大学生活

大学生の1ヶ月の食費は平均26,000円!節約のコツを大公開!

「大学生の食費って意外と高い、、、平均どんなものかな?」

「1ヶ月の食費をどうにか抑えたい・・・」

「食費を節約するための具体的なコツを知りたい!」

このようなことを一度は考えたことはあるのではないでしょうか。

今回は、食費を安く抑えたい大学生に向けて、大学生の平均の食費及び、外食と自炊でどれくらい金額に差が出るのかをお伝えしていきます。金額に関しては、大学生協が実施した大きなアンケートに基づいています。

また、食費を安く済ませるお得な情報も載せているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

大学生が1カ月に使う平均の食費は26,000円!

大学生活でまず削られるのが食費ですよね。では一体どれくらい平均食費に費やしているのか。結論、大学生が1ヶ月に使う平均の食費は、約26,000円です。

  • サークルの飲み会が多い男性
  • バイトばかりで自炊する暇が無い女性
  • 週1で外食をする男性
  • 1日3食すべて自炊している女性

など、様々な人がいる中での平均です。ただ、外食をするか、しないかで全然違ってきます。

また、実家暮らしか一人暮らしかによっても変わり、一人暮らしの場合は、実家暮らしの人の2倍食費がかかっています。

1ヶ月に26,000円、1日約850円、1食約300円

 

実家暮らしの大学生の1日の平均食費は約420円

一人暮らしの大学生の1日あたりの平均食費は約850円

 

一人暮らしの1ヶ月の収入は120,000円

大学生の1ヶ月の収入は、仕送りやバイト代を合わせて約12万円です。実際の固定費や家賃などを差し引くと使えるお金が3万円くらいの計算になります。

実家からの仕送りは平均約7万円、大学生のバイト代は平均約28,000円です。これに奨学金が合わさって約12万円になります。

 

一人暮らしの大学生の食費を安く済ませる方法

本項では、一人暮らしの大学生の食費を安く済ませる方法について。自炊する人と外食する人に分けてお伝えしていきます。

  • 自炊派と外食派では約10,000円もの差が出る
  • 男女の差では約7,000円の差が出る

 

【自炊する人】が食費を抑える方法

まず、食費を抑える上でできるだけ自炊をすることに越したことはないです。今現状、自炊をしている人は素晴らしいです。そんなあなたにアドバイスするとしたら下記の6つです。

  1. 手間をかけすぎない
  2. 価格を比較し、値段の安い店で買う
  3. 安売りを狙って食材をまとめて買う
  4. コスパの良い食材で献立を考える
  5. 自宅の食材はすべて使い切る
  6. 自炊する時は、食材は最後まで使いきる

お米などはパックではなく、しっかり袋で買うだけでも数千円の差が生まれてきます。上記の全て当たり前のことですが、改めて自分の行動を振り返るとできていない部分もあるのではないでしょうか。

 

チラシを効果的に利用することで、割引ができたり、お買い得な物が手に入ります。水筒と弁当を持参する、お菓子やジュースを買わないだけでも食費を大きく抑えられますので、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

「うどん・そば・焼きそば」で節約して食費を抑えることができます。また、節約のために「お肉」と「食パン」は安く買って冷凍保存することも良いでしょう。

一人暮らしの自炊系大学生に「炊飯器」は必須なので、必ず家に置いておくことです。ご飯を炊けば一食あたり30円です。1日3食ご飯を食べても100円です。炊飯器があれば、色々な炊き込みご飯ができるので楽しく自炊できます。

 

たけち
たけち
節約料理本が1冊あると、楽しく料理&節約になるのでおすすめです!

 

【外食する人】が食費を抑える方法

外食はなるべく避けたほうがいいのですが、自炊するのが面倒くさい人や苦手な人のために外食する人が食費を抑える方法についてお伝えします。結論、下記の7つです。

  1. お惣菜などをスーパーで買う
  2. 飲食バイトのまかないご飯を食べる
  3. 学食や格安チェーンを利用する
  4. 大学の周りで安いお店を探す
  5. 外食は計画的にする
  6. コンビニに寄らないようにする
  7. 自炊の喜びを知る

なるべく外食するコストを下げるために、スーパーなどの時間帯セールのものを買ったり、バイト先のまかないや格安チェーンのお店などを見つけることが低コストに抑える方法です。

>>> ギガバイト《「最大15万円のお祝金を貰える!》

大学生が夜勤バイトに入る5つのメリット!勉強と両立できる3つの方法も紹介 《すぐ始められるアルバイトおすすめランキング》 ▼当サイトから登録の多いアルバイトサイト 【1位】リゾバ.com《高...

