未分類

2019年の振り返りと2020年の目標について(竹内智哉)

2020年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。TAZUNAの竹内です。

2020年になって数日が経ちました。2019年の1年はフリーランスとして働く最初の年でもありました。今回は、2019年の振り返りと2020年の目標や大まかな行動について、自由気ままに綴っていこうと思います。

結論ですが2019年はずばり、たくさん挑戦した年でした。

 

2019年1発目の出来事は会社を退職

2019年はしょっぱなから大きな出来事がありました。それは退職です。約1年10ヶ月働いた東京の会社を辞めました。新卒の3年以内の退職が年々増えている中で、まさか自分が該当するひとりになったとは思わなかったです。

辞めたことについて振り返ってみても良い決断だったと思います。(常に前向きに!)

とはいえ、何の能力もない自分がいきなり会社を辞めたものですからかなりテンパってはいました。「お先真っ暗だー!」って感じで思ってました(笑)

しかし、当時助けてくれた友人や周りの人に本当に感謝しています。話を聞いてくれたり物資を支援してもらったり、お金の支援も受けました。いつか必ず何かで恩返しします。

【ありがとう】人生初のpolca(ポルカ)で、考えたお金の話~感謝~

 

未経験のWeb業界へ足を踏み込む

会社を辞めてからというものの転職という文字は自分の頭の中にはなく、自分でも不思議と「どうやってお金を稼ごう?」「どうやったら生きていけるかな?」という思考回路になっていました。

そんな時に自分が挑戦したいと思ったのは、Web業界です。パソコン一つでお金を稼ぐ・お金を作る人をみていたのとオフラインの能力は会社である程度培えたのでオンラインを強めたいと考えていました。

具体的に何をしたかというとWeb業界が学べる講座を20万ほど払って受講しました。自分はプログラミングが好きではなかったので、ブログ・アフィリエイト・Webライターという分野を選んで学びました。

いなフリ(田舎フリーランス養成講座)を終えて3kg太った話

結果的にWebの知識が付き、平均して月3万円ほど収入がある状態を作り上げることができました。

 

1年間TAZUNAの運営にコミット

2018年12月に立ち上げたTAZUNAも2期目に入りました。1年間で300人以上の学生と携わることができ、良い刺激をもらう活動させてもらいました。

企業取引やお金の面で苦労した部分もありましたが、活動自体は本当に楽しく伸び伸びとすることができました。石川県には同じように熱量高く継続的に活動している人が都会と比べて少ないのが現状です。だからこそ、誰かが旗を立てて引っ張っていくことが大事だと思っています。

2020年の2期目は、1期目のように毎月イベントを開催する余力も資金も少ないため、自由気ままにやっていこうと思います。

意外と1年間、1人で集客してイベントを回すことに慣れましたが、大変でした(汗)スタッフの力がなかったら本当にヤバかったと思います。

 

YouTubeへ参入

2019年8月からYouTubeやり始めました。YouTubeは痩せるために始めたんですけど、途中でダイエットは断念しました。

YouTubeを始めたことで動画編集・映像制作に興味を持つことができました。新しいことを始めるのは誰もが一歩を踏み出すのを躊躇しますが、僕の場合失うものは何もないのですぐ始めることができました。

やっぱり時代の流れや新しいプラットフォームにすぐに乗っかるのが吉だと思います。「考えるよりまずはやってみる→そこから改善していく」というのが良いです。

 

海外生活の始まり

2019年は1月にフィリピンのセブ、5月にタイ(バンコク)・マレーシア(クアラルンプール)、9月にタイ(バンコク)・マレーシア(ペナン)・カンボジア(シェアムリアップ)、11月にタイ(バンコク)に行きました。中でも11月のタイは1ヶ月ほど滞在しました。

海外にいくことが多かった2019年でした。なぜ多かったかというと日本より物価が安く過ごしやすいからです。タイに関しては飛行機だけで往復2万円、食費2万円、宿泊費3万円の7万円で1ヶ月過ごせました。

日本にいると生きていくだけでお金が高く付きますが、東南アジアで過ごしながら「日本円」を稼ぐことができれば貯金できます。人生のチート行為に近いですが、リモートで日本円を稼げれば満員電車に乗って人生を消耗することはないです。

 

映像制作の始まり

2019年10月から映像を学ぶべく、オンラインサロンに初めて入りました。映像で物事を表現できるのかと感銘を受けた瞬間でした。

タイで11月に映像を制作しましたが、まだまだクオリティを上げていくべく奮闘中です。12月に日本に帰ってからは35万円かけて機材も買いました。

大学生がカメラを趣味にすると幸せになる5つの理由

 

フリーランス1年生を経験

2019年はフリーランス1年間を乗り切った年でした。売り上げとしては、年間300万ほどでした。企業のプロジェクト系の案件で180万、Web/ブログ/ライティング系で75万、サッカーの先生で30万、その他15万くらいだと思います。

なんだかんだ新卒の時の給料を超えることができました。また、フリーランスだと何時に起きてもいいし自分のやりたい時に仕事ができるのはかなり大きなことだと感じました。

自分の好きな仕事をしているので、休むという概念自体があまりありませんでしたが、基本的に週3日は休んでいるような感じだったと思います。

サッカーの先生は好きでやっているしお金がもしなかったとしても運動にもなるし楽しいしやっていると思います。

「もし毎月20万円のお金が入ってきたら今やっている仕事は続けますか?」

上記の問いに「はい!」と答えた人は本当に好きな仕事に恵まれていると思います。

 

2020年の目標と行動計画

簡単に2019年を振り返りました。なので、本項では2020年の目標を定量・定数に分けて立ててみようと思います。

ちなみに2019年に立てた目標は下記です。

  • 体重55kgにすること
  • ブログPV1万/月にすること
  • Twitterのフォロワー2,000人
  • ブログ収益10万円/月

【2019年の抱負】ベンチャーランナー(たけち)の今後について

結果的には、

  • 体重55kgにすること→体重68kgで着地
  • ブログPV1万/月にすること→ブログPV2,000/月で着地
  • Twitterのフォロワー2,000人→Twitterのフォロワー960人で着地
  • ブログ収益10万円/月→ブログ収益2万円/月で着地
ここまで全て達成していないと数字計画の甘さと行動計画のだらけさが丸わかりですね。

定量的な目標

  • 体重55kgにすること
  • YouTubeチャンネル登録者1万人
  • 月収30万

あまりお金に執着がなく、最低限生きれればいいと思うのが自分の悪い癖ですが、高みを目指すためにも目標をとりあえずおきました。

目標設定って難しいなあと感じます。会社にいれば会社が決めてくれるので、楽ですがフリーランスは自分で数字を追わないといけないので、向いていない人には向いてないです。

特に数字を追う能力がない人は、ずっと受託に回り労働をする・時間の切り売りになるので大変だなあと思った1年でした。

 

定性的な目標

  • 自分自身が活き活きと楽しく働き、自分自身を幸せにできる人を増やす
  • 接する人の裏側の感情・を考えられるようになる
  • 自立、感謝、尊敬できる人になる

定性的な目標は自分で達成したかどうかを考えるのが非常に難しいと思います。他の人はどうしているのだろうと常々感じます。

 

まとめ:結論、目の前のことを全力で

ここまで、2019年の振り返りと2020年の目標について書いてきましたが、1年後のことを今考えてもわかりません。

まずは、目の前のことを全力でやっていけば自ずと道が開けてくると思っています。1年後の自分がどんな姿でどんな顔をしているのか楽しみです。

2020年も引き続きよろしくお願いします!