大学生活

大学生にオススメな習い事20選!必要費用や選び方まで徹底解説

「大学生でオススメの習い事を知りたい!」

「どんな習い事が就活に活かせるかな?」

「習い事をして自分磨きをお手頃価格でやりたい、、、」

と思っている大学生もいると思います。

習い事は、交流の幅を広げることや技術の習得ができるなど、自分磨きを行う上で大きな味方になってくれます!

そこで、皆さんに習い事を始めるに当たってハードルとなる必要費用とそれぞれの選び方のポイントも含めてご紹介します。

自分に合った習い事を見つけて、習い事をしていない人たちから一歩リードした個性豊かなステータスを手に入れましょう!

 

Contents

大人になってから習い事をする人は約4割!大学生からでも遅くない

大人になってから習い事をしたことがある人は、全体の半分以下という調査結果があります。

やはり、仕事が忙しい人や家事をしている大人の方には、習い事を始めようというと思ってもなかなか実行できないことが分かります。

一方で、大学生はどうでしょうか?

アルバイトに時間を費やす大学生が多いですよね。確かに、大学生の内からお金を稼ぐことで出来ることが増えると思います。ですが、アルバイトで疲れてお金をリラックスに使っていては、本末転倒です…。

そもそも大人になれば、嫌でもお金を稼ぐことになります。そして、仕事の時間は圧倒的に大学生の時よりも増えます。

大学生のうちから、興味のある習い事があれば、新たな自分を見つけるためにも積極的に習い事を始めてみましょう!

 

大学生で習い事を始める3つのメリット

本項では、大学生で習い事を大学生から始めることで得られるメリットを3つ紹介します。結論下記の3つです。

  1. 就活でアピールできる
  2. 新しい出会いがある
  3. 長期休みを活かせる

 

1.就活でアピールできる

就活の面接で、趣味や特技を聞かれて、困る学生さんが多いです。履歴書を書いていても、空欄になってしまうとアピールできないです。そこで、習い事の登場です。

習い事は、その内容だけでなく、習慣や取り組みの中での工夫や心掛けてたことを話すことができ、アピールとして強いものとなります!就活でプラスに働くこと間違いなしです。

 

2.新しい出会いがある

  • 異性と出会いの場が欲しい!
  • 友達を増やしたい!
  • 広い交流関係を持ちたい!

これらに当てはまる人は習い事がオススメです。習い事を通して、話のきっかけをつくれる可能性が上がります。

さらに、習い事をしているだけで、向上心のある人だと印象付けることができます。同じ習い事をしている人と運命の出会いをするかもしれません。どんな理由でも、動機があると長続きします。

 

3.長期休みを活かせる

実家でのんびり過ごす人、アルバイトに勤しむ人、長期休みの過ごし方を人それぞれです。次の休みに何をしようか考えるとワクワクします。

長期休みの選択肢に習い事を入れてみましょう!長期休みに習い事をしている人って聞くだけでしっかりしている印象を持ちませんか?(笑)

長期休みの新しい思い出にもなります。

 

大学生の習い事にかかるお金は月5千〜1万円が相場

大学生の習い事にかかるお金は、月5千円〜1万円が相場です。飲み会2~3回抑えることができれば、習い事は始められます。

月5千円から1万円であれば、絶対無理という額ではないです。どうしても心配な人は、無料お試し期間や見学をしてみてから考えてみてください。

習い事の中には、施設利用料金に学生割引が用意されていることが多いです。このことからも、習い事を始めるなら大学生がチャンスです!

 

大学生にオススメな習い事20選!それぞれ魅力や必要費用を紹介

本項では、大学生にオススメの習い事を30選紹介していきます。それぞれの魅力や必要費用も解説します。

言語系の習い事▶︎英会話、中国語

資格系の習い事▶︎プログラミング、TOEIC、簿記

音楽系の習い事▶︎ピアノ、バイオリン、ギター

スポーツ系の習い▶︎ダンス、水泳、ジム、バレエ、キックボクシング、登山

日本文化系の習い事▶︎書道、茶道

日常生活に活用できる習い事▶︎料理教室、カメラ教室

ちょっと大人な習い事▶︎ゴルフ、ワインスクール

 

最も実用性が高い「英会話」 3000~8000円

「英語は高校生の時勉強したよ」っていう人でも、いざ英語を話そうとすると自信がない人は多いです。

大学生の勉強の延長戦上に英会話を習っている人って素敵です。グローバル化が進んでいる社会で、絶対に必要になります。

観光客や仕事相手に英語で話しかけられたときに対応できる人とそうでない人では、行動できる幅が大きく違います。

【初心者向けオンライン英会話】選び方・おすすめの理由・サービス、効果的な学習方法と上達のコツを紹介!

