転職情報

新卒使えないのは当たり前?上司の心境とできる社会人になるための方法を徹底解説

《すぐ始められる転職サイトおすすめランキング》

▼当サイトから登録の多い転職サイト

【1位】いい就職ドットコム《転職・第二新卒就職支援希望者へ全国の仕事情報を随時更新》

【2位】Tech Stars Agent《IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェント!》

【3位】TOKYOインターンUP to 29《働きたい企業でしごとを体験してから就職できる!

「大学生の今は楽しい、でも働き始めたらどうなるんだろう。。。」

「バイトでも仕事を覚えるのが遅かったのに、会社に入ってから不安しかない、、、」

「怖い上司の人がついたらどうしよう・・・」

こんな悩みを持った大学生、あるいは入社を控えた新卒の方も多いのではないでしょうか。

気楽で責任もあまりない大学生から一転、責任と自覚を求められる新社会人へ。この変化に対して、不安を感じない人はいないと思います。

今回は、そんなあなたの不安を解消することができる記事になっています。ぜひ読んでください!

 

新卒が使えないのは当たり前!すぐに仕事ができる人はいません!

 

新卒で会社に入ってきて使えないのは当たり前のことです。もちろん、学生の時にビジネス経験を豊富に積んで、即戦力として働くにこしたことはありませんが、そんな人は多くはありません。

むしろ新卒社員に求められていることは、コミュニケーション能力や協調性といった、新卒の右も左も分からない状態から、成長するために必要な能力です。

経団連が毎年行っている、「企業が学生に求める資質」の調査では、専門知識や専門資格は下位に位置しています。

専門性は即戦力か否かに関わってくるポイントなので、企業がそこまで即戦力を期待しているわけではないことがわかります。

即戦力人材は、中途採用の転職先を探しているような人に求められる要素であり、新卒社員はあまり気にすることはありません。

次から次へと出てくる新たな「社会のルール」に適応していくことができる、柔軟で素直な気持ちがあるかが重要です。

また、新たなことを吸収した先に待っている「ストレス」に対応できることも重要になってくるでしょう。やはり即仕事ができるということより重要なことが多いです。

加えて、あなた自身が課題を発見して、その課題を解決しようとする努力を怠らなければ、会社の中でもうまくやっていけるはずです。

経団連の「企業が学生に求める資質」の調査によると、2018年の1位は主体性、実行力となっています。

つまり必要なのはあなた自身の考える力や、その考えを行動に移して成長していく力です。

仕事がすぐできるかどうかではなく、成長していって将来的に仕事ができるようになるかが、重要です。

新卒に求められるのは、即戦力かどうかではなく、成長することができるかどうか。

 

「新卒は使えない」マインドは、持ちすぎると危険?

 

新卒は使えなくて当たり前です、色々なことを吸収して成長していくことが重要です。

しかし、できなくて当たり前だという感覚に甘え過ぎるのも危険です。こういった感覚を持ちすぎると、あなた自身、また、会社にとってもあまり都合よくありません。ここからは、新卒側、会社側に分けて新卒の甘えによるデメリットを紹介します。

 

新卒側のデメリット
  • いつまでも学生気分で進歩が遅くなる
  • 二年目になった時に焦りが生まれる

 

いつまでも学生気分で進歩が遅くなる

できなくて当然という気持ちは時にあなたを助け、時にあなたの成長を止めてしまうことがあります。

例えば、なにか失敗してしまった時、あなた自身がその失敗について、しょうがない、などと毎回思っていれば、成長のスピードに影響がでてきます。

失敗をしょうがないなどと、慰めてくれるのはあくまで他者であり、あなた自身が積極的に考えることではありません。

あなたは失敗について、反省し、そこからなにくそと奮起して、次につなげなければ、失敗がただの失敗に終わってしまいます。

ぬるい学生気分を早めに捨て、会社の一員として、責任と自覚を持って職務に当たるべきです。

新卒が使えないのは当たり前です。しかしながら、そのポジションにずっと居続けるのはよくありません。

あなたが迷惑をかけた分、成長することで周囲の人に恩を返していけるような人になりましょう。

 

二年目になった時に焦りが生まれる

入社直後から1年間は、あなたが新入社員として扱われますが、当然1年後には新しい新入社員が入ってくるわけです。

1年間新入社員として甘えて過ごし、なにも仕事ができない2年目社員の立場はどうなるのでしょうか。

上司をはじめとした周囲の人からはどんな風に見られるでしょうか、なによりも仕事ができない2年目の先輩って新入社員からどう見られるのでしょう。

このようなことを考えると、あなたのメンタルはどんどん追い込まれていきます。

聞きたいことがあるのに、できないことが恥ずかしくて聞きにいけない、一人で無理矢理やって失敗、また評価が下がって、恥ずかしさが増して聞きづらくなるという悪循環に。

格好悪い先輩として新入社員に見られたくないですよね。そのためにはあなたが自身が新入社員であるうちに、失敗を重ねながら、たくさん色々なことを聞いて成長していく必要があります。

