TAZUNA

学都「金沢」を代表する学生団体特集!|後悔したくない大学生へ

大学1,2年生のみなさんは、バイトやサークル、飲み会、ゼミ活動など、様々な環境で今までにない経験をされていると思います。

「ただ、大学生活に慣れてきて、変わりばえのない生活に退屈さを感じている学生も中にはいるのではないでしょうか?」

毎日講義に出て、バイトに行って、友達と遊んで1日が終わるのが、言わば大学生活のテンプレ。退屈さを感じない方がおかしいですよね。

そこでこの記事では、学生が多い学都・金沢で活動する学生団体をご紹介します。

大学やバイト先とは違ったコミュニティーに属することで、大学生活はより充実したものになります。

特に学生団体は、就活に役立つ点でもオススメのコミュニティーです。

 

この記事を読んでほしい学生
  • 大学生活が暇に感じてきた学生
  • 高い学費を払っているため、何か行動したいと考えている学生
  • 就活に有利になる活動を探している学生
  • 大学生活を楽しみきれていない学生

 

Contents

金沢の大学生が学生団体に所属するメリットは3つ

学生団体に所属するメリット

大学以外のコミュニティーの中で学生団体をオススメする理由は、大きく分けて3つあります。

結論を先に申し上げると、「学生のうちにしかできない経験からあなたを成長させる」からです。

せっかくご家族に高額な学費を払っていただいているのに、高校時代と何も変わらずに卒業するのはあまりにもったいないですよね。

以下の3つのメリットを意識して、是非行動に移してみてください。大学生活は小さな一歩で大きな影響を人生に与えてくれます。

 

  1. 学生の時にしかできない経験ができる
  2. 高め合い、楽しみ会える仲間が多くできる
  3. 就職活動に有利に働く

 

学生団体に所属するメリット ①大学ではできない多様な経験ができる

学生団体に所属する最大のメリットは、学生のうちに多くの経験ができること。

そもそも、学生団体はどのようなコミュニティなのか知らない学生がいると思うので、簡単にご説明します。

 

学生団体とは…

大学生同士が協力し、それぞれの団体の理念に基づいて、地域や社会問題の解決・イベント運営・製作などを行う団体。

学生のうちからビジネススキルを学べる環境として、需要が高まっている。

他大学の学生や社会人の方との交流も可能。

 

つまり、「団体活動を通して、社会に出る前に挑戦ができるコミュニティ」と捉えてもらってよいでしょう。

ただ、いつも意識が高い活動ばかりを行なっているわけではありません。

 

確かに営業やミーティングなどが団体活動の大半を占めますし、ビジネス経験ができるのが学生団体の魅力です。

ですが、団体メンバーとお酒を飲んだり、遊びに行ったり、他団体の人と交流したりなど、団体活動に関係のない活動も、これからの人生で活きてきます。

皆さんご存知かと思いますが、社会で重要なのは他者との関わり。

学生団体は、他者と関わる機会が非常に多いため、大学生活に不満を感じている学生にはぜひ所属してほしいコミュニティです。

 

オススメの大学生活

コミュニティ(学生団体)に所属し、経験の数を増やす!

 

学生団体に所属するメリット ②高め合い、楽しみ合える仲間ができる

高め合い、楽しみ合える仲間が多くできる

ゼミやサークル、バイト先など、大学生活では多様な人種の人と出会う機会があります。

そんな中でも掛け替えのない存在が「仲間」です。

時に笑い合い、時に高め合う。そんな存在が理想ではないでしょうか?

学生団体では、そのような存在に出会うことができます。なぜなら、団体の理念・活動内容に共感した人たちが集う場だからです。

自然と価値観が似た人たちが集まっているので、活動を通してすぐ仲間になれるでしょう。

人は一人で生きていけないとよく言われますがそれは本当で、一緒に喜び合えたり、辛い時に支え合える存在がいるということは、人生の幸せを形作る上で大切なポイントです。

学生のうちは多くの人と触れ合い、価値観を高めつつ、心から信頼できる仲間を作るのをオススメします。

 

オススメの大学生活

笑い、泣き、高め会える仲間を多く作る!

