就職活動

【質問例あり】就活の逆質問の答え方を徹底解説!現役面接官がグッとくる質問例を紹介!

「毎回聞かれる逆質問、、、何を聞けば正解なの?」

「何か質問はありますか?と聞かれたときの答え方がわからない・・・」

「面接の時に聞いちゃいけないことってあるのかな、、、」

と思っている就活生も少ないくないはずです。

今回は、就活の逆質問を活かしたい大学生に向けて、具体的に逆質問の答え方と現役面接官がグッとくる質問例についてもお伝えしていきます。

逆質問に対する考え方を少し変えるだけで、自分の就活が上手くいくと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

就活で人事・役員・社長に「質問はありますか?」と聞かれたときの答え方

就活での面接の際、最後に聞かれるのが「質問はありますか?」だと思います。正直どんな言葉を発すればいいかわからないことが多いと思います。

本項では、人事・役員・社長に「質問はありますか?」と聞かれたときの答え方を大きく2つ紹介します。結論下記の2つです。

  1. 「仮説検証型の質問」をすること
  2. 逆質問の中に、自分なりのメッセージをいれること

 

「仮説検証型の質問」をすること

「YES/NOで答えられる質問」ではなく、「仮説検証型の質問」ができるようになると良いです。

具体的には、「御社の強みは〇〇だと思うんですが、人事から見た強みはいかがでしょうか」といった形です。

大事なのは一度、自分の頭で会社のことを調べている行為と仮説を立てて質問することです。

また、逆質問は質問するテーマが「会社の強み」などで一緒であれば、企業ごとに質問を変えなくても大丈夫です。

志望企業のホームページを見ていないのは論外!志望企業だけでなく、競合企業のホームページもチェックして比較して仮説を立てる

 

逆質問の中に、自分なりのメッセージをいれること

「質問はありますか?」と聞かれたときに逆質問の中に自分なりのメッセージをいれることは効果的です。

逆質問は自由度が高く、就活生がなんでも聞けるタイミングでもあります。質問と合わせて自分の考えをのせて質問をすることで面接官に自分の印象を伝えることが可能です。

 

「何か質問はありますか?」を聞かれる理由

本項では、なぜ面接官が「何か質問はありますか?」と聞くのか、その意図について解説しますう。結論下記の3つの点を見ていると思っています。

  1. 間接的な志望度チェック
  2. 学生の質問力を見る
  3. 会社の魅力をよりアピールしたい

 

間接的な志望度チェック

逆質問をする場合は、「うちに関心があるか?」「志望度はどれくらいか?」「うちと相性はいいだろうか?」を確認するためです。

人事も面接をする上で、「この企業で働く意欲はあるのか?」を評価をつけて、次の面接官に評価シートを渡しているケースが多いです。

薄っぺらい質問をしている学生だと「うちの企業には興味ないのかな?」と面接官に間違った印象を与えてしまいます。

 

学生の質問力を見る

質問力は、会社に入った後も大事になってくるスキルです。

ビジネスの場では、決まった解答は存在せず、日々試行錯誤して仕事をします。その際に、自ら課題・問題を立てて解を出す必要があります。

そういった時に思考能力の一つである「質問力」があるか否かを面接官はみています。

また、最終面接で社長が気になる点として「円滑なコミュニケーションが取れるか?」という部分を質問力からみています。

 

会社の魅力をよりアピールしたい

会社としては、学生に質問をしてもらうことで、より会社の魅力を伝えたいと思っています。

自社をアピールして、内定して入社する学生を増やすことが人事の役目です。その数字にコミットしているからこそ、会社の魅力をわかりやすく端的に伝えなくてはいけません。

 

逆質問は就活生が自由に自分をアピールする機会

逆質問は就活生が自由に自分をアピールする良い機会です。なので、自分ができること、志望企業で活かせそうななことをまとめておくことです。

新しい職場で必要なものを聞きだそうとすることで「やる気」を見せれたり、責任感と協調性をアピールする逆質問をすることもできます。

企業選びや企業比較のための情報、足りない・知りたい情報を直接企業の人に聞くことができる唯一の機会でもあります。

逆質問では、自分が知りたいことを聞くこと

 

逆質問のマナー

面接官に好印象を与える自分をアピールする逆質問のポイントもたくさんあるのですが、どちらかというとマイナス点になる質問をしなければ、大体大丈夫なので、今回は逆質問のマナーを3つ紹介します。

  1. HPに載っているようなことは聞かないこと
  2. 面接官が話したことを2回聞かないこと
  3. 面接官が答えにくい質問は聞かないこと

上記のようにHPに載っていることや調べれば出てくることを質問すると面接官からすると「質問力が低い」と見なされて採用にいたりません。

面接官が話したことを2回聞くような学生だと社会人になってからも不安を感じます。また、面接官の知らないような・答えにくい質問をするのもNGです。

 

逆質問のお手本の回答例を10個紹介

本項では、逆質問のお手本の回答例を個紹介します。ただ、業界・業種によっても変わってきますので、自分の頭で考え仮説を立てて質問をするようにしてください。

また、「やる気を見せたい」「長所のアピールしたい」「好印象を与えたい」などの用途によっても変わってくるのでその場でしっかり対応しましょう。

  1. 御社ではどのような方が活躍していますか?
  2. 入社した際、一番の課題になる点は面接官の方から見てどのような点だと思われますか?
  3. 本日の面接のフィードバックをお願いします。
  4. 配属部署の強みと弱みについて教えてください
  5. 御社の○○職に対する評価基準は、どのようなものですか?
  6. 御社の社員として求められる資質は何ですか?
  7. 面接官社員の何がモチベーションになっているか
  8. 役職ごとに変わる仕事での必須スキルをどう磨いていますか?
  9. 御社の商品のどの点に魅力がありますか?
  10. 会社のビジョンとマッチするかの決めては何ですか?