 

会社側のデメリット
  • 甘やかすと、新卒に社会人意識を芽生えさせることができない
  • 会社の雰囲気が悪くなる

 

甘やかすと、新卒に社会人意識を芽生えさせることができない

新入社員が仕事ができないということは、ある程度認識されています。しかしながら、いきすぎた許容は新入社員のあなたに対しても悪い方向に働いてしまいます。

会社側も新入社員をできるだけ早く会社の戦力に育てたいという気持ちがあるので、甘やかしすぎて成長を遅らせたくはありません。

新入社員のあなたも会社側の意図をある程度感じながら甘えすぎることなく、できるかぎり早く成長できるように努力しましょう

 

会社の雰囲気が悪くなる

新入社員が仕事ができないのは当たり前ですが、上司があまりに甘く接しすぎると、周囲からひんしゅくをかうことになってしまいます。

新入社員の仕事の不出来も度が過ぎると会社全体の不利益につながってしまうこともあります。

やはり、できるだけ早く仕事ができるように努力を怠らないようにするのがいいでしょう。

 

新卒は使えない!と感じている上司も。どこに使えないと思っているの?

 

新卒は使えないと感じている上司から新卒がどう見えているのか5つ紹介します。

新卒が使えないと上司が感じるポイント
  1. 言われたことしかしない=指示待ち人間
  2. 挨拶ができない
  3. 敬語ができない / TPOに合った応答をしない
  4. メモを取らない
  5. 遅刻や無断欠席がある

 

1.言われたことしかしない = 指示待ち社員

「新入社員が言われたことしかできなくて当たり前でしょ」「やることは全部支持してくれるでしょ」などと、考えながら仕事をしていると、上司には良い印象は持たれません。

上司はやる気がある人間を求めています。新入社員のあなたは仕事を効率良くこなすことは難しいかもしれませんが、積極性がないのは良くありません。

自分から仕事を探したり、自分の課題解決のために努力したりしないと周囲の人から、いらいらされてしまいます。

 

2.挨拶ができない

挨拶についての認識がずれているというのが考えられます。

新入社員は「ちわーす」などといったフランクな言葉を挨拶だと認識しており、アルバイト感覚をぬぐいきれず、仕事との境界をはっきり区別できていないことが多いです。

これに対して上司は挨拶ができていない、礼儀がなってないなどといったマイナスの印象をもつことにつながってしまいます。

 

3.敬語ができない / TPOに合った応答をしない

挨拶と同様、学生時代の気持ちから切り替えることができていないと、上司からよくない目で見られてしまうでしょう。

最初から完璧にできるのは難しいので、注意されたらその都度素直に聞いて直していくようにしましょう

上司からの指摘に対し、いちいち細かいなどとうっとうしがるのはできるだけ控えて、あなたの成長につなげる必要があります。

 

4.メモを取らない

メモをとるのは、目に見えてやる気があると思わせることができる行動です。逆に、メモをとらなければ、やる気がないと思われてしまう可能性があります。

あなたがメモをとらずに覚えられるからなどと思っていても、上司にはそのことは伝わりません。

またメモをとらせたがる人もいます。覚えてほしいという気持ちに加えて、メモをとってもらうことで、自分の話を聞いているという安心感を得たいといった気持ちでしょうか。

後で見返すことになるかもしれませんし、メモはなるべくとるようにするのをおすすめします。

 

5.遅刻や無断欠席をする

やむを得ない場合は仕方ありませんが、そんなとき以外は絶対に無断で遅刻、欠席をしてはいけません。

たった一回の失敗で大きく信頼を損なうことになります。

上司はそういったことに対してとても敏感です。責任を持って仕事に当たらないのは後々大きな失敗につながる可能性があるからです。

遅刻などはあり得ることだと思いますが、連絡は必ずいれるようにしましょう。

 

《すぐ始められる転職サイトおすすめランキング》

▼当サイトから登録の多い転職サイト

【1位】いい就職ドットコム《転職・第二新卒就職支援希望者へ全国の仕事情報を随時更新》

【2位】Tech Stars Agent《IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェント!》

【3位】TOKYOインターンUP to 29《働きたい企業でしごとを体験してから就職できる!