 

学生団体に所属するメリット ③就職活動に有利に働く

「進学したのは、就活に有利になるから」と答える学生が多いですよね。

ただ、学生時代に何も行動を起こさないと、就活に有利になることはあっても就職後に苦労するケースがあります。

その点、学生団体に所属して行動を起こせれば、就活にも就職後にも有利に働きます。

 

学生団体で身につけられるスキル
  • 営業力
  • ファシリテーション力
  • プレゼン力
  • デザイン力
  • コミュニケーション力
  • 企画力
  • マーケティング力

 

現在はコミュニティが多様化し、行動を起こす学生が増えてきたとはいえ、ビジネス経験がある学生はまだまだ少数。

団体に所属して何かを成し遂げた経験も、就活で軽視されるものではありません。

 

オススメの大学生活

ちょっとだけ意識の高い行動を心がけてみる!

 

【成長志向の学生必見】金沢の学生団体を徹底解説!

大学が多く点在し、他の地域よりも学生の占める人口が大きい金沢は「学都・金沢」を言われています。

そんな学生が活気づいている金沢で活動している学生団体をご紹介します。

少しでも学生団体に興味がある学生は、各団体の情報にゆっくり目を通してみてください。

 

子どもと一緒に自然を楽しむ!【学生ノートック】

学生ノートテック

活動内容

学生ノートックは、子どもと一緒にキャンプなどで自然を楽しむ活動をしています。

子ども達に楽しんでもらうために、学生が企画から広報、運営まで全てを行います。

世代が違う小さな子ども達をターゲットにした企画や運営は難しい部分もありますが、メンバーが楽しみながらも思考を重ねてミーティングを行なっていくので、大学1,2年生の方も楽しく参加できますよ。

学生ノートックの活動内容

ノートックは「NO 得」から名付けられたものです。利益を考えず、ただ子ども達に夏の思い出を提供したいという思いを持ちながら活動しています。

 

活動頻度:週に一回
活動内容:キャンプの詳細決め
(日数・募集人数・対象など班に別れて決める)
キャンプ内容
お化け屋敷・キャンプファイヤー・オリエンテーリングなど
特徴:キャンプ中は敬語を使わずタメ口を意識!

 

学生ノートックに入ったキッカケ

【金沢工業大学2年 廣瀬由和さん】
入学式の後、サークルやプロジェクトの説明会がありました。そこでノートックが一番楽しそうで惹かれました!

僕はもともと企画作りがやってみたかったんです。子どもたちとも遊ぶこともできて、自分のやりたいことができると感じました。

その後、説明会や新入生歓迎会に行ってやはり楽しかったのでノートックに入りました!

 

メンバー構成

金沢工業大学、石川県立大学の学生で構成。

2年生から4年生までで人数は40人。新入生を入れると50人になる予定。

学生団体の中では、所属人数が多い部類です。

 

代表からのメッセージ

ノートックは子どもたちと触れ合ったり遊んだりできることところが魅力です。しかしノートックの魅力はそれだけではなく、キャンプの計画を練るなど、企画作りもできます。子どもが好きな人はもちろん、企画を作ってみたいという人も、ノートックへの参加お待ちしています!!

 

こんな学生にオススメ!
  • 子供と触れ合いたい学生
  • 企画・運営を経験したい学生
  • 自然の中での活動が好きな学生

 

詳しい活動内容・学生ノーテックの魅力はこちらから↓

【取材】子どもたちの記憶に残るキャンプ作りを『学生ノートック』こんにちは!ほっしーです! 今回は、子供たちを対象にキャンプなどの自然体験活動を行っている「学生ノートック」さんを取材させていただ...

