就職活動

就活前にやるべきことは?失敗しないためにやるべきことを徹底解説

「そろそろ就活始めないといけないけど、何から始めればいいんだろう?」

就活を意識し始めるけれど、実際になにから始めていけばいいのかわからないと思う方も多いのではないでしょうか?

企業の選考が始まる前から早めに準備し始めることで、結果が大きく変わっていきます。

ここでは、就活で失敗しないための準備しておくべきこと、ライバルたちと差をつけるためにするべきことについてご紹介していきます!

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

Contents

就活でやるべきこと!今すぐできること4つ

本格的に準備を始める前に就活で今すぐにできることがあります。

いつでもできて、あとが楽になるので早めにやっておいて損はないですね!

  1. 就活の時間の確保をする
  2. 就活にかかるお金を確保しておく
  3. SNSのメンテナンス
  4. 就活の流れを正確に把握する

これらについて詳しくみていきましょう!

 

就活は楽しい?楽しむコツや就活が楽しいと感じるタイミングをご紹介!「就活」と聞くと、 「内定がなかなかもらえなくて辛い…」「楽しくない」 というイメージをもっている人もいるかと思います。 ...

 

1.就活の時間を確保する

まず、準備の時点で大切なのは、就活中の時間を確保することです。

就活中はやることが多く、就活に加えてゼミや部活、バイトなど他のやるべきこともあり、忙しくなります。

全ての時間を就活に割くことができないため、やるべきことを明確にし計画的に効率よくできるかがポイントです。

どのくらいの時間を就活に割くことができるのか、やるべきことの順序や全体像を把握してその中で自分が使える時間を計算してみましょう!

 

2.就活中にかかるお金を確保しておく

就活では、スーツや靴などの他に交通費、飲食費、証明写真などお金がかかります。

実際にどれくらいのお金がかかるのかというと、事情によって異なりますが平均して10万以上はかかります。

特に地方に住んでいて遠方から通う学生は、交通費や宿泊費などががかさむので、就活前にどれくらいお金がかかるのか知っておき、貯金したり就活中はバイトをどれくらいできるのかを考えておくことが大切です。

説明会やインターンによっては交通費を支給してもらえる企業もあるのでチェックしておきましょう!

お金がかかる就活ですが、工夫次第でかかるお金を節約することができます。

 

  • 同じ日に説明会を入れる
  • 安い交通手段を考える
  • 就職関連書籍を先輩から譲ってもらう
  • 格安の宿をさがす

 

同じ日に説明会をいれることで、交通費や宿泊日を抑えることができます。各路線で販売されている一日乗車券を活用すると安く抑えられます。

また、場合によっては定期券を買ったり、時間のあるときは夜行バスを使うなど路線によって金額が変わるので調べておきましょう!

宿にもビジネスホテルだけでなくシェアハウスやゲストハウス、カプセルホテルなど安く利用できる宿があります。

連続で説明会などが続いているときは、シェアハウスやウィークリーマンションを利用すると洗濯や自炊ができます。

 

就活がつらい!書類選考やGD、面接を上手く乗り越える方法と解決策大学進学と同時にほぼ避けて通れないのが「就職活動」ですが、就職活動に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 大半の方が、「...

 

3.SNSの整理やメンテナンスを!

就活前に注意しておくべき点はSNSの管理です。一次試験では、あまり深く探ろうとすることはないのですが次に進むにつれてFacebookやTwitter、などのSNSを人事がチェックする場合があります。

応募書類や面接ではわからない素顔を知るためであったり、悪ふざけ自慢の投稿がないかなどを見ています。

企業の面接官の悪口を書いて不採用になったケースもあるので、人が見て不快な思いをする投稿には注意したり、鍵をかけたりしてSNSの使用には注意しましょう。

 

4.就活の流れを正確に把握する

全体の流れを性格に把握することで、なにをするべきなのかがわかり計画を立てることができます。

大まかな就活の流れとしては、以下の通りです。

 

自己分析・業界や企業研究

  ↓

自己PR作成 志望動機作成

  ↓

   エントリー

  ↓

   選考

  ↓

   内定

 