面接官が、投資銀行社員(IBD部門)、マスコミ系社員、メーカー社員、ベンチャー企業社員、デベロッパー社員、商社社員、コンサルタントによって様々な質問が考えられます。

相手によって質問を変えるとともに逆質問を通して自分は、何を伝えたいのかを明確化しましょう。

仕事内容、求められる能力、キャリアパス、社風、部署の雰囲気についての質問はある程度前もって考えておき、聞かれたらすぐ答えられるようにしよう!

 

逆質問のシチュエーション別に予め準備しておくこと

面接官が1人の時、面接官が複数人の時、面接官が人事部(採用担当者)のみ、面接官が現場のクリエイターのみ、社長など面接の際の逆質問はシチュエーションが幅広くあります。

相手によって変えることはもちろん大事ですが、雰囲気も大事です。和やかな雰囲気なのか、それとも真剣で真面目な雰囲気なのかによっても質問内容は変わります。

 

逆質問の効果的な作り方

本項では、逆質問の効果的な作り方についてお伝えしていきます。経営戦略・事業の将来性についての質問などは、主に会社主体での質問ですが、就活生本人にフォーカスをして逆質問の作り方をお伝えしていきます。

結論下記の2つの方法から逆質問を作るのが効果的です。

  1. 自己分析の結果を元にする
  2. 適職診断の結果を元にする

 

自己分析の結果を元にする

自己分析を深掘りしていると自分の価値観や考え方がわかってきます。

そうすると「自分は〇〇な価値観で△△な考え方なんですが会社の社風や雰囲気とマッチしますか?」と聞けます。

会社に入ることがゴールではないですから、将来を見据えた逆質問ができて好印象です。

 

適職診断の結果を元にする

自分の自己分析だけだと主観で判断してしまっているので、他のツールを使って客観的に自分をみることも必要です。

適職診断や就職カウンセリングを用いることで、自分に向いてる仕事は何なのか等の自己分析にも使えます。参考にしてみてください。

就活生はこちら⬇️

2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査この記事では、キャリアチケットのリアルな口コミや体験談、キャリアチケットだからこそのメリットをご紹介します。 その中で、デメリット...

 

失敗の回答例と良くないポイントを解説

本項では、逆質問の失敗例とよくないポイントを解説します。まず、質問を聞かれているのに「特にありません」はもったいないので、絶対にやめましょう。

チャンスを活用して、逆質問をうまく見方につければ、同世代の就活生より優位に立ちます。

先輩社員やリクルーターとの面談で油断しすぎず、「自分が採用されたら…」というイメージをもって面接に挑もう!

 

企業サイトに載ってるようなことを聞く

企業サイトに載っているようなことを聞くと会社や仕事への興味が感じられないという捉え方をされてしまいます。

また、福利厚生・給与・残業時間のみを質問してしまうと調べればわかる情報を聞く程度の学生と認識されて面接で落とされます。

逆質問タイムも評価対象と認識した上で、発言には気をつけること

 

定番の逆質問をそのままする

定番の逆質問をそのまましてしまうのもあまりよくありません。ネットから拾ってきたものをそのまま言っているなと思われてしまうと印象が悪くなります。

「御社の強み・弱み」「今後の目標」などを聞く場合は、自分の考察と載せた上で質問をすると良いです。

質問を考える時は、就活ノートがオススメです。業界研究、企業研究、通過エントリーシート実例、リアルな選考情報・体験談、エントリーシートの書き方、Webテスト対策、就活の心得・マナーなどが学べます。

 

【登録はこちら!】


就活ノート 公式サイト

 

就活ノートって何?評判から特徴まで詳しく解説就活ノートとは「就活生がつくる就活情報サイト」 従来の就活情報サイトは、出版社が作成しているのものがほとんどかと思います。 ...

 

はいorいいえで答えが完結する質問をする

面接官の立場に合わない質問をしないことはもちろんのこと、はいorいいえで終わる質問はしないようにしましょう。

会話が続きませんし有益な情報が得られないので、避けるべきです。

 

まとめ:逆質問を活用して、企業とコミュニケーションを取ろう

逆質問は、熱意・志望度を伝えるために有効的です。なので、最低5個程度用意しておき、事前準備を怠らないことです。

また、面接の段階別に用意し逆質問したいことがないときは、自分の意見や考察を面接官に伝えるだけでも前向きな姿勢が評価されます。

逆質問を利用して、学生と企業の双方向のコミュニュケーションをして、積極的にしていきましょう。

 

就活は楽しい?楽しむコツや就活が楽しいと感じるタイミングをご紹介!

就活をやめたい時の対処方法や理由、早く内定をもらう方法などを解説

こちらの記事もおすすめ!