TAZUNA

【レポート】6/21・22の超豪華イベント「TAZUNA vol.7 学生×社会人の交流合宿」

こんにちは! たけち(@takechi0318)です〜!

今回は、「TAZUNA vol.7 学生×社会人の交流合宿」の様子を簡単にお伝えできればと思います。

6/21(金)〜6/22(土)でTAZUNA vol.7を開催しました!

今回は、学生16名、社会人10人の計26人でおいしいごはんを囲みながら、朝型まで熱い話で盛り上がり、大変たのしい時間を過ごすことができました!

 

 

vol.7でも前回同様、協賛をしていただいている翔志さんの焼豚、オードブル、そして焼豚冷麺の提供があり、大満足でした。

 

\通販サイトはこちら/公式オンラインショップ

TAZUNAとは?

 

 TAZUNAは、「石川県の学生が地域の垣根を越えて集まるコミュニティ」を目指して定期的に開催しているご飯会です。

TAZUNAは「襷(たすき)」と「繋がり」の2つの言葉を合わせて創られました。

このコミュニティを通して、「襷のように人から人へ様々な想いが繋がっていって欲しい」という願いが込められています。

TAZUNA〜学生が繋がるコミュニティ〜TAZUNA〜学生が繋がるコミュニティ〜とは 「TAZUNA(たづな)」は、石川県の学生が地域の垣根を超えて集まるコミュニティです。ヒ...

 

TAZUNA vol.7 学生×社会人の交流合宿ってどんなイベント!?

 

本項では、TAZUNAのイベントのスケジュール・流れについて記載します。

 

当日のタイムスケジュール

【6/21(金)のスケジュール】 

18:30~ 開場 集合
19:00~ 趣旨説明
19:05~ アイスブレイク
19:10~ 交流会スタート!乾杯!
20:15~ 学生団体・イベント告知100秒プレゼン

【6/22(土)のスケジュール】 

朝まで熱い議論が続き、10時にはチェックアウトしました。

 

イベントの流れ

 

会場場所は、金沢駅付近にあるWacasa 旅音です。 

夜ご飯を食べながらいよいよイベントスタート!

TAZUNAメンバーのたつの方から自己紹介、アイスブレイクをしてから各自ご飯を美味しくいただき、同世代の学生や社会で活躍している方とのお話で盛り上がりました。

 

今回は、今までと違って時間に縛りがないため、23時ごろからボードゲームをして盛り上がったり、普段は時間がなくて話せないことを話す良い機会だったと思います。

「友達とは何か」と言ったような普段日常でみんなが使っている言葉を改めて考えてみたり、仕事とは何か、就活の悩み相談なども行われていました。

TAZUNAのイベントは、コンテンツは深く設けず学生が話したいこと・聞きたいことが聞けるようなイベント創りに注力しています。

 

聴いている人を魅了する100秒プレゼン

 

TAZUNA恒例の100秒プレゼンというものがあります。それぞれの想いや主張を100秒という時間の中で、みんなに向けてプレゼンをするというものです。

最初は、緊張して話せないことが多いですが、毎回挑戦しているプレゼンターは徐々に相手にどのようにしたら伝わるのかを考えて話ているようにみえました。

 

TAZUNAメンバーの誕生日祝い

 

TAZUNAメンバー2人にサプライズでケーキを用意していました。今、TAUZNAの学生メンバーは3人です。それぞれ、司会やライターとして会を盛り上げてくれています。

またTAZUNAでは、イベントを盛り上げてくれるスタッフ、一緒にメディアを運営していただけるライター、カメラマンを募集しています。

 

TAZUNAスタッフに応募する!

 

イベント参加者の声

いろんな方と話ができて面白く、楽しかったご飯美味しかった!
いろいろな大学、学部、また社会人の人と話すことができて、アットホームな感じだった!
今困っていることを社会人の方に聞けて良かった!

 

非常に満足度も高く、「次回も参加します!」という声が多く運営メンバー一同嬉しく思います!

参加者は3〜4年が多く、中には医学部の学生など参加する学生が様々です。

共通して言えることは、学歴や通っている大学や学部など関係なく、多種多様な価値観を共有し行動している学生が多いということです。

 

最後に伝えたいこと

TAZUNAのイベントは、運営メンバーだけではなく、沢山の方のご協力のもと創ることができています。

会場をお貸しいただいたWAKASA旅音さん。ご飯の提供をしてくださった株式会社翔志さん。参加者の学生、忙しい合間を縫って参加していただいた社会人の皆さま。

ステキな空間を頂き本当にありがとうございました!

これからも参加者と共に「踏み出すキッカケ、繋がるキッカケ」を作っていけたらと思っています。

これからも楽しく価値あるイベントを開催できるように精進して参りますので、応援のほどよろしくお願いします。

こちらの記事もおすすめ!