大学生活

大学生必見!一人旅のメリット、就活の活かし方まで5つに絞って徹底解説

「長期休暇に入って一人旅をしたい!でも、一歩が踏み切れない!」

「一人旅ってやってみたいけど意味ある?」

「国内に行くのか、国外に行くのか決められない、、」

と悩んでいる人も多いと思いのではないでしょうか。 誰しも悩むものです。

もし、一人旅に行くかどうかで迷っているのであれば、、、

結論、一人旅はするべき!】です。

今回は、一人旅のメリット、デメリット、学べるポイント、就活への活かし方など
一人旅への不安を徹底的に解決していきます!

 

大学生が一人旅で学べること

大学生が一人旅で学べることは3つあります。

  1. 自分が何に興味があるのかが分かる
  2. 人生の可能性を広げられる
  3. 国内か海外かどちらに向いているか分かる

上記の3つです。

 

自分が何に興味があるのかが分かる

誰かと行く旅では、本当に自分が行きたいところに必ずしも行けるとは限りません。友達の行きたい場所に行くだけになってしまうこともありますよね。

一人旅なら気になるものがあったら立ち止まって見れます。

旅のなかで、見て、聞いて、経験したものは、今まで見えていなかったものに興味が湧くきっかけになる可能性を開いてくれるでしょう。

さらに、様々な価値観に触れることで、今までの価値観を進化させ、新しい価値観を生むことにもつながります。

自分について考える時間を持つことで、あなた自身も知らなかったあなたが見つかるはずです。

 

誰かと一緒でないからこそ好きなところに、好きなタイミングで行くことができる

 

人生の可能性を広げられる

旅に行くということは、今まで自分が見たことがない景色を見に行くことです。旅の経験をすることで、新しいことがたくさん見えてきます。

新しいことが見えるようになるのは、あなたの可能性を広げることでもあります。新しく発見したことから、色々なことができるようになっていくでしょう。

一人旅なので基本一人です(あたりまえですが)。そのため、自立して物事を進める必要があります。一人ではどうしようもないことも出てくるでしょう。

そんな時、恥ずかしがってなんていられません。今まで他人の目を気にしていた人も、必要に応じて、その場で適応していかなければなりません。

一人旅を機に、あなたの可能性は必ず広がっていきます。

 

旅にトラブルはつきものです。トラブルを経験することで、あなたが思っているよりも、何とかなることを知ることができます。

 

もちろん、なにもしなければなんとかなりません。やればなんとかできるというあなたの能力を、発見していくのです。

上記を乗り越え、一人旅をやりきることで達成感がうまれ、自信につながっていくはずです。

 

自分が国内旅行 or 海外旅行のどちらに向いているのかわかる

まだ一人旅をしたことがない人であれば、日本語が通じる国内旅行をおすすめします。安心感がちがいます。日本にも素晴らしい場所はたくさんあります。

「国内旅行かぁ。」と思う人がいるかもしれませんが、聞いたことがあると知っているは、天と地の差があります。まず、日本のことを知るためにも国内旅行はどうでしょうか。

 

国内旅行にするメリット
  1. 言葉が通じるので意思疎通がはかれる
  2. 一般的に海外旅行より安い
  3. 衛生環境が良い

海外旅行は、コミュニケーション能力に自信がある人やスリルを求める人におすすめです。

海外は国内と比べものにならないくらい危険がついて回ります。

スリやひったくりなどがあるため注意する必要があります。日本国内と同じ感覚では過ごせません。

 

海外旅行にするメリット
  1. 環境・価値観が全く違うので新たな発見が多い
  2. 国や地域によって物価が安い
  3. 日本では体験できない貴重な体験の数々ある

 

海外旅行は、世界の実情を肌で感じることができます。民族が違う人たちに会うことで、新たな発見がたくさんできることでしょう。ガラッと自分の価値観を変えたい人に海外旅行はおすすめです。


国内、国外ともにメリット・デメリットは存在します。あなたに合った旅先を以下の記事を読みながら探していきましょう!