 

 

アートで地方創生を!【DK art café】

DK art cafe

活動内容

デジタル掛け軸を世界初・唯一常設で店内空間へ投影しているお店の運営を行なっています。

観光客の方がターゲットで、金沢百万石ビールや金澤ジェラートなど、石川の食を提供。

企業と協力して開発した商品の「とり野菜みそカレー」も絶品ですよ。デジタル掛け軸を投影した写真映えする店内が特徴的で、若い客層も目立ちます。

お店の運営・商品の開発・イベント運営など、多岐に渡って活動しているため、活動から得られる経験値は計り知れないものがあります。

 

設立のキッカケ

DK art cafeのデジタル掛け軸

お客さんが減っている竪町商店街を盛り上げようということでスタートしました。

地域の人とお酒を飲んだり食を楽しめる空間が欲しい!ということで空き家をカフェに。

DK art cafeの特徴である「デジタル掛け軸」は、石川県小松市出身の世界的に有名な長谷川章さんの作品。

長谷川さんとお会いする機会があり、「今竪町にカフェを作って商店街を盛り上げようとしてるんですけど、自分たちのお店にデジタル掛け軸投影させてもらえませんか」とお願いし、実現しました。

 

メンバー構成

金沢工業大学のみで運営。人数は68人。

経営情報学科の学生がもっとも多く、次にアート建築デザイン学科の学生が多く占める。

 

代表からのメッセージ

実際店舗を持ってビジネスをしながら地方創生に取り組める活動は大学生ではあまりできない経験だと思うので、メンバ0で一致団結し、若い力で街を元気にしていきたいと思います!

 

こんな学生にオススメ!
  • お店の運営を経験したい学生
  • アート・カフェに関心がある学生
  • 地方創生に興味がある学生

 

詳しいDK art cafe の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】デジタル掛け軸で地方創生を目指す『DK art cafe』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです! 今回は、タテマチストリートでカフェを運営する「DK art café」さ...

 

 

やりたいことをとことんやり抜く!【g.rappa】

g.rappa

活動内容

g.rappaの活動内容

g.rappaは「いつかやりたかったことを今やろう」をモットーにしています。

金沢の学生に向けて、イベントを企画・運営しており、過去には無人島キャンプやスポーツ大会、結婚式場パーティなどがあります。

毎年数多くのイベントを時期を問わず開催しているので、一度イベントに参加してみて、空気感を感じてから団体に所属するか検討してみると良いかもしれませんね。

 

【g.rappaのコンセプト】

grow up(成長)/greed(貪欲)/generate(創出)/gakusei(学生)

 

設立のキッカケ

g.rappaは2010年に設立されて、今年で9年目。

g,rappaの前身の団体の「草食学生を肉食学生に変えよう!」という想いからスタート。最初は恋愛系のイベントが多く、徐々に多様なイベントをするようになっていきました。

過去イベント:結婚式場を貸し切ったパーティ・ひがし茶屋街での出会い系のイベント

 

メンバー構成

金沢工業大学2人、星稜大学2人、金沢学院大学1人で構成。

いろんな人間性を持った学生が所属しているため、個性あふれる面白い団体です。

 

代表からのメッセージ

とりあえず何かに興味を持ったら、見学に行くなり話を聞くなり自分から行動することが大切です。友達に誘われたからイベントに行ったり、団体に入ったりするのじゃなくて、自分の意志でやりたいと思ったことをやってください。

 

こんな学生にオススメ!
  • 団体活動を楽しみたい学生
  • イベントの企画・運営を行いたい学生
  • 大学生活を思いっきり充実させたい学生

 

詳しいg.rappa の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】みんなの「いつかやってみたい!」を現実化する『g.rappa』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、みんなが「いつかやってみたい!」と思う、わくわくするイベントを現...

