就職活動

就活がうまくいかない学生の特徴と落とし穴、対策を公開!

「就活がなかなかうまくいかない、、、」

「正直就活をもうしたくないと思っている自分がいる・・・」

「自分に会う会社ってどこなん?」

と思いながら就活をしている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、就活がうまくいかない要因、うまくいかない時にとるべき行動、就活がうまくいかない時の対策について詳しく解説していきます。

記事の内容を読んで就活を改善すれば、

  • 第一志望の企業から不採用通知が届いた
  • 何社受けても内定がでない
  • 書類選考・ESが通らない
  • 周りの友人ばかり内定をもらっている

などが解決します。また、就活がうまくいっている人の特徴も載せているので、ぜひ最後までご覧ください!

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

就活生に聞いた就活がうまくいかない要因

本項では、就活生に聞いた就活がうまくいかない要因をお伝えしていきます。まず、就活がうまくいかない人の特徴は、自慢話が多い、動き出しが遅い、なんとかなる精神、プライドが高い人です。

自己分析・企業研究・業界研究が不足していたり、主観が強すぎる学生は就活がうまくいっていません。

就活の失敗談としては、緊張で志望動機が飛んだ、面接官に「ちゃんと調べてきた?」と言われる、大手企業ばかり受けていたら、取り返しがつかなくなったなど

やりたいことがまとまっていなかったり、業種を絞りすぎていたり、求めている理想が高すぎると就活はうまくいきません。

具体的に下記の5つに絞って解説していきます。

  1. 自己分析不足が多い
  2. 緊張しすぎて用意していた自己PRが飛んだ
  3. 大手しか受けなかったらもう就活シーズン終盤になっていた
  4. 業界・企業研究が甘い
  5. ビジネスマナーが守れていない

 

自己分析不足が多い

まず一つ目が、自己分析不足の学生が多いです。”準備不足”による極度のあがり症で力を発揮できない人もいます。

自己分析ができていないと就活の軸が定まっていない、自分がやりたいことが明確になっていないという印象を面接官が持ってしまいます。

自分が会社の何を重視するのか、「給料」「社風」「待遇」「事業」など様々な観点から優先順位をつけて自己分析してみると良いかもしれません。

志望動機に説得力を出すためにも自己分析をしっかりとして、挑みましょう。

 

緊張しすぎて用意していた自己PRが飛んだ

緊張しすぎて用意していた自己PRが飛んだという学生がいますが、明らかに「面接の練習不足」です。

面接でコミュニケーションが取れていないからうまくいきません。強みのアピールが的外れだったりする学生もいます。

緊張は誰でもするので、その中でもちゃんと自己PRできるような準備をしてきたのか否かを自分の心に手を当てて考えてみてください。

 

大手しか受けなかったらもう就活シーズン終盤になっていた

大手志向の学生は本当に多いですが、なぜ大手を選んでいるんですか?と問われると「安定しているから」「福利厚生が良いから」という誰でも言えることを面接官に伝える人がいます。

そして、大手しか受けない学生も就活がうまくいかない原因の一つです。大手の場合は、就活解禁も遅いので、その時期に合わせて就活をすると大手に内定がない場合、他の企業の選考が終わっているパターンがあります。

うかつに大手企業ばかりに絞ってしまうと自分の可能性を狭めてしまうかもしれないので注意が必要

 

業界・企業研究が甘い

就活の業界・企業研究が甘いといった点も就活がうまくいかない理由の一つです。業界や企業研究が甘いとESや履歴書の完成度が低いとみなされてしまいがちです。

業界・企業研究が甘いと面接時の受け答えがチグハグになってしまい、面接官に良い印象をあたえません。

業種・職種の絞りすぎに注意して、業界企業研究はしっかりやりましょう。

 

ビジネスマナーが守れていない

就活でうまくいかない要因の一つがビジネスマナーが守れていないことです。ビジネスマナーとは、服装や時間、持ち物などの最低限の行動です。

ビジネスマナーは相手に不快させないために存在しており、多くの学生は当たり前にできています。そんな中でビジネスマナーができていない学生を見ると減点でみられがちです。

 