 

大学生が一人旅に出るメリット

なにを始めるにもメリットがないとやる気になりません。サクッとメリットを確認しちゃいましょう。

 

一人旅のメリット
  • 他人に左・他人に左右されず自由に行動できる
  • “ノリ”に合わせる必要がない
  • ゆっくり自分と向き合うことができる右されず自由に行動できる

 

小見出しを見て気になるポイントだけでもご覧ください。

 

他人に左右されず自由に行動できる

「自分で意思決定ができ、自由に行動できる」これがすべてといっても過言ではありません。何人かで行く旅行(普通はそうですが)では多数決で動くケースがほとんどです。

「ここへ行きたーい、」と一人が提案し、残りのメンバー全員が、わたしも、わたしも、と続くケースが想定されますが、こんな時は、か・な・ら・ず誰かしらが意見を押し殺しているはずです。

一人旅ならそんなことはありません。しばられるものが何もないからです。気楽に楽しく旅をしたいと考えるなら一人旅はかなり有効な手段になります。

また自由に伴って行動の責任ものしかかってくるわけですが、この責任は間違いなくあなたの財産になります。

自分で決められないなどと悩む人は多いと思いますが、状況しだいでそんなもんはどうにかなります。決定しなければどうにもならない状況に飛び込みましょう!

決めることができ、新しいことに果敢にチャレンジできるあなたがそこにいます。

 

“ノリ”に合わせる必要がない

仲間と行く旅行も、もちろん楽しいものです。

しかし、その場の“ノリ”に流されてしまうこともしばしばあります。全然欲しくもないお土産にそれなりの金額を払ってしまったあの頃。

「みんなが買っているから、自分も買わないといけない流れだ」などと考えてしまうのは誰しもあることです。

一人ならそんなことはありません。あなたが本当に使いたい時に、使いたいだけお金を払うことができます。“ノリ”に合わせる必要がありません。

あなたがよければ、ボロボロの旅館に泊まることだってできます。多少遠くたって徒歩で移動していいんです。

むしろそういう質素な体験が、あなたに新たな発見を届けてくれるんじゃないでしょうか。

 

ゆっくり自分と向き合うことができる

忙しくてゆっくりする時間がない、朝起きて、学校へ行き、バイト、サークル、帰って寝る。こんな生活を送っている人が多いのではないでしょうか。

普段の生活は、ゆっくりする時間があるようでないものです。時間があったとしても一人で家にいれば寝てしまったり。

一人旅は、自分と向き合う時間が自然とできます。一人でいる時間が長いうえに、普段と違った環境に身を置くことで、いつもの自分を客観的に分析できます。

 

  • 旅から戻ったらなにをするのか?
  • 将来なにがしたいのか?
  • 自分にとって大切なものは?

 

旅の中で向き合うことで出てきた感情、考えは帰った後、あなたの生活に生きてくるはずです!

 

大学生が一人旅に出るデメリット

メリットもあれば、デメリットもあるのです。下記の三点があげられます。

 

一人旅のデメリット
  • 思い出を共有できない
  • 何があっても自己責任
  • 行き先が限られる

 

思い出を共有できないこと

旅行の醍醐味は、思い出を共有することではないでしょうか。

しかし、一人旅では思い出を共有することができません。SNSを使えば共有できなくはないとも言えますが、やはり、現地の空気や景色は独特の素晴らしさがあります。

あなたならではの感覚として、残しておけるとも考えられますが、それでもなんだか寂しい気がするかもしれません。

共有できないことは、ポジティブにとらえればあなたの感覚を一人占めできるとも言えます。

一人旅中はどんなことが起きてもうまいように考えて、ポジティブな心がけを忘れないようにしましょう。

 

ある程度、寂しさとうまく折り合いをつけながら旅を楽しんでいくこと

 

何があっても自己責任

なにかトラブルがあった時に、一緒に解決してくれる人がいないのは、なかなか辛い面があります。

どんな小さなトラブルでも、直面したときには焦って、動揺するものです。そんなとき身近に相談、一緒に解決してくれるひとがいないというのは、かなりの困難です。

しかも、トラブルに直面する可能性は大いにあります。一人旅に慣れていない人ならなおさらです。

トラブルといっても、

  • 写真を撮ってくれる人がいない
  • 常に荷物を身の回りに置いておかなければいけない
  • 体調を崩す

といった大きなものまで、さまざまです。

 