年によって多少変わりますが政府が主導している就活スケジュールに沿って「エントリー受付開始」や「選考開始」が決められています。

しかし、実際は企業がスケジュールよりも早く選考を開始している時もあるので、早めの準備や情報収集が必要です。

 

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

就活でやるべきこと10選

 

以下では具体的に就活でどんなことをするのか順序に沿って詳しくお伝えしていきます。

 

  1. 自己分析
  2. 【業界分析】会社四季報(業界地図)に目を通す・企業合同説明会に参加
  3. 【企業研究】無料で便利なサービスを活用する
  4. エントリーシートの作成
  5. OBOG訪問
  6. 筆記試験・Webテストの対策
  7. 【面接対策】就活解禁前に中小企業の選考を受ける
  8. 【面接対策 無料で面接練習ができる就活支援サービスを利用する
  9. スカウト型(逆求人)の就活サイトの無料登録
  10. 本や新聞を読む癖をつける
  11. 証明写真の撮影

 

1.まずは自己分析

就活のやるべきことでまず一番始めにやるべきことは、自己分析です。これがないとはじまりません。

なぜ自己分析が大切なのかというと「軸」を知ることができるからです。

なぜ、その企業に興味をもったのか、そこでどんなことをしたいのかの軸があるとESや面接のときに一貫性のある説明で納得させられます。

「リクナビ診断」や「Offer Box」「キミスカ」などは質問に答えていくだけで、その人の思考力の傾向やあなたにあった職業を診断してくれる便利なサービス。

逆求人型の就活?今日からあなたの就活が変わる!キミスカの利点、有効性をご紹介

自己分析のコツとしては学生時代に自分が頑張ったこと」をひたすら「なぜ?」と深堀りしていくことで、その奥にある自分の価値観や軸になっているものが見えてきます。

 

就活をやめたい時の対処方法や理由、早く内定をもらう方法などを解説この記事にたどり着いたあなたは「もう就活なんて疲れた」「みんな内定をとってるのに自分は…」と思い就活なんてやめたいと感じているでしょう。...

 

2.【業界研究】会社四季報(業界地図)に目を通す・合同企業説明会に参加

自己分析で自分のやりたいことがある程度見えてきたら、次は業界研究です。日本にある業界がのっているのが社会四季報(業界地図)です。

それを見ると

  • どのくらいの規模か?
  • 主にどんな企業があり、売り上げはどうか?
  • 企業同士の関係性はどんなか?

ということがわかります。

見開きの図でとてもわかりやすいのがポイントです!

数えきれない数の企業があるなかで、入りたい企業を効率よく絞っていくためには、企業研究が大切なのです。また会社に入ってからも業界を知っておくことは役に立ちます。

合同説明会ではこんなことが可能です。

  • 20~30社を1日で全て見れる
  • 特別講演に期待できる
  • OBOG内定者が参加している

リアルな話を現役社員から聞くことができますし、会社の雰囲気が感じられますよ!

講演会ではエントリーシートの書き方や、面接のポイントを説明してもらえます。

混雑するので、早めに行くことをオススメします!

 

3.【企業研究】無料で便利なサービスを活用する

業界研究で自分の興味のある業界について知ることができたら、続いては企業研究です。

無料で使えて便利なサービスをどんどん活用しましょう!

 

  • 『Unistyle』
  • 『ワンキャリア』
  • 『ニクリーチ』

就活サイト『Unistyle』は就活生全員が今すぐ無料登録することをおすすめします。

 

その理由はこちら

  • 大手企業の内定者 ES・選考情報が全て見放題
  • 就活にまつわる企業のコラムが就活サイト中で最も秀逸!

『ワンキャリア』は早いうちから使いこなすことを推奨します。なぜなら企業研究がとても捗るからです。

 

企業を調べると簡単に、3つの情報を得られます。

  • 内定者のES・体験談
  • 企業の選考内容や人事が見ているポイント
  • 説明会・本選考のスケジュール情報

 

『ニクリーチ』という就活サービスをご存知でしょうか?上記で紹介したスカウト型の就活サービスですが、少し変わってます。 ただ、破格のサービスであることは保証します!