 

 

 

フェアトレードを推進!【KuLOs】

KuLOs

活動内容

イベントでフェアトレードの商品販売が主な活動。

フェアトレードの服や雑貨を販売しているお店から商品を借りて委託販売をしています。他にもメンバーで商品についての勉強会などを開催。

基本的には、国際交流祭りや県民フェスタ、金大祭などに出店しています。

また、今後はフリーペーパーを作る予定。

フェアトレードの商品はもちろん、それ以外にももっと身近に買える、人や地球にやさしい商品を紹介する図鑑のようなものを作ろうと考えています。

 

KuLOsに入ったキッカケ

【KuLOs代表 羽地夕夏さん】

何か国際系のサークルに入りたいと思っていて、フェアトレードという単語に惹かれてKuLOsに入りました。

フェアトレードに深い興味はありませんでしたが、所属して単純にフェアトレードに関する知識は増えましたね。

 

また、KuLOsの活動をしていく中で、「フェアトレードのすべてがいいものではない」と思うようになりました。

フェアトレードだからいい、じゃなくて、その中の人たちがどんなことを考えているのかにもっと目を向けていきたいですね。

 

メンバー構成

金沢大学の2~4年生で構成。人数は20人ほど。

KuLOsは金沢大学国際学類の公認サークルですが、国際学類以外のメンバーも多くいます。

 

代表からのメッセージ

団体に入るときは、自分のステップアップのためにやるのもいいけど、やはり単純に楽しそうなことをやるのがいいんじゃないかと思います。私にとってフェアトレードは、社会の裏側を見ることができるものでもあります。それが、私の好奇心を掻き立てるから好きなんです。
団体の中核をなす活動に対して興味があれば、あとは何でもできると思います!

 

こんな学生にオススメ!
  • フェアトレードに関心がある学生
  • 国際的な活動をしてみたい学生
  • お店の出店を経験してみたい学生

 

詳しいKuLOs の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】買い物にフェアトレードという選択肢を『KuLOs』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、金沢大学を拠点にフェアトレード推進活動推している「KuLOs(ク...

 

 

 

途上国へ教育支援を!【STUDY FOR TWO】

STUDY FOR TWO

活動内容

STUDY FOR TWOは、 大学生から使い終えた教科書を回収し、その教科書を安価で再販売しています。そこで得た収益で途上国の子どもたちへの教育支援を行っています。

主な活動は、教科書の回収と販売の2つ。

ビラを配りやSNSで広報をして教科書の寄付を募ります。

鉛筆や消しゴムなど勉強に必要なものを寄付したり、過去には学校を建てたことも。また、識字プログラムの資金に利用されたりもしています。

 

設立のキッカケ

2010年に当時の早稲田大学生が創設。その活動が全国の大学に広まり現在に至ります。

金沢大学支部が出来たのは2013年。以前は細々と活動していたのですが、去年の夏合宿に参加した時に他の大学のメンバーから刺激を受け、活発的に活動するようになりました。

 

メンバー構成

北は北海道から、南は熊本まで、全国的に活動している団体。

北陸は金沢大学のみ参加しています。詳しくはHPをご覧ください。

 

代表からのメッセージ

SFTの活動は自分の将来や普段の生活にとってプラスでしかないと思っています。SFTに入り、自分自身大きく成長することが出来ました。SFTは自分を成長させるのにとてもいい環境だと思うので、「自分を高めたい!」と思う人は是非SFTに来て下さい!そうでなくて単純に「新しいことを始めたい」という理由でも、私みたいにSFTが自分に合っている人もいると思います。

 

こんな学生にオススメ!
  • 途上国支援を行いたい学生
  • 全国的な学生団体で商品販売を経験したい学生
  • 新しいことに挑戦したい学生

 

詳しいSTUDY FOR TWO の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】学生も途上国の子どもたちも嬉しい、新しい教育支援を『STUDY FOR TWO』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、一風変わったシステムで途上国への教育支援を行う「STUDY FO...

 

 

 

海外ボランティアで自己成長!【NPO法人CFFジャパン】

CFF

活動内容

CFF活動内容

CFFは、春と夏にミャンマー・フィリピン・マレーシアの3か国で海外ボランティアプログラムを行っている団体です。

現地のこどもたちへのボランティアを通して、参加者自身の成長も目指しています。

「現地のこどもたちへの支援」と「青少年育成」2つの軸で活動。今年の夏は「スタディツアー」と「ワークキャンプ」を開催します。

スタディツアーでは、スラムや現地の小学校、不法移民の集落など毎日いろいろな場所を訪問します。

そこで様々な状況に置かれている人たちに出会い、現地の方々と話すことができます。

 