大学生が英語を勉強するべき理由!勉強の仕方まで解説!

 

日本人が勉強しやすい「中国語」

英語は単語が覚えられないから無理!という人でも、漢字さえ知っていれば中国語は取り組みやすいです。

しかも、中国語は中国の人口が長らく世界1位であることからもわかる通り、勉強することで意思を伝えられる人のコスパが最高です。

 

需要が高まっている「プログラミング」

大学の講義の中でパソコンを使うことも多いと思います。文章作成のためだけに使っているパソコンを利用して、プログラミングを学んでみませんか?

プログラミングスクールを卒業後独立する人もいるので、スキルアップの夢が広がります。スクールに通うことで、独学よりも続けやすいというメリットがあります。

しかも、プログラミングは義務教育の中に組み込まれます。文系だから…という理由で諦めないでください!

大学生は「今」のうちにプログラミングを学ぶべき!エンジニアまでの道のりを解説!

大学生に人気のプログラミングスクール3選!学割ありでスキルが早く身につく! 《すぐわかるおすすめのプログラミングスクールランキング》 ▼当サイトから登録の多いプログラミングスクール 【1位】T...

 

オンラインでも学べる「TOEIC」

TOEICの点数は、英語の理解度の一つの代表的な指標になっています。TOEICの学習は、今はオンラインで手軽に学べます。

本屋で参考書を買ってもやる気にならない人は、オンライン学習でポイントを押さえた学習を試してみましょう!

オンライン英会話は、産経オンライン英会話Global Step Academy無料体験実施中!【MeRISE英会話】学研グループのオンライン英会話特許認定の英会話習得トレーニングなど幅広くあります。

基本的に上記の英会話教室は、全て無料体験レッスンを行なっているので、まずは体験をしてみて他と比べてから本申し込みをするようにしましょう。

 

どんな仕事でも活かせる「薄記」

資格の中でも、ビジネスの基本知識という位置づけが強い薄記。

将来会社で働きたいけど、大学生のうちに何をすればいいかわからないという人は、挑戦してみることをオススメします。

薄記は、漢字検定のようにレベル分けがされているので、徐々に難しいものに取り組むことでモチベーションアップができます!

大学生が資格を習得しても就活では活かせない話

 

実は誰でも弾くことができる「ピアノ」

習い事の中でも定番のピアノ。実は、誰でも簡単に弾くことができます。譜面の読み方と指の動かし方を教わることで、メロディを奏でることができるようになります。

 

姿勢が綺麗になる「バイオリン」

「バイオリンのコツを知っていますか?」

その一つに姿勢を正すことがあります。バイオリンを弾く始めるだけで、良い姿勢を身に付けようとして、人前での立ち振る舞いに自信を持てるようになります。

 

大学生に大人気「ギター」

ギターをかき鳴らす姿は誰が見てもかっこいいですよね。誰でも弾き語りで好きな人に曲を披露してみたいものです(笑)。

特技としてギターを楽しむことが出来るようになるので、オススメの習い事です。

 

表現が豊かになる「ダンス」

スポーツ系の中でも人に見せる意味合いの強いダンス。ダンスの動きから人に様々なことを表現するので、豊かな表現力が身に付きます。

ダンスを共に踊ることで、お互いの魅力を感じることができる!

 

バランスよく体を鍛えられる「水泳」

水に体全体を使って抵抗するので、まんべんなく体を鍛えることが出来ます。また、1回60分でレッスンを終えることもできるので、意外と手軽に参加できます。

 

運動不足を解消できる「ジムトレーニング」

トレーニングメニューをこなしていくことで、不足した筋肉や体力を付けることができます。

トレーナーの方に教わりながら安心して、鍛えることができることが魅力です。夏に向けて腹筋を割るために通ってみてはいかがでしょうか。

大学生が運動不足を解消するための10の方法【難易度順に紹介!】

 

未経験でも始められる「バレエ」

初心者でも、バレエの基本動作から学ぶことができます。子どものときから憧れていた人や経験者の方で大学生から始めましょう。

バレエは全身の筋肉を使って、美しい姿勢を保つことができるようになります。

 

女性にもおすすめな「キックボクシング」

練習がきつそうな印象のあるキックボクシングですが、実は女性にもおすすめできるエクササイズです。

楽しく汗を流せるので、ストレス発散やダイエットに効果があります。

 