ESは、就活ノートがオススメです。業界研究、企業研究、通過エントリーシート実例、リアルな選考情報・体験談、エントリーシートの書き方、Webテスト対策、就活の心得・マナーなどが学べます。

 

【登録はこちら!】


就活ノート 公式サイト

 

就活ノートって何?評判から特徴まで詳しく解説就活ノートとは「就活生がつくる就活情報サイト」 従来の就活情報サイトは、出版社が作成しているのものがほとんどかと思います。 ...

 

4.エントリーシートの作成

エントリーシートとは学生が企業に提出する「応募書類」のひとつです。

1枚のエントリーシートの提出には時間がかかり、何枚も書くとなると大変…。

  • 証明写真はデータでエントリーはWebのため出費が少ない
  • 複数におくれるので効率がいい

 

そんな人に便利なサービスが1つで複数社にエントリーシートが送れるOpenES。

あらかじめ登録しておいた情報をもとに一度に複数の会社に履歴書やエントリーシートを送ることができます。またPR写真をつかうことにとって自分らしさが伝わります。

 

書きづらい時は、

などを利用して執筆するのもいいですね。

『キャリアパーク』内定者ES集のダウンロードもオススメです。

 

5.1度はOB・OG訪問をしておく

OBOG訪問では、

  • 具体的な仕事内容
  • 雰囲気や人間関係
  • 会社の長所や短所

を知ることができます。

「時間をとってもらうのが申し訳ない…」「どういう風に連絡をとればいいのかわからない」と思うかもしれません。

しかし、積極的に動くことを痛感している社会人には自分から動こうとする学生に好意をもってくれます。

なかでも同じ大学のOBOGを紹介してくる「ビズリーチキャンパス」は本当におすすめ。

プロフィールからあなたにあったOBOGを見つけてくれ、日程調整もらくらく。もちろん無料です。

OBOGからのアドバイスを受け入れるかどうか判断していきましょう!

 

JobSpringの評判は悪い?口コミ評判から体験談まで徹底調査!就職活動を有利に進める上で必ず必要なのが、就活サイト・サービスです。 みなさんがご存知の就活サービスの代表格といえば、リクナビやマ...

 

6.筆記試験・WEBテストの対策(事前にWebテストの体験も)

筆記試験には主に能力検査と性格検査があります。能力検査には「言語」「非言語」があり、特に非言語能力問題のほうは苦手意識のある人が多いです。

【SPIノートの会】が出版しているWeb対策本は、ではほとんどの問題を網羅しているため、【玉手箱】【TG-WEB】【CAB】【GAB】などの対策もできます。

就活サイト『就活ノート』では、テストの問題集が公開されています。実際に問題を解いてみることで、webテスト対策の難易度を把握できるので、試しに解いてみると良いですよ。

就活が本格化していくにつれてESや面接に追われ、テスト対策に時間が割けなくなるので早めの対策をしましょう!

 

7.【面接対策】就活解禁前に中小企業の選考をうける

経団連に加入していない企業は早めに選考が始まることがあります。そのため、本命の企業の面接を受ける前にいくつか中小企業の選考を受けることで慣れておくことができます。

また、中小企業は自分の意見が通じやすかったり、社員一人一人の関係が深かったりという大企業にはないメリットもあります。

大企業だけに絞らずに、中小企業をいくつか受けておくということもおすすめです。

 

8.【面接対策】無料で面接練習ができる就職支援サービスを利用する

就活エージェントは就活の相談や、面接の練習をすることができたり、自分のぴったりな企業を紹介してもらえます。

無料なので、使わないのはもったいないです!いつくかご紹介するので自分にあったサービスを見つけましょう。

 

  • ハローナビ
  • キャリアチケット
  • 就活エージェントneo

 

ハローナビは、アイハーツ株式会社が手がける就活エージェントサービスです。

特徴としては

  • 書類選考がなく、手間が省ける
  • LINEやFacebookでやりとりが可能
  • Skype相談ができ、全国どこでもできる


ハローナビ就活の内定率は95%と手厚い支援とスピード感が評判です。

キャリアチケットは、無用登録している人限定の自己分析や、グループディスカッションのセミナーを開催しています。

また、レバレジーズという大企業に属しているため、多数の大企業や大手企業とのつながりをもっています。推薦枠を利用して就活を有利にすることもできます。


2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査



JobSpringの評判は悪い?口コミ評判から体験談まで徹底調査!