CFF参加のキッカケ

【金沢大学3年 青木麻美さん】

最初に参加したのは高校2年生の春。丁度日程も合ったし、面白そうだったのでネタ作りみたいな感じで行きました。

都市部からかなり離れた、海の見える丘の上に子どもの家に行きました。すごく時間の流れがゆっくりしているんです。「何で自分こんなに急いでいるんだろう、別に急がなくてもいいな」って、すごく救われました。

こう自分の考えが変わったのは、やはり現地のこどもたちの存在も大きかったです。

 

参加メンバー構成

8割が大学生で、残りが高校生、社会人。

中学生も参加することがあり、幅広い年齢層と関われます、

 

リーダー経験者からのメッセージ

自分がやりたいなとか、面白そうだなと思うことを、ノリでやっちゃえばいいと思います。考えって後から付いてくるものですから。とにかく動くことを大切にしてください!

 

こんな学生にオススメ!
  • 海外でボランティア経験をしたい学生
  • 子ども達と触れ合いたい学生
  • 海外で自分を高めたい学生

 

詳しいCFFの活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】途上国ボランティアで自分も成長させよう『CFF』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、ミャンマー、フィリピン、マレーシアの3か国で海外ボランティアを実...

 

 

 

よさこいで熱くなれ!【金沢大学よさこいサークル彩】

金沢大学よさこいサークル彩

活動内容

彩の活動内容

県内外のよさこい大会や、地域のイベントなどに参加し、よさこいの楽しさを伝えるため日々活動しています。2018年の本祭では大賞を受賞。

平日の2回、土日に1回の週3回、県内外のよさこい大会に向けて日々練習をしています。

また、地元の公民館や小学校、福祉施設、地域のお祭りのイベントに呼んでいただき、ボランティアでよさこいの演舞もしています。

 

 

彩に入ったキッカケ

【金沢大学2年 多田小夏さん】

私は、新歓期の図書館前演舞を見て入りました。演舞前に、彩の先輩方が一番前のド真ん中の席で見るように勧めてくれて。

演舞の迫力がすごいし、1人ひとりが笑顔で生き生きしていてほんとに感動しました。その時に「もう絶対彩入る!」って決めましたね。

 

メンバー構成

普段中心的に活動しているのは12年生である9代目と10代目で、60人ほどです。

ただ、夏の大会ごとに先輩方が活動に戻ってきてくださるので、先輩方も合わせると150人くらいですね。

 

代表からのメッセージ

世代を超えた仲間たちと一緒に一つのものを作り上げていくというのは、1人で何かをやり遂げるよりも大変です。その分、メンバーみんなで1つになって、同じ目標に向かって努力して、それを達成できた時、1人の時では得難い達成感や感動、メンバーとの絆、メンバーへの感謝といったさまざまなものが得られると思います。是非、様々なことに挑戦できる学生の間に一度、一つのものを作り上げるという経験をして欲しいです。

 

こんな学生にオススメ!
  • 暑いよさこいで青春したい学生
  • 身体を動かすのが好きな学生
  • 大人数の団体で活動したい学生

 

詳しい彩の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】よりよい演舞を目指し、青春を懸ける『金沢大学よさこいサークル彩』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、金沢大学よさこいサークル“彩-IRODORI-”さんにお話を伺い...

 

 

 

バングラデシュに笑顔を!【dot.U】

dot.U

活動内容

dot.Uの活動内容

dot.Uは、バングラデシュの子どもたちへ教育支援を行っている団体です。

毎夏スタディツアーとして1週間バングラデシュへ訪問しており、日本の小学校でも「出前授業」も行い、子どもたちにバングラデシュの現状について伝えています。

「職業図鑑」という子供たち向けの職業紹介の本の配布、紙芝居、運動会を通して子どもたちと交流しています。

「dot」と「. (ピリオド)」で点が2つあって、その下に「U」を付けるとニコちゃんマークにな理、日本とバングラデシュの点と点を繋いで子どもたちの笑顔を作ろう、という想いが込められています。