トラブルは起こるものだと準備、確認をおこたらないで出発することが大切です。常備薬など、とにかく準備には念をいれていきましょう。

 

行き先が限られる

一人旅はどこでも自分で決めて行くことができます。しかし、行きにくいところがあるのも事実です。

テーマパークや、キャンプ場、大勢でわいわいしているところに一人でいくのは、なにか違う気がします。浮いてしまい、変な人だと思われがちです。

また一人だと料金が割高になるのもよくあります。旅館側も一人を相手にしていてはもうからないので、仕方のないことですが。

こういった金銭面でも行動が制限されてしまうことがあります。

以上を踏まえて一人旅をする時は、あまり人がいない場所を狙うのが得策だと言えるでしょう。

あまりわいわいしているところでは、自分を見つめ直すきっかけになりづらかったりします。

 

旅をする大学生は就活にも強い理由

就職活動前の大学生なら気になるのではないでしょうか。

「一人旅が就活に有利になるの?」

結論、有利になります理由は大きく2つです。

 

  • 企業が求める人物像と一人旅で得られるものが同じ
  • 慣れない環境で磨かれる力

 

以上のことを以下に詳しく書いていきます。

 

企業が求める人物像が一人旅で得られるものと一致

なぜ旅をする大学生は就活に強いのでしょうか。旅をする大学生が就活で強い理由は、企業が求めている人物像に近い人が、一人旅経験者に多いからです。

まずは企業がどの様な人物を求めているのかを上げてみます。

 

企業が求めているのはこんな人
  • バイタリティのある人
  • 柔軟性のある人
  • コミュニケーション能力のある人
  • ひとりで考えて動ける人
  • 金銭感覚の優れている人
  • 語学力のある人
  • 様々な価値観に触れてきた人

 

一人旅で得られるものは今上げたものすべてです。

一人旅をしようと考える段階で、バイタリティは備わっており、計画性、金銭感覚、移動力などが必然的に身に着きます。

上記の力が備わっている大学生は多くいません。だからこそ、一人旅を経て身につけた力は就職活動において有利に働きます。

就活のために一人旅をするのはもったいないですが、一人旅をするついでに就活を有利にしちゃおうといった感覚で、ぜひ一人旅に行っちゃいましょう!

 

慣れない環境だからこそ磨かれる力

慣れない環境に行ったときに必要になる力とは何でしょう。「適応する力」ではないでしょうか。というより、適応しようとする姿勢が大事です。

見知らぬ環境に行けば、適応せざるをえません。この適応力こそ企業が求める人材の要件をみたす重要な力とつながっていきます。

まず、それまでの自分を変えるというのは大きなパワーが必要です。ストレスがかかる上に、相手を注意深く観察する、継続的な努力が必要です。

これは企業が求めるバイタリティーに直結することでしょう。

一人旅は、コミュニケーション能力も磨かれます。適応するにも、まず相手が何を求めているのかが分からなければ、話になりません。

そもそも、適応するというのは、現地の人と現地の空気感で交流できるようにすることなのではないでしょうか。

適応するにはコミュニケーションは必ず必要です。

企業は柔軟性も求めていますが、上記のとおり、バイタリティーがあって、絶えずコミュニケーションを取り続けられる人には、すでに柔軟性は備わっているはずです。

一人旅を通じて、企業が求める能力をついでに磨いてしまいましょう!

