大学生活

【初心者可能!】大学生はスキルをつけて動画編集で稼ぐ!

「最近動画がYouTubeの需要が伸びてるみたいなんけど動画編集も伸びる?」

「動画編集でお金を稼いでみたいな・・・」

「初心者だけど動画編集って何から始めればいいのかな、、、」

結論、大学生は動画編集を今すぐ学ぶべきです。アルバイトという時間の切り売りではなく、動画編集スキルを付けて稼いでいくのをオススメします。

本記事では、動画編集を学ぶべき理由と初心者が動画編集を学習する方法についてもご説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

動画編集の需要は益々伸び、稼げる時代に

今後、動画編集の需要は益々伸びていきます。

「現在、テレビを見る人が減ってきているのは知っていますよね?」

テレビの時代からYouTubeやNetflixなどの動画配信サービスが莫大的に伸びてきているのは感じていると思います。

テレビは、テレビ→視聴者という風にテレビ主体の一方通行の配信ツールでしたが、今後は個人に合わせた、個人が見たいときに見れるツール・サービスが伸びていきます。

YouTubeであれば、自分が好きな時間・空いた時間で見れる時代になっています。

 

2020年から5Gの時代がやってくる

動画編集の需要が近年上がってきている理由として、2020年から5Gの時代がやってくるからです。

5Gになると今よりタイムラグがなくなり、さらに多くの通信ができ、身の回りのいろいろなものがインターネットにつなげられるようになります。

高速・大容量、程遅延、多接続が可能なのが5Gです。だからこそ、動画投稿者も増え、編集者も増えていくことが予想されています。

 

ちゃんとした動画編集ができる人が圧倒的に少ないから稼げる!

「まずそもそも動画編集って稼げるの?」「動画編集だけで収入を安定させるのは難しいのでは?」と思う方もいると思いますが、YouTubeの動画編集は誰でもできるが故にスキルが高ければ、継続案件につながります。

1本3,000円〜5,000円で動画案件があります。2時間で編集できれば、時給は1,500円越えです。

 

オススメのクラウドソーシングサイト
  1. クラウドワークス
  2. クラウドソーシング「ランサーズ」

 

YouTubeの動画編集の案件を取ろうと思えば、YouTubeチャンネルをリスト化して営業をかけていけば、必ず案件が取れます。

動画編集の勉強は1ヶ月で十分です。そして、動画編集をもっと勉強したいなら編集で稼いで行くことです。

YouTubeのテロップ自動化の精度しだいでは、需要が減ってくるかもしれませんが、動画編集スキルがあれば問題ありません。

 

今後、動画ブームへの加熱は益々伸びるので稼げる!

 

動画編集バイトをする4つのメリット

現在の動画編集の参入は容易になっています。だからこそ、本項では、動画編集バイトをする4つのメリットについてお伝えしていきます。

結論下記の4つです。

  1. スキルが付けばとにかく楽
  2. 高時給で安定的に稼げる
  3. 自由度が高い
  4. 時間に縛られずどこでも働ける

 

スキルが付けばとにかく楽

スキルが付けばとにかく楽です。1時間の作業で10分の動画を作れるようになれば、作業効率も爆上がりしてきます。

3ヶ月動画編集をしていれば、ある程度スキルもついてきますしやり方もわかってきます。

YouTubeの動画編集であれば、

  1. 間をカットする
  2. テロップを入れる
  3. スピード感を出す
  4. 決まりのフレーズを使う
  5. 効果音・BGMを入れる

上記が最低限できれば案件が獲得できます。

 

高時給で安定的に稼げる

動画編集の単価はかなり高めです。YouTubeであれば一本3,000円〜5,000円です。もし仮に2時間で編集して納品できれば、時給は1,500円を超えてきます。

もちろん最初は時間がかかると思いますが、慣れてくれば効率よく編集できるようになります。

 

自由度が高い

動画編集は、自由度が高いです。ここでいう自由度とは、自分の好きなように編集でき、環境を選べるということです。

案件をこなす本数も自分で決められますしショートカットキーを活用したり、自分用にカスタマイズして作業効率をあげることも可能です。

 

時間に縛られずどこでも働ける

動画編集は、場所を選ばずパソコン一台あればどこでも編集可能です。納期までに納品すれば良いので、時間を有意義に活用できます。

決まった時間に働く必要はないので、気が向いた時に作業をしていくことでストレスなく働くことができます。

通勤や移動がない分、交通費もかからず家での作業が可能なのもメリットの一つです。

 

初心者が動画編集を学習する方法

「未経験から動画編集を独学は可能?」と疑問を思う方も多いと思います。スクールや講座はどうしてもお金がかかるからと一歩を踏み出せずにいる方も中にはいますよね。

本項では、独学でスキルを身につける方法についてお伝えしていきます。結論、下記の3つの方法があります。

  1. YouTubeで動画編集チュートリアルを真似する
  2. Udemyで動画編集スキルを身につける
  3. 動画編集のオンラインサロンに入る

 

YouTubeで動画編集チュートリアルを真似する

YouTubeを見ると動画編集のやり方についてのチュートリアルが載っています。なので、それを見ながら一つづつ身に付けていくことをオススメします。

英語がわかる方は、海外のチュートリアルもわかりやすく解説しているので良いと思います。

 

Udemyで動画編集スキルを身につける

Udemyという学びたい人、教えたい人のためのオンラインのマーケットプレイスがあるので、自分が受けたい授業を勝って動画で学ぶこともできます。

実際に私もUdemyで、Final Cut Pro X使い方キホン講座を2,400円で買って動画編集をはじめました。会社がやってるスクールや講座よりもより安価でわかりやすいオンラインスクールになっているので愛用しています。

 

世界最大級のオンライン学習プラットフォーム⬇️


 

動画編集のオンラインサロンに入る

動画編集コミュニティのオンラインサロンに入ることで、動画編集を学ぶことができます。オンラインサロンでは、動画編集をしていく中でわかないことを質問したり、相談できるので初心者の方にはオススメです。

僕は、大川優介(Yusuke Okawa)さんの会社がやっている「TranSe Salon 〜 動画好きと繋がれる、学べる〜」というオンラインサロンに入りました。

月額1,000円で日本中のクリエイターと繋がれたり、サロンメンバー限定特別割引クーポンが配布されていたり、メリットだらけです。

 

まとめ:動画編集に一歩を踏み出してみよう!

動画編集を始めたいと思う方も多いと思います。そんな方にアドバイスをするとしたらiPhoneでいいので動画を撮影して編集してみるという行為をまず行ってみることです。

意外と簡単に自分で動画も作れますしやっていてとても楽しいです。

僕も全くの初心者から動画編集に挑戦していこうと思いますので、ぜひ一緒にやっていきましょう!

こちらの記事もおすすめ!