大学生活

大学生はコミュニティを広げておくべき!経験者が語る!

「なんで大学生のうちにコミュニティを広げておくべきなの?」

「友達をもっと増やしたいし恋人も欲しい・・・」

「同世代よりも突出した存在になりたい。。。」

こんな風に思っている学生も多いのではないでしょうか。

結論、社会人にも言える事ですが、大学生は【コミュニティを複数持つべき】です。

ではなぜ、コミュニティを複数持つと良いのか、広げておくべきなのかについてこの記事ではお伝えしていきます。

大学生なら知っておくべき「人脈構築の全て」についても記載しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

大学生がコミュニティを広げておくべき5つの理由

大学生がコミュニティを広げておくべき理由を5つ紹介します。結論、下記の5つです。

  1. 友達が増える
  2. 多様な価値観に触れれる
  3. 恋人が見つかるかも!?
  4. 組織の中の行動が明確化できる
  5. 複数のコミュニティがあると守られる

 

大学生がコミュニティを広げておくべき理由1:友達が増える

コミュニティが増えると友達が増えます。なぜなら、コミュニティというものは何らかの価値観がマッチした人たちが集まる集合体だからです。

サッカーコミュニティであれば、サッカーの好きな人が集まりますし学生団体であれば、その学生団体がやっていることに共感した人たちが集まってきます。

同じ価値観・考え方を持っている人と接することで、より深い関係が生まれ、友人関係に発展する

だからこそ、友達が増えるといえるのです。その友達と接することで、行動範囲が広がる事が大いにあります。

友達は色々な考え方・知識・経験をを持っているので、友人が増えれば、人生の満足度も高くなり、より大学生活が楽しくなります。

僕の場合、課題を助けてもらったり、海外に行く時のWi-Fi事情や現地事情などを実際に行った友達に聞く事で助けられた経験があります。

 

 

大学内で無理して友達を作らなくて良い。オフラインの友人でなくても現代では、ネット上の共通の趣味の人たちをお集めたオンラインサロンもある。自分にあった友人と接しましょう。

 

【親友をつくる5つの方法】大学で友達がいないのは出会いがないだけ「大学で友達ができない。。。」 「大学でいつも1人で孤立している、、、」 「楽しいキャンパスライフを送りたい!!!」 ...

 

大学生がコミュニティを広げておくべき理由2:多様な価値観に触れられる

コミュニティを増やすと多様な価値観に触れられます。でも本記事を最初からお読みいただいている方には、

「コミュニティは同じ価値観・考え方の人が集まるって言ってたじゃん。」

と思われることでしょう。これは、あえて自分と違ったコミュニティに飛び込んでみることです。

具体的には、大学生活をバイトと大学の課題だけをしていた場合に、一歩踏み出して国際系のボランティア団体に入ってみるという行為です。

国際系のボランティアでなくても自分が全くしたことも考えたこともないことをしているコミュニティであればなんでも良いです。

上記の行動をした場合、その大学生は全く違う世界・景色をみることになります。そうなった場合、多様な価値観から学びを得ることができ、人生に大いに役立ちます。

 

大学生がコミュニティを広げておくべき理由3:恋人が見つかるかも!?

断言します。大学生がコミュニティを広げておくと恋人が見つかる可能性が高くなります。

大学内でサークルにも入っていないと異性との出会いは、ほぼ皆無です。(理系・工業大学は特に)

大学生の出会いの場は、バイトか学内・その他のコミュニティが一般的です。ただ、バイトと学内はある程度時間が経ってしまうと恋愛関係になる異性の母集団の数は減ってしまいます。

ただ、そのほかのコミュニティであれば、自分が広げれば広げるだけ母集団は増えていきます。異性に人気のサークルや学生団体など幅広くあるので、ぜひ一度足を運んでみましょう。

 

大学生の付き合う前のデートですべき事と気をつける事を解説「好きな人ができて、来週初デートだけどどこに行けばいいんだろう、、、」 「初デートで気をつけるべき事って何かな・・・」 「付...