 


就活エージェントneoは就活生の3人に1人が使っているサービスです。

特徴としては

  • 幅広いジャンルに対応できる
  • 大手の内定がもらえる可能性がある
  • 利用者数が多いため、サポートが薄くなることがある

などがあります。

より詳しい情報は、以下の記事があるので、こちらを参照くださいね。↓

就活エージェントneoの評判は?口コミや体験談、特徴を徹底解説!

 

9.スカウト型(逆求人)の就職サイトの無料登録

スカウト型(逆求人)とは、今までは、「企業の掲載する募集に学生が応募」するのに対し「学生が逆求人サイトに自己アピールを掲載し、会社がアプローチする」という形の新たな手法です。近年、学生・企業ともに利用者数が増えています。

 

スカウト型の就活のメリットは「自分にはこの企業しかない」と思い込んでいて客観的な視点が持てなくなったとき、視野を広げることにつながります。

  • 思いがけない出会いがある
  • 自分にあった理想の会社を見つけられる
  • 1次、2次をとばし内々定をもらえる可能性がある


以下はオススメのスカウト式の就活サイト3選です。

  • キミスカ
  • Offer Box
  • ガクセン

キミスカは、選考に落ちてしまったという結果も実績としてのこり有利になるというのが最大のポイントです。キミスカLIVEは、限られた学生と企業がマッチングできるイベントでより深い相互理解につながります。

多くのスカウトメールが来るという特徴がありますが、一部のスカウトメールには不特定多数の人に送っているものもあるので、本当に自分を必要としているのかを見極めるのに注意が必要です。

Offer Boxは、特徴としてベンチャー企業からのオファーが多い傾向にあります。自己PR文をもとに企業からのオファーがくるので、客観的に自分のPR文を磨くことができます。

ガクセンの特徴は、他の学生のプロフィールを見ることができるという点です。オファー数がランキングになっているので、どうすればオファーがもらえるのかという勉強になったり、自分もがんばろう!と刺激になります。

 

10.本や新聞を読む癖をつける

普段そんなに本や新聞を読まないと言う人も就活を期に積極的に本や新聞を読む習慣をつけましょう!

理由としては

  • 面接で差がつく
  • 移動時間を効率的に使える
  • 語彙が増える

情報がネットニュースだと自分の興味のあるものだけに偏りがちになりますが新聞では、政治や経済・地方など多方面の情報が自然と目に入っていくので幅広く知ることができます。また、特定の業界のことを知りたければ業界紙を。

新聞や本には普段使わない単語がでてくるため、意味のわからない言葉を調べることで語彙が増えます。エントリーシートや履歴書でもいつも同じ言葉を使っているなという人は

伝えたいことの多様性が広がります。

移動時間が長い就活中には新聞のアプリをいれることで、有効に時間を使うことができます。面接前に目を通しておくだけでも時事問題に関する質問にさっと答えることができます。

 

11.証明写真の撮影

自己分析、業界分析、いろいろなサイトに登録して…と就活のやるべきことはとても多いです。自己PRや志望動機に全力を注ぐイメージが強く意外と気が抜けがちなのが証明写真の撮影。しかし、それはとてももったいないことなのです。

なぜなら、証明写真は企業から見たあなたの第一印象だからです。

証明写真の撮影には主に2つ方法があります。

  • プロに撮ってもらう
  • スピード写真や自撮り

プロに撮ってもらう特徴としては

  • 身だしなみや服装などのアドバイスをもらえる
  • 加工や修正も加工
  • 写真をデータでもらえる

などがあります。

お金はスピード写真に対して高いと感じますが、データで写真をもらえるため、たりなくなっても低コストで焼きまわしが可能。

また、プロの客観的な視点で好印象を与えられる姿勢や表情、髪型のアドバイスをしてもらえます。

スピード写真は何度でも手軽に撮ることができるため、24時間使えて低コストで撮れるというメリットがあります。

使用する際は椅子の位置や身だしなみ、表情などに気をつけましょう!多くの証明写真が必要になった際に、長期的にみるとコストは同じぐらいになる可能性もあるので、プロに撮ってもらうことをオススメします。

 

ライバルに差をつけたい!時間がある人はやったほうがよいこと5つ

「もっとライバルとの差をつけて就活で有利になりたい!」と思っている方にオススメなのがこちらの5つです。

  1. 就活エージェントを利用して情報収集
  2. 入りたい選考を受けたい企業を入念に研究する
  3. 人事が求めていることを探る
  4. インターンシップに応募、参加する
  5. 就活解禁まで時間があるなら、就活で有利になる資格をとる

これらについて詳しく見ていきましょう!

