倒な作業などを自動化することができる
  3. プログラミングのアルバイト・インターンは時給が高い
  4. 就職活動に有利になる
  5. 自分の頭の中の考えをアウトプットする力がつく

 

①大学生の間は時間がたっぷり確保できる

大学生の4年間という時間を何に費やすかという点が重要です。サークルの飲み会や旅行、学生団体やインターンなど幅広く活動することができます。

ただ、4年間もあるのだから数ヶ月くらいプログラミングに時間を使う選択肢を持つのも良いのじゃないかなと思います。

アルバイトは時間の切り売りでしかなく、社会人になってもあまり役立ちません。

夏休みや春休みの時間をアルバイトで稼ぐよりも数ヶ月、プログラミングを勉強する時間に当て、将来のスキルとして手に入れてはいかがでしょうか。

《すぐわかるおすすめのプログラミングスクールランキング》

▼当サイトから登録の多いプログラミングスクール

【1位】テックアカデミー 《完全オンライン、通学不要、7日間の体験期間がある!》

【2位】テックキャンプ 《学生、20代に人気のスクール!》

【3位】【DMM WEBCAMP】《就職に圧倒的有利!満足度90%以上!》

②大学での面倒な作業などを自動化することができる

大学で使うエクセルや面倒な作業をプログラミングで自動化することができます。

例えば、VBAという言語を習得すれば、オリジナルの関数を作ったり、領収書発行が楽になったりします。

卒論などで、学生向けのアンケートをとって、集計する際に別のツールにデータを自動で移行させて集計することもできたりします。

上記のようにプログラミングはもともと、人の生活に役立つように設計する作業のことです。コンピュータにさせたい作業をを順番に書いていくことで、プログラミングができてきています。

 

③プログラミングのアルバイト・インターンは時給が高い

会社に入って、プログラミングのアルバイトしたり、インターンをするとスキルもつくしお金も貰えるという最高の環境です。

時給1,500〜3,000円になる学生もいるので、普通にアルバイトするよりも効率的に稼げます。

会社にも種類があり、受託開発・自社サービス開発・研究開発・地域密着系など,考えただけで様々存在します。

それぞれの工程で単価感は変わってきますが、「◯◯社では△円で雇われていたので、考慮して賃金を上げて欲しい」と交渉するのが一番手っ取り早く、相手も納得します。

 

④就職活動に有利になる

プログラミングができると就職活動が有利になります。よく聞くと思いますが、IT人材は慢性的な人材不足です。

そのため、国も2020年からプログラミング学習が小学校の教育課程で必修化されます。「IT・通信」は事務・アシスタントといった自動化できる仕組みを作ることができます。

プログラマーやシステムエンジニアは、その自動化を作る側なのでますます需要が高まってきます。

 

⑤自分の頭の中の考えをアウトプットする力がつく

プログラミングは、インプットだけでは実力は付きません。インプットよりもアウトプットの方が圧倒的に重要ですし何よりスキルがつきます。

プログラミングでわからないことがあれば、Googleで調べれば一発で答えが出てきます。重要なのは、目の前でおきた問題を解決する力です。

なので、優秀なエンジニアが最初プログラミングをするときは、アウトプット主体でやり始めた方が多いそうです。

自分の頭の中で考えアウトプットする力は、ビジネスの場でも大いに役立ちます。

 

独学だけは、スキルは身につかないのでスクールに通う

 

大学生がプログラミングの「基礎知識」を独学する方法は、

  1. 本や動画で基礎学習する
  2. プロダクト実際に作ってみる

上記の繰り返しになります。

ただ、独学の場合プロダクトが出来ているのか否か、正しいのかどうかすらわかりません。プログラミングに気付いた大学生は、幸運です。大学生は、時間がたっぷりあり、圧倒的に有利です。

断言します。チャレンジするなら、今がいいです。

《すぐわかるおすすめのプログラミングスクールランキング》

▼当サイトから登録の多いプログラミングスクール

【1位】テックアカデミー 《完全オンライン、通学不要、7日間の体験期間がある!》

【2位】テックキャンプ 《学生、20代に人気のスクール!》

【3位】【DMM WEBCAMP】《就職に圧倒的有利!満足度90%以上!》

 

こちらの記事もおすすめ!