 

新卒ができる社会人になるために取るべき行動3選

 

最初は仕事ができなくて当たり前ですが、早めにできるようにならなくてはいけません。できる社会人になるために必要なことを3つ紹介します。

できる社会人になるためにとるべき行動
  • ゴールから考えて仕事に取り組む
  • 曖昧な言葉をできるだけ使わない
  • 素直に自分を変える

 

ゴールから考えて仕事に取り組む

仕事ができず、余裕がない新入社員は目先の課題に全神経を持っていかれてしまい、一歩先のことを考えることができません。そんな状況では様々な情報の整理がつかず、仕事を効率良くこなすことは難しくなります。

そんなときは、目先の問題をすぐ解決しようとするのではなく、そもそもどうするのがベストなのか、そのためには何が必要なのかを考えるのが重要になってきます。

先にゴールを設定することで、あなた自身の道しるべとなり、やるべき仕事に迷いがなくなります。これを続けることで、課題解決のスピードがどんどん上がっていきます。

 

曖昧な言葉をできるだけ使わない

新入社員は知識が少なく、自身もあまりないため、曖昧な言葉を使って自分の言葉をごまかしてしまいがちです。

これでは正しい知識は身につかず、仕事に対する自信をつけることもできません。

人によって受け取るニュアンスが異なる可能性が高い曖昧な言葉を多用していると。社会人に求められるコミュニケーションスキルも身についていかないでしょう。

これで相手に伝わるだろうという気持ちで情報を省略せず、正しく言語化することを意識して、曖昧な言葉を使う機会をなるべく減らしていきましょう。

 

素直に自分を変える

成長するのは、「今のあなたを変えること」です。

今は仕事ができなくても、あなたが素直に周囲の人の意見を聞き、謙虚に成長したいという姿勢を忘れなければ、様々なサポートを受けられるでしょう。

成長したその先には上司から信頼を獲得して、仕事を任せてもらえるようになるなど、あなたが頑張って良かったと感じられる瞬間が訪れるはずです。

 

仕事を割り振られない新卒がモチベーションを保つ方法4選

 

新卒はできなくて当たり前、加えて入社直後は仕事もあまり割り振られず、モチベーションを保つのも大変だと思います。そんなときに必要なモチベーションを保つための方法4つ紹介します。

 

新卒がモチベーションを保つ方法
  • 1つ1つの仕事を着実にこなし、できることを増やしていく
  • 1人でできることは少ないと知り、目一杯力を借りる
  • 外部の方と積極的に関わる
  • 1人の時間を作る

 

1つ1つの仕事を着実にこなし、できることを増やしてい

大きなことはできなくても、仕事はたくさんあります。まずは物事に優先順位をつけて1つ1つこなしていくことが重要です。

加えて、期日を作ってそれをしっかり守るようにすることも成長につながります。期日を守って、できることを確実にこなしていけば、いつのまにか作業の効率が上がっていることに気づくはずです。

期日を守って仕事、できることが増える、また新しいことに挑戦のサイクルを回すことであなたはどんどん成長を続けることができるでしょう。

 

1人でできることは少ないと知り、目一杯力を借りる

仕事が多すぎて、手が回らないということも多々あると思います。そんなときは手が回らないので、手を貸してくれませんかと素直に助けを求めましょう。

新入社員の気持ちとして、なんで大変な状態なのに気づいてくれないのか、などと感じることがあるかもしれませんが、全員仕事があるので気づくことも難しいでしょう。

まわりの人に助けを求めるのは恥ずかしいことではありません。助けを求めるのもコミュニケーションの一つだと考えることをおすすめします。

 

外部の方と積極的に関わる

身近なことでいっぱいいっぱいになっているそんなときこそ、外部の人と関わってみましょう。

様々な人と交流することで新しい学びや気づきを得ることができます。悩んでいることなどに新たな活路を発見することができることができるかもしれません。

聞きたいことなどを事前に準備しておくと、効率良く時間を使うことができるのでおすすめです。

またこういった時間を作ることができるように、仕事に精力的に向かうのが大切です。

 

1人の時間を作る

休日など、一人の時間を大事にすることも重要です好きなことをやる時間、自分を見つめ直す時間など上手に使って、リフレッシュしましょう。

心に余裕ができることで集中力が増したり、新たな視点で物事を見られるようになったりします。

まとまった時間が作れなくても、寝る前の10分でも落ち着いて1日の反省などして、ゆっくり過ごすことをおすすめします。

 

まとめ

 

 

新卒者が仕事ができないことに悩む必要はありませんけれど、あなたが仕事ができないのは当然のことだというように、開き直った態度でいるのは良くありません。

あなたの無意識の行動が上司から嫌われる行動につながっていることもあるのでそこには十分注意しましょう。

最初はできなくて当然、この先成長して、できる社会人になるために、常に前向きなマインドで仕事に取り組むことが大事です。

《すぐ始められる転職サイトおすすめランキング》

▼当サイトから登録の多い転職サイト

【1位】いい就職ドットコム《転職・第二新卒就職支援希望者へ全国の仕事情報を随時更新》

【2位】Tech Stars Agent《IT・WEB・ゲーム業界特化の専門エージェント!》

【3位】TOKYOインターンUP to 29《働きたい企業でしごとを体験してから就職できる!