 

1.就活エージェントを利用して情報収集!

就活エージェントとは、大学生の就職活動をするにあたり、無料で相談に乗ってもらえたり自己分析や面接対策などができ内定までをサポートしてくれるサービスです。

オススメ就活エージェント3つはこちらです。

  1. キャリアチケット
  2. Job Spring(ジョブスプリング)
  3. Meets Campany (ミーツカンパニー)

①のキャリアチケットは、総合力ではNo.1のサイトです。最短で1週間で内定がもらえることもあり、労働環境を重視しておりブラック企業は排除されているので安心

自分にあった会社を自分で見つけないといけないことが多いのですが、キャリアチケットは担当者がしっかりヒアリングをしてあなたに合った企業を見つけてくれます。

 

2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査この記事では、キャリアチケットのリアルな口コミや体験談、キャリアチケットだからこそのメリットをご紹介します。 その中で、デメリット...

 

②のJob Springは、株式会社Rootsが運営しています。Job Spring を利用している方が参加できるイベントがJoppy-UP(マッチングイベント)です。

2,3社という少ない企業が参加し、少ないと感じるかもしれませんが深い関わりができるのが特徴。「ベンチャー」「ホスピタリティー」「ロジカルシンキング」などの志向性によって分けられているため自分にあった仕事が選べます。

 

JobSpringの評判は悪い?口コミ評判から体験談まで徹底調査!就職活動を有利に進める上で必ず必要なのが、就活サイト・サービスです。 みなさんがご存知の就活サービスの代表格といえば、リクナビやマ...

 

③のMeets Campanyは、年間300以上の合同説明会を開催している合同就活説明イベントです。穴場な優良企業が多く掲載されており、世間一般に知られている意外の優良企業を知ることができます。

学生一人に対して1人のサポーターがつくことや、地方の学生には交通費が支給されることもあり、学生満足度96パーセントと非常に高く支持されているのが特徴です。

 

新卒紹介実績No.1!就職マッチングサービス・ミーツカンパニーの実態を徹底調査。口コミや評判をご紹介現在、一般に超大手といわれている大企業に入社しても、その先の未来が確保されているとはいいきれない時代です。 「web上の情報に惑わ...

 

2.入りたい・選考を受けたい企業を入念に研究する

業界研究・企業研究がだいたいできて方向性が定まってきたら、入りたい企業がどんな人を求めているのか、企業の理念や価値観などを詳しく調べていきます。

 

方法としては

  • 過去の内定者のESを読む
  • 同業他社の方にOB訪問を申し込む
  • 就活サイト

過去のESなどは、大学のキャリアセンターにあるので探してみましょう

同じ業界の自分の志望する会社とはちがう会社の実情を知ることで、その企業のことが客観的に知ることができます。

 

3.人事が求めていることを探る!

採用基準を把握しておくことは、自己PRの時でどのような長所をアピールすればいいかわかり、効果的なPRができます。

ESや面接対策を自分で進めるだけでなく、企業とマッチするためにも以下のことを実践していきましょう!

  • 企業の採用ホームページを見る
  • 就活対策本を読む

おすすめの就活対策本3つをご紹介します!

  • 新卒採用基準: 面接官はここを見ている」
  • 「なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる」
  • 「採用基準」
  • 「銀のアンカー」

これらの本は長年、人材育成や採用マネージャーを務めていたプロが書いているので広い視野から知ることができます。

銀のアンカーは就活生に読んでほしい就活の極意がマンガでわかりやすく描かれています。就活に対しての不安を共感に変え、モチベ―ションを高めてくれるマンガです。

 

4.インターンシップに応募・参加する

インターンの経験は、必ずといっていいほど就活に有利になるので他の人と差をつけたい人ア参加するべきです!