 

大学生がコミュニティを広げておくべき理由4:組織の中での行動が明確化する

自分の組織の中の行動が明確化します。つまり、コミュニティに所属することで自分の立場や立ち位置が明確化されるため、大学を卒業した後の社会人生活で活きるということです。

コミュニティは人が複数集まる集合体です。その場合、他の人の考えや行動に合わせたり、自ら発信をするという行為も必要になってきます。

いわゆる会社の組織と似ているんです。なので、組織の中の行動が明確化できるというメリットが生まれてきます。

 

大学生がコミュニティを広げておくべき理由5:複数のコミュニティがあると守られる

複数のコミュニティに所属していることで、万が一コミュニティ内で問題や嫌なことが起きて居づらくなったとしても別のコミュニティに居場所があるので、精神的に安定します。

例えば、僕の場合大学生の時に所属していたのは、サッカー系のコミュニティ2つと学生団体が1つ、サッカースクールのバイトが1つ、大学内が1つなので計5つです。

この場合、サッカーコミュニティの1つで人間関係が上手くいかなかったことがあったとしてもバイトや学生団体に注力を当てて顔を出していけば、自ずと自分のメンタルは回復していきます。

コミュニティを複数持つことで心に余裕が生まれ、安心して大学生活を過ごす事ができる

 

大学生なら知っておくべき人脈構築の全て

本項では、大学生なら知っておくべき人脈構築の全てについてお伝えしていきます。まず、何かをするのも良い環境で大学生活を送るのも人の繋がりが全てということを覚えておいてください。

 

人脈構築のSTEP.1・・・拠点を作ることから

人脈構築のSTEP.1は、拠点を作ることから始まります。例えば、僕であれば実家が金沢住んでいるのも金沢なので、金沢以外の拠点になります。

僕の家系は、子供の頃転勤が多かったので、大阪(2ヶ月)・滋賀県(10年)と拠点があります。なので、大学生の時の長期休暇は、大阪や滋賀県に足を運んで遊んでいました。

社会人になった今でも拠点は幅広く、山梨県や東京などにも身を起き、拠点を増やしています。

大学生の場合は、土地でいう拠点を増やすのは難しいかもしれませんが、バイト先・サークル・学生団体などであれば、自分の拠点を置くことが可能です。

 

人脈構築のSTEP.2・・・繋がりを広げる行動をする

拠点を置いたのであれば、次にすべき行動は【繋がりを広げる行動をすること】です。いわゆるどこにでも顔を出すことです。イベントやパーティなど人が集まる場所にはなるべく顔を出します。

そして、権威ある組織とのコネクションをどんどん作っていき、自分自身の知名度を上げていきます。

人をつなげられるようになっていれば、あなたの目指すべきゴールは達成されているでしょう。

 

【集客の極意】イベントに50人集める具体的な施策とコツを徹底解説(例文あり)「イベントするんだけど、人が全然集まらない。」 「イベントの誘い方がわからない。」 「友達が少なくて声をかける人がそもそもい...

 

人脈は双方向のgive&takeだけどコミュニティにはgiveは必要なし

大学生が人脈を広げる方法は「人に会わないこと」です。いわゆるここでいう人脈とは利害関係のある人脈のことです。

「あなたにとって【そもそも】人脈とは?」と言われたらあなたはどのように答えますか?

例えば、何の変哲ものない大学生は経営者と知り合いました。果たして、この大学生は人脈は増えたでしょうか?