今後の活動として、職業図鑑をデータ化を考えています。

 

設立のキッカケ

バングラデシュでストリートチルドレンの支援をしているエクマットラという団体の創設者・渡辺大樹さんは金沢大学の卒業生。

渡辺さんの講演会の話を聞いていた学生が、渡辺さんの考えに共鳴し、子どもの教育支援をしたいということでこのサークルが作られました。

 

メンバー構成

金沢大学生の1年生から3年生までで活動。国際学類公認サークルということもあり、国際学類のメンバーが多い。

 

代表からのメッセージ

dot.Uは、発展途上国や国際協力に興味がある人を募集しています。バングラデシュは、治安がよくなかったりとマイナスな印象もありますが、はまる人ははまる、すごく活気あふれたところです。バングラデシュに行きたいなと思ったら、是非連絡してください!

 

こんな学生にオススメ!
  • バングラデシュに関心がある学生
  • 海外支援に興味がある学生
  • 子ども達と触れ合いたい学生

 

詳しいdot.Uの活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】日本とバングラデシュを笑顔でつなぐ『dot.U』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、バングラデシュへの子どもたちへの教育支援を行っている「dot.U...

 

 

 

學都の再興へ!【金沢まちづくり学生会議】

金沢まちづくり学生会議

活動内容

学生会議の活動内容

金沢まちづくり学生会議は、金沢市役所の市民協働推進課と協力し、まちなかに沢山の学生を呼び込むことで「學都再興」を目指している学生団体

現在は「まつりプロジェクト」、「金沢新発見プロジェクト」、「町家プロジェクト」の3つの軸で、金沢を盛り上げるために活動しています。

 

また、「OPENCITY in KANAZAWA」という新入生を対象とした金沢のツアーイベントなども行っています。

10月には木倉町広場で「まちなか学生まつり」というイベントが開催されます。

企画から運営、当日のステージイベントの依頼まで、金沢まちづくり学生会議が完全主催で行います。

 

設立のキッカケ

昔は色んな大学が郊外に出てしまったことによって、まちなかに学生が少なくなってしまいました。

そこで、もう1度学生をまちなかに呼び返そうということで条例が制定されました。

「学生をまちなかに呼び戻すのは大人よりも学生向いてる」という意見から、この団体が作られました。

 

メンバー構成

金沢大学、金沢工業大学、星稜大学、金沢学院大学、県立看護大学、石川県立大学と、県内の多くの大学に通う学生が所属。

参加学校数で言えばおそらくトップでしょう。

 

代表からのメッセージ

大学生活、長いようで短いです。何か活動したいという気持ちがあるのであれば、それをするために何が必要なのかを考えるだけでも、やってみるといいと思います。それを実行できるのであれば尚いいですし。やりたいことがあるのであれば、やってしまえばいいと思います。

 

こんな学生にオススメ!
  • イベントの企画・運営を経験したい学生
  • 様々な大学の学生と交流したい学生
  • まちづくりや楽しいことをしたい学生

 

詳しい金沢まちづくり学生会議の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】学生目線の意見で金沢をもう1度學都に『金沢まちづくり学生会議』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、金沢の中心市街地の活性化に取り組む「金沢まちづくり学生会議」さん...

 

 

 

金沢の伝統・可愛いを発信!【かなざわ娘】

かなざわ娘

活動内容

かなざわ娘の活動内容

かなざわ娘は、石川県の伝統文化の魅力をSNS(FacebookTwitterInstagram)で発信している団体。

活動内容は、地元の企業さんと一緒に商品開発を行なっています。
去年ですは九谷焼のヘアゴムや加賀友禅の靴紐を作成。石川県内のお土産屋さんにも置かせてもらってます。

 

設立のキッカケ

慶應義塾大学と金沢市の連携プロジェクトから始まり、そこから派生して継続的なプロジェクトとして動き始めたのがかなざわ娘です。

 

メンバー構成

金沢大学、金沢学院大学、星稜大学、など幅広い大学からメンバーが集まっています。

全員で9人。2年生主体のチームとなっています。

 

代表からのメッセージ

かなざわ娘を通してたくさんの地域の方や学生と繋がることができました。みなさんも今あるご縁を大事にして、周りへの感謝を忘れずに自分のやりたいことをやったらいいと思います!