インターンに参加することによってこんなメリットがあります。

  • 面接でのエピソードになる
  • インターンから内定につながる
  • ビジネスマナーが身につく

実際に働いて、感じたことなどを話すと説得力が増し志望動機や自己PRに生かすことができます。意欲の高い学生がいる環境に身を置くことでモチベーションのアップにつながったり、フィードバックをもらうことで自分の成長につながります。

また、社会人になってあたりまえにできておきたいビジネスマナーも、学生なので聞くことができます。

大手企業を中心に海外進出をする企業も増えているので、海外の文化に触れながら仕事ができたり、ビジネス英語を身に着けることができる海外インターンは特にオススメです。

 

5.就活解禁まで時間があるなら、就活で有利になる資格をとる

資格をとることで、履歴書の資格保有欄を埋められたり面接でのアピールポイントになります。その分野の勉強をしてきたということなので、会社にとっても即戦力になる力強い存在です。

 

オススメの資格としては

  • TOEIC
  • 簿記
  • 秘書検定
  • MOS(パソコンのスキル)

があります。

英語の能力を求めている企業も増えているので、グローバル社会で活躍するために550~600点程度が必要とされています。企業の業種によっても求められる点数が異なるのでチェックしておきましょう。

簿記は、経理や事務で必要なスキルとされており、金融関係の就活でアピールできます。秘書検定は社会人に必要なビジネスマナーや基礎能力があることが評価されるので、業種や職種に関わらず取得できるのでおすすめ。

また、Excel やPowerPointなどのパソコンスキルも社会人には必須なのでMOSをとることも役立ちます。

資格をとったから就活に有利になるというわけではなく、就きたい職業において即戦力になれるということなので興味をもっている企業ではどのような資格を持った人材が活躍できるのか調べ、資格をとるようにしましょう。

 

スムーズに就活を進めるには?就活のポイント2つ

「やることがたくさんありすぎて不安になってきた…」

そんなあなたに効率よくスムーズに就活をするポイント2つをお伝えします。

  1. 一日後とのto doリストを作りやるべきことを明確に!
  2. 優先順位をつけてできることから始めていく

この2つについて詳しくみていきましょう!

 

1.日ごとのto do リストを作りやるべきことを明確に!

就活で忙しくなり、やるべきことや期限に追われたりするのでTo Doリストを作り整理してタスクを管理していきましょう。

やるべきことを書き出し、いつまでに何を終わらせるのかを明確にしていきます。細かいことですが少しづつこれに慣れていくと、やることに追われる不安から解放され余裕をもって就活に専念できます。

ToDoリストを簡単に作れてケータイやパソコンで管理できるツールもあるので、あなたの使いやすい方法を探してみましょう!

 

2.優先順位をつけて出来ることから始めていく

To Doリストを作るとやることが多すぎると感じるかもしれません。全てやろうとするのではなく、今の自分には何が必要なのかを考えながら優先順位を決めてやることが大切です。

気をつけるポイントとしては、

  • 予定や期限ができたときにすぐにつける
  • どれくらい時間がかかるのか見積もる
  • 重要ではないことは断る

です。

あとでやろうと思ってもなかなか行動に移せないので、やるべきことが決まったらいつまでにやるのか、どのくらい時間がかかるのか明確にしましょう!

やるべきことの全体像がみえてくると優先順位を決めることができ、見通しをもって就活に臨むことができます。

 

就活でやるべきことまとめ

以上では就活でやるべきことについてお伝えしてきました。

今からできること、実際の就活の流れ、差をつけるためにやったほうがいいことを見てきてどう感じたでしょうか?

「やること多すぎる…」と思った方もいるかもしれません。

しかし、やるべきことが多い中で、準備をしっかりすることと早めの対策がモチベーションを保ちながら効率よく就活を進めることにつながります。余裕をもって就活に臨むことが理想ですよね。

選考が始まるまでの間に早めの情報収集と準備をしていきましょう!

就活でやるべきことを最後に簡単にまとめて頂ければ幸いです。

 

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...
こちらの記事もおすすめ!