人脈とは、自分が困った時に助けてくれる・サポートしてくれる、逆に何かを与えられる関係値のことだと思います。

上記の場合、大学生は何も経営者にgiveできません。なので、利害関係のある人脈とは言い難いです。

人脈を広げるには、自分自身の資料価値をあげ、自分ができることを増やして、双方向のgive&takeできるようになること

だから人に会うべきではないということです。人脈は、自分の市場価値が上がれな、勝手に広がっていきます。なぜなら【紹介】されていくからです。

ただし、コミュニティの場合は自分自身に市場価値がなくても受け入れてくれる、そんな場所になっています。

だからこそ、大学生は利害関係のないコミュニティに足を運ぶことです。

 

合わないコミュニティに入ったら辞めたら良い

大学生のコミュニティは様々です。サークルであれば、飲み会やイベントなどの強要があったり、人間関係も多種多様に存在します。

もちろん、コミュニティは人で成り立っているので、自分に合わないなと思ったら辞めるという選択肢があります。

「辞めたら、何かしらの嫌がらせを受けるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、サークルの場合、辞めたとしても他の人は1ヶ月もすれば、あなたのことは覚えていないですし話題になることもありません。

バイト先であれば、バイトを辞めたからといっても他でバイトできないということもありません。

沢山のコミュニティをまずは知って、自分に合ったコミュニティに所属していくとこと

 

コミュニティから生み出される将来的な価値

 コミュニティに所属し続ける一体どうなるのか、将来的な価値はあるのかについて、本項ではお伝えしていきます。

結論下記の2つの現象が起きます。

  1. 学生時代の交友関係が将来の仕事につながる
  2. チャレンジするハードルが限りなく下がる

 

学生時代の交友関係が将来の仕事につながる

学生時代の交友関係が将来の仕事に繋がります。なぜかというと人脈の話でも合ったのですが、利害関係のないコミュニティで出会った場合、お互いがかなりの深い仲になっています。

そして、いざ社会人になって仕事を発注したい場合、やはり信頼できてかつその分野で得意な人に発注します。

もし学生時代にその分野で得意な友人がいた場合と他の人と天秤をかけた時に発注をかけるのは、前者ですよね。

実際に僕も大学生時代に出会った友人からお仕事を沢山いただく事ができました。それはもちろん、その分野である程度成果を残しているかもしれませんが、やっぱり信頼関係や「この人だったら信頼できる・大丈夫だろう」と安心があったからだと思います。

 

チャレンジするハードルが限りなく下がる

コミュニティに所属し続けるとチャレンジするハードルが下がります。チャレンジすることって大学生になってから増えてると思います。

ただ、大学生活の中では培われないものを他のコミュニティだと得られたりします。何百人の前でプレゼンする経験やイベントを一から作り上げる経験、学生起業できる経験、本当に様々ですが、コミュニティから得られることは数多くあります。

今あるコミュニティで結果を出し続ける事ができれば、同世代の中でも圧倒的に抜きに出る事が可能です。なぜなら他の人は、経験した事がないからです。

チャレンジし続ける環境・コミュニティであれば、自分がチャレンジすることに対してハードルも下がります。

例えば、世界一周にいく友達がいて、大学1年生の時は、「すごい!住んでる世界が違う!」って思うことはあったかもしれないが、旅のサークルや団体に入って数年経てば、「気をつけて行ってらっしゃい!」と声を掛けている自分がいます。

このように環境によって、自分の当たり前の考え方が代わり、成長していきます。

 

大学生は海外旅行に今すぐ行くべき!オススメの国も伝授!「学生団体・サークル・インターンと意識高く行動してきた、、、」 「今までとちょっと違った価値観に触れ合いたい。。。」 「大学...

 

まとめ:自分にあったコミュニティを見つけて楽しい大学生活を送ろう

大学生がコミュニティを広げておくべき5つの理由と人脈構築、将来的なコミュニティから受ける恩恵についてお伝えしてきました。

コミュニティを選ぶ中での正解というものはありませんし人それぞれの価値観でしかありません。

ただ、もしあなたが同世代よりも突き抜けた存在になり、精神的にも安定したいのであれば、今あるコミュニティで圧倒的な成果を出すことです。

「精神的な安定=自分の実力」だという認識が持てれば、仮に何かミスをしても自分の力で切り開いていけます。

 

大学生に人気のプログラミングスクール3選!学割ありでスキルが早く身につく! 《すぐわかるおすすめのプログラミングスクールランキング》 ▼当サイトから登録の多いプログラミングスクール 【1位】T...
こちらの記事もおすすめ!