 

あなたをスキルアップさせる旅はこんな旅

ここまで、一人旅から得られることなどを述べてきましたが、ここからは、具体的な旅のプランを提案したいと思います。

 

  • 海外一人旅
  • 日本国内一人旅
  • 面白いツアーの企画、運営

 

以上3つになります。早速みていきましょう

スキルアップにならない旅をしてたらもったいないです。単なる仲良しグループのプチ旅行で終わらせないことです。

合宿・ゼミ旅行などでは係を買って出るのも良いでしょう。

 

バックパックを背負って海外一人旅

バックパックを背負って海外一人旅です。言葉も違えば、文化も違う、右も左もわからないとはまさにこのこと、エキサイティングな一人旅です。

もちろん困難な面が多いです。伝えたいことが伝えられないストレスはかなりのものになるでしょう。

初めのうちは、安全な国を選んで行くことをおすすめします。

 

イギリスの週刊新聞「Economist(エコノミスト)」が毎年6月頃に発表している世界平和度指数から算出した平和な国ランキングのデータは、旅先を考える上で参考になります。

2019年のデータでは、1位から順に、アイスランド、デンマーク、オーストリアと続いており、ヨーロッパの国が安全であることが見てとれます。

日本からだと費用がかかりますが、決して無駄な経験にはならないはずです。

ぜひ検討してみてください。

大学生は海外旅行に今すぐ行くべき!オススメの国も伝授!「学生団体・サークル・インターンと意識高く行動してきた、、、」 「今までとちょっと違った価値観に触れ合いたい。。。」 「大学...

 

バックパックを背負って日本一人旅

バックパックを背負って日本ひとり旅です。海外に一人で行くのに比べれば、多少気が楽ですが一人旅は一人旅、大変なことがたくさんあることに変わりありません。

とっつきやすいという点は、海外一人旅と比べものになりません。

イギリスの週刊新聞「Economist(エコノミスト)」が毎年6月頃に発表している世界平和度指数(2016)によると、日本は第9位となっており、ベスト10の常連です。

世界と比べて日本は平和なのに加えて、普段から日本に住んでいるわたしたちに恐れることは何もありません。

 



一人旅への一歩を踏み出しましょう。

しかしながら、日本にも危険がないわけではありません。イギリスの消費者協会発行の機関誌「Which?」(2018)では、日本は自然災害の危険性が1位となりました。

突然の自然災害、見知らぬ土地で、しかも一人となると、かなりの不安が押し寄せてくるでしょう。

日本だから大丈夫、などと甘く見過ぎないように注意することが大事です。

 

面白いツアーやイベントを企画して実行する

面白いツアーやイベントを企画してみることは、一人旅でもなんでもないですが、あなた自身が旅行の計画を一からたてて、周囲の人を巻き込んでみるのはどうでしょうか。

一人旅をどういった目的でやるのかはそれぞれですが、

「あなた自身の成長につなげたい」「様々な経験をしたい!」

と考えている人には、企画から運営まで大きな財産になるはずです。

参加する人数が多くなればなるほど、様々な意見が交錯し、運営するのに大きな苦労をともないます。しかし、その困難を乗り越えてあなたの企画を無事やり遂げた時には、喜びも格別です。

あなたの好きな場所に行けて、話相手もいる、一人旅のデメリットをカバーした旅になるでしょう。

上記のような例はあくまで参考程度に、一人旅に並ぶくらい素晴らしい体験として頭にいれておいてもらえるといいかと思います。

 

まとめ

今回は大学生の一人旅について書きましたが、いかがだったでしょうか。

大学生の長期休暇では、時間がありすぎてなにをすれば良いのか迷うことがしばしばあると思います。そんな時、一人旅をするのは絶好の選択ではないでしょうか。

大学生が一人旅をすることで学べることはたくさんあります。

 

  • 自分の価値観がわかる
  • 人生の可能性がひろがる
  • 自分の行動範囲が広がり、世界の実情が分かる

 

普段の生活では味わえない感動や興奮、失敗を経て得られる経験や根性。どれもほかの人にはない、あなただけの経験になるはずです。

まずは、予算を決め、次に行く場所、日程を決めましょう。

失敗してもだいたいのことはどうにかなります。すべてが経験に代わります。

限られた学生生活、あなただけの経験をたくさんして、有意義な時間を過ごしてください!

▶︎大学生が留学するメリットは?デメリットとオススメの国もご紹介!

▶︎【裏技あり!】大学生が海外旅行で持つべきクレジットカード3選

こちらの記事もおすすめ!