達成感を味わえる「登山」

仲間と協力して、山頂を目指す登山は、登り切った達成感が病みつきになるので、おすすめです。

初心者でも、歩き方や必要な物の説明から教わることができるので、心配いりません。装備は山に登る前にレンタルできる場合もあるので、費用が心配な人でも大丈夫です。

 

字が綺麗になる「書道」

字が綺麗になるという素晴らしいメリットがある書道。書道具を貸し出している教室が多いので、手ぶらでも通いやすいです。

字を書く動作に集中することになるので、自然と集中力が鍛えられます。

 

大人の作法を学べる「茶道」月0.5~1万円が相場

客人をおもてなしする作法を極めたい方に茶道がおすすめです。基本的なルールから、細かい部分での思いやり溢れる作法を学ぶことができます。

 

学割が利用できるところが多い「料理教室」

美味しい料理を自分の手で作りたい人に料理教室をおすすめします。大学生なら学割が行われている教室が多いことも魅力です。

男性と女性でレッスンを分けている教室もあるので、異性の前での料理が恥ずかしい方でも安心して教わることができます。

 

写真が楽しくなる「カメラ教室」

FacebookやInstagramに挙げる写真の質をワンランクアップさせてみませんか?

カメラ教室では、基本的な撮影テクニックや、デジタルカメラの使い方を学ぶことができます。

スマホで簡単な写真しか取ったことがない人は、カメラ教室で学ぶことで写真の楽しさに気づくことができます。

 

大人の社交の役に立つ「ゴルフ」

大人の人ハマってしまうゴルフ。ゴルフができるようになると、ゴルフに参加することで社交に役立ちます。

 

様々な出会いがある「ワインスクール」

ワイン好きだけでなく、ワインを通して出会いを求める場としてレッスンに参加する人が多いです。

ワインスクールで知り合った人と、プライベートでもワインを飲みに行きやすいので、出会いを求めるひとにおすすめです。

教室によっては、座学が多かったり本格的なスクールはついていけず続けることが難しい場合もある

 

大学生が習い事を選ぶ時の4つのポイント

たくさんある習い事の中から選ぶときに、気を付けるポイントを4つ紹介します。結論、下記の4つです。

  1. 金銭的に続けられる
  2. 通いやすい場所にある
  3. サークル・バイトと両立できる
  4. モチベーションが維持できる

 

1.金銭的に続けられる

習い事を始めると、月謝を払わなければなりません。毎月払い続けることが可能な範囲で習い事を決めましょう。

いくつも掛け持ちしてしまうと、金銭的にきつくなりやすいです。習い事に掛かる費用は、自分磨きの投資として無駄にはなりません。

 

2.通いやすい場所にある

家や大学の近くにあるスクールを選びましょう。無理をして、遠い場所にあるスクールに決めたとしても、移動が大変で続きません。

近くに通いやすい場所がない場合は、場所を選ばないオンライン講座の受講がおすすめです。

 

3.サークル・バイトと両立できる

サークルやバイトと両立したいと考える人が多いので、習い事に参加可能な日程・時間に注意して決めましょう。

サークルやバイトの予定が入ってしまうと、習い事の優先度が低くされがちです。

確かに、サークルに参加することで交友関係を大切にしたい気持ちや、バイトによる収入の大切さは理解できます。しかし、習い事を始めたのであれば中途半端にしないようにするべきです。

 

4.モチベーションが維持できる

モチベーション無く三日坊主では、掛かった費用がもったいないです。習い事を始めてすぐは、新しいことに挑戦するので、モチベーション高い状態で参加できます。

しかし、数回参加したのちに、大学の用事などで習い事が面倒に感じてしまいます。そうならないためにも、習い事を自己成長の一つの手段と考えて、続けていけると思えるものを選ぶことが大切です。

 

まとめ:自分にあった習い事を始めて、将来に役立てよう

自分に合った習い事を始めて、輝く自分に向かっていきましょう。身に付けた知識や特技は、将来役立ちます。

興味を持った習い事を大学生の今からチャレンジしてみましょう。今回紹介した習い事は、どれも大学生におすすめなので、比較検討して未来の自分に投資しましょう。

大学生のうちに趣味を見つけて人生を豊かに!おすすめの趣味28選!「大学生何だけど趣味が全くない、、、」 「時間も沢山あるし何か没頭できる趣味を見つけたいな〜」 「趣味ってやっぱりあった方が...

 

こちらの記事もおすすめ!