 

ご飯を食べる中でのおすすめのサービスは、消費者参加型の覆面調査(ミステリーショッパー)サイトのファンくるです。

5000件以上の飲食店や商品から気になるモニターを体験、簡単なアンケートに答えて謝礼をもらえます。最大で全額キャッシュバックなので、お金がない学生は利用するといいでしょう。



食べる選択肢を減らす(ダイエット向け)

1日に3食も食べるから食費もかかるので、1日2食にして、朝食べずに昼と夜だけ食べる生活をすれば、自ずと食費は抑えられます。

もちろん健康的なこともあるので、しっかりと栄養素の高いものを食べるor酵素ジュースなどを飲むことをおすすめします。

優光泉プレミアムは、完全無添加の酵素ドリンクです。 地元九州の野菜を中心に、厳選した国内産60種類の原料を使用している 実力派の健康酵素飲料です。

 

 

たけち
たけち
僕がいつも夜に飲んでいるプロテインも載せておきます。タンパク質豊富なので、夜ご飯に代替すると痩せれるし栄養価も高いです!

 

一人暮らしにおすすめ! 超絶安い食材たち

本項では、一人暮らしにおすすめする食品たちを紹介します。ただ、安いだけではなく、体の健康を気遣いながら食べれる食品ですので、ぜひ自分の料理に活用していただければと思います。

  1. 「お豆腐、納豆」は栄養素も高く安価
  2. 超絶安価な「もやし」
  3. 日持ちする「玉ねぎ」
  4. タンパク質豊富な「卵」
  5. 「鶏むね肉」
  6. エネルギー摂取に有効な「バナナ」
  7. 主食の「パスタ」

上記の食品は安価でかつ栄養価も高いものばかりなので、大学生にとっては最高の食品と言えます。

 

食費以外でお金を節約する方法

食費以外でお金を節約する方法は、固定費の見直しも考えることです。そして、食費だけじゃなく、遊びに使える限度額を見直すことも検討しましょう。

 

固定費を見直す

自分に一番見合った電力会社のプランに切り替えて、電気代をかしこく節約することも大事です。電力比較サイト【エネチェンジ】で、今使っている電気と他社を比べてみることです。

 

お金を引き出す日を決める

お金がないからと毎回ATMから引き出す人を見かけますが、節約という点ではナンセンスです。引き出すのに手数料もかかりますし引き出したお金をすぐ使ってしまう人が大半だからです。

引き出す日を決めておけば、その日までいくら自分が使えるのかという逆算ができます。自ずと我慢できるのでお金を引き出す日を決めておきましょう。

 

1日の予算を決める

1日の予算を決めておくことで、今日は予算内で達成できたのか否かが明確に見えてきます。

もし1日使えるお金を1,000円で設定して500円でおさまった場合、次の日に繰り越して外食するのも一つの手段だと思います。

友人と外食に行きたい気持ちもわかりますので、臨機応変に対応すると良いでしょう。

 

まとめ:一人暮らしの大学生は自炊した方が確実に節約できる!

食費は大幅に節約が可能です。一人暮らしの大学生は、自炊するだけで年に288,000円の節約になります。

  • コンビニ・外食:700円×2食×30日=42,000円
  • 自炊:300円×2食×30日=18,000円

自炊するのとしないのでは、月に24,000円、年間で計算すると288,000円の差が生まれます。

たけち
たけち
外食派と自炊派ではっきりと差が食費に現れていますね!

お金がない大学生からしたら自炊にするだけで、月に24,000円も浮くんだけでも嬉しいですよね!

食費節約で大事なことは意識するかどうかです。1日の予算を決めて、お金を引き出す日を決めておけば自ずと月の食費予算を抑えることができます。

大学生の門限は平均23時!?女子大生の帰宅事情と門限をなくす方法

奨学金を受けている大学生の割合は37%!奨学金の種類と貸与のリスクも解説

こちらの記事もおすすめ!