就活がうまくいかない時にとるべき行動

本項では、就活がうまくいってない時にとるべき行動を2つお伝えします。結論、下記の2つです。

  • 自分を追い詰めない
  • しっかり休養を取って再スタートする

 

自分を追い詰めない

就活がうまくいっていなくても自分を追い込まないことです。私は、「社会に必要にされていない」という悲観的でネガティブになる必要はありません。

時代が悪いだけなので深刻に考えないことです。「内定が貰えない、死にたいくらい辛い。」と思うのもわかりますが、一人で抱え込みすぎないでください。

誰かと関わり、誰かと話すことで、気が楽になったりします。「あなたに会う会社は必ず見つかります」

「この会社とは縁がなかっただけ」と思うようにして、なるべく前向きに考えていくこと

 

しっかり休養を取って再スタートする

就活がうまくいってない時は、しっかり休養をとってから再スタートすることです。気分を変えることで上手くいくこともあります。

就活は大変なものですし詰め込みすぎると肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。生活リズムが乱れていたりすると疲れやストレスが溜まってうまくいくものもうまくいきません。

睡眠や休息をしっかりとった上で、万全の状態で就活を再スタートさせましょう。

 

就活がうまくいかない時の対策

本項では、就活がうまくいかない時の対策、就活の時にやってはいけないことについてお伝えしていきます。

当たり前ですが、大手企業ばかりを受ける、ニュースや世間の流れに疎い、やりたいことがない状態のままでいるのはNGです。

しっかりと下記の5つの対策をした上で就活に挑みましょう。

  1. 自分が大事にしたい価値観を決める
  2. 自己分析をし直す
  3. 志望動機を見返す
  4. 面接の練習を第三者と行なう
  5. 中小企業にも視野を広げる

 

自分が大事にしたい価値観を決める

就活がうまく一体ない場合の特徴として、むやみやたらにESを送り選考に受けるという行為をしている学生がいます。

上記の学生は、自分の軸がなく浅い返答しか面接官の前でできていません。なので、しっかりと自分が大事にしたい価値観を決めて、自分のことを理解して伝えるようにしましょう。

 

自己分析をし直す

自己分析や業界・企業分析を再度おこなうことです。

例えば、

  1. 役割分担された狭く深い業務と、多様で幅広い業務、どちらが好きか
  2. 同期や先輩との競争が好きか
  3. 所属している組織への忠誠心が強いか
  4. 有名企業に属していることに何よりの喜びを感じるタイプか

などの「はいorいいえ」で答えるものをといていくだけでも自分自身を見つめ直すきっかけにもなり、自己分析になります。

 

志望動機を見返す

自分自身の価値観や自己分析を深めることができたら次は企業を分析することです。企業にも企業の良いところ悪いところ、強み・弱みが存在します。

それをしっかりと把握した上で、自分の価値観がマッチする会社への志望動機を書くことです。志望動機が「他の会社じゃなくなぜうちなの?」と聞かれるようでは話になりません。

しっかりと会社ごとの独自の志望動機を考えることです。

 

面接の練習を第三者と行なう

面接のマナーを再確認質問対策を念入りにおこなうことです。第三者と行う理由は、質問を間違って解釈していないか、関係ない結論になっていないかを確認するためです。

「面接の時に皆さんは、覚えてきたことをそのまま話そうとしてきていないですか?」

また、「よく聞かれる質問に対する考えはまとまってますか?」将来の夢や学生時代に頑張ったことはほぼ間違いなく聞かれるので、緊張して頭から抜けたとしても答えられるように考えておきましょう。

キャリアチケットは、他の就活サイトよりも信頼できるエージェントが自己分析をしてくれるので、サービスを上手く活用すれば、内定獲得率も上がってきます。


2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査



JobSpringの評判は悪い?口コミ評判から体験談まで徹底調査!

 

中小企業にも視野を広げる

大手企業ばかりを志望するのではなく、志望する就職先の視野を広げることです。「地方の大企業」「郊外に本社がある大企業」にも要注目してみてください。

大企業というネームバリューだけで会社を受けるのは勿体無いです。大企業と同じ事業・成長ぐらいの中小企業・ベンチャー企業も沢山あります。

なぜ「大企業」なのかを深堀りした上で今一度、受けている会社を見直し就活していきましょう。

ミーツカンパニー(MeetsCompany)は、株式会社DYMが運営する、今4人に1人が登録している就活マッチングサービスでイベントをほぼ毎日開催(東京・大阪・名古屋・仙台の他7都市)しています。

新卒紹介実績No.1!就職マッチングサービス・ミーツカンパニーの実態を徹底調査。口コミや評判をご紹介現在、一般に超大手といわれている大企業に入社しても、その先の未来が確保されているとはいいきれない時代です。 「web上の情報に惑わ...

 

就活がうまくいっている人の5つの特徴

本項では、就活がうまくいっている人の特徴を5つの特徴についてお伝えしていきます。もちろん、自己PRが上手にまとめられる、受ける企業の数が多い、企業への関心が強い、身だしなみが整っているなどが挙げられます。

できる就活生の特徴
  1. 多くの企業を調べてみる
  2. 5年後の自分を想像してみる
  3. ポジティブ思考を大事にする
  4. うまくいかないならとにかく変化を付ける
たけち
たけち
今回は僕が考えるできる就活生の特徴をお伝えしていきます!

 

自分の言葉で表現している

就活がうまくいっている学生は「自分の言葉で表現している」と思います。下手な日本語でも自分の頭で考えて、出てきた言葉をストレートに伝えています。

なので、面接官からするとちゃんと気持ちのこもったコミュニュケーションができるため、他のリクルートスーツをした人とは違う学生としてみれます。

 

経験などの引き出しが多い

就活がうまくいっている人は、多くの経験をしている印象にあります。経験の引き出しが多いということです。

多ければ就活で有利というわけではありませんが、幅広く多くのことを経験していることで話せる内容も多いですし経験から得られたことも多いので有利かなと思います。

 

常に行動力がある

就活生でうまくいっている人は、常に行動しているイメージがあります。就活のイベントやセミナーがあれば、カレンダーと照らし合わせて空いていればすぐ申し込んでいる印象です。

何事もそうですがチャンスがあれば、すぐに飛び込んでみるというのを心がけると就活の場合は有利に働くことが多そうです。

行動することによって、良くも悪くも結果が得られるので、行動していない人よりも経験値が上がるのでないかなと思います。

 

常に反省して次に活かしている

就活でミスやうまくいかないのは誰しもにあり得ることです。しかし就活がうまくいっている人は、ミスしたことや面接官から指摘されたことを振り返って次に活かす努力をしています。

しっかりと自分に対してフィードバックして、落ちた理由を振り返る人は、成長スピードが速く、着実に成功への道を切り開いてくれています。

 

切り替えが上手い

数々の企業を受けているとその分選考の数は増え、落ちる回数も増えていきます。その中で、いちいち落ちたことを悔やんでいたり、凹んでいては拉致があきません。

常に前向きな姿勢で、明るく振る舞うだけでも面接官には良い印象を与えます。就活で暗い顔をしていると会社に入っても同じような振る舞いをするのではないかと思われてしまいます。

 

まとめ:就活がうまくいかないなら他の選択肢だってあるって認識する

本記事で、就活がうまくいかない要因、うまくいかない時にとるべき行動、就活がうまくいかない時の対策について詳しく解説してきました。

うまくいかない要因を自分なりに分析して、行動することは大事です。そして、就活が全てではありません。

僕のようにフリーランスになることもできますし嫌なら就職時期をずらしたり、休学するという選択肢もありなのではないでしょうか。

就活がうまくいかないなら一度立ち止まって、他の選択肢を考えたり休むことに注力しましょう。

 

おまけ:就活がうまくいかないときは就職エージェントの利用が必須

就活の後半でも企業を紹介してくれる転職エージェントというサービスがあります。他の就活サイトよりも優れているサービスを上手く活用すれば、内定獲得率も上がってきます。

2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査この記事では、キャリアチケットのリアルな口コミや体験談、キャリアチケットだからこそのメリットをご紹介します。 その中で、デメリット...

就活前にやるべきことは?失敗しないためにやるべきことを徹底解説

就活は楽しい?楽しむコツや就活が楽しいと感じるタイミングをご紹介!

こちらの記事もおすすめ!