学生団体は、学生のやる気で成り立っていると思っています。熱中してできることや自分が惹かれるものをまずやってみることをお勧めします。

 

こんな学生にオススメ!
  • 企業と一緒に商品開発を行いたい学生
  • 伝統工芸に関心がある学生
  • 多くの方と協力して活動したい学生

 

詳しいかなざわ娘の活動内容・魅力はこちらから↓

 

 

 

石川の魅力を伝えるメディア作成!【地域学生メディアつづみ】

つづみ

活動内容

つづみの活動内容

情報発信を通して、地域活性化に貢献することを理念として活動。

つづみは金沢大学地域創造学類の公認サークルでもあり、地域の発展を促す活動もしています。

現在では、フリーペーパー“Twinkle”を通して、学生向けに石川の情報を発信しています。石川に関するいろんなものを載せており、石川の地サイダ―など、食に関することも載せています。

その他、ドライブ企画などメンバーも楽しみつつ、魅力を多くの人に知ってもらい、その場に行ってもらうことで地域活性に繋がると考えています。

 

設立のキッカケ

創設者が“情報発信の活動がやりたい”ということでこの団体を立ち上げました。

初代メンバーがフリーペーパーを媒体にしたらどうかという提案があり、それがキッカケでスタート。

 

メンバー構成

金沢大学と金沢美術工芸大学に所属するメンバーから構成されています。人数は30人ほど。

 

前代表からのメッセージ

ぜひ、僕たちのフリーペーパー“Twinkle”を見つけたら手に取って読んでみて下さい!またメンバーも随時募集中です!石川の団体で取材ができ、またフリーペーパーを作れるのはつづみだけです。実際に自分たちで地域の人に取材に行って生の声が聞けるのもつづみの魅力の一つだと思います!

 

こんな学生にオススメ!
  • 営業やデザインなどビジネス経験を積みたい学生
  • フリーマガジンを作成してみたい学生
  • 地域活性化に貢献したい人

 

詳しいつづみの活動内容・魅力はこちらから↓

 

 

「歴コン」を運営する希少な団体!【SNOU】

SNOU

活動内容

SNOUの活動内容

「歴史的空間再編コンペティション」、通称“歴コン”の企画・運営をしています。歴コンは、全国に存在する“歴史的空間の再編”をテーマとする設計作品を対象に競い合う大会です。

具体的には、一年を通してコンペのための協賛金を集め、建築家の方に大会の審査への打診、前夜祭の企画などです。

活動班は3つに分かれ、ポスターやチラシのデザイン、ホームページなどの管理を行うデザイナー班、コンペを盛り上げる前夜祭の企画などを行うプランナー班、参加者・審査員との連絡や協賛企業への訪問を行うマネージャー班があります。

 

設立のキッカケ

歴コンの開催に伴って、金沢工業大学の先生からコンペの企画・運営を工大生に依頼したのがきっかけ。団体は2012年に発足し、歴コンもSNOUの活動も今年で7年目になります。

 

メンバー構成

主に金沢工業大学で、今年度はメンバー全員で72名。その内9割が金沢工業大学です。工大生の中でも建築家やデザイン科に所属している人が多い。

 

代表からのメッセージ

SNOUの活動内容が歴コンの運営ということで、建築生が多いイメージですが、ホームページの作成やカメラマンなど様々な分野に活動を行う団体なので、いろいろな人に興味をもって欲しいです。また、SNOUは大人と関わる硬いイメージだけど、スイッチのオンオフがしっかりしていて、勉強にもなるし楽しい団体です。是非私たちの活動を見に来てもらって、SNOUに入ってもらえたら嬉しいです。

 

こんな学生にオススメ!
  • 建築やデザインに関心がある学生
  • 多くの団体や人たちと1つのものを作り上げたい学生
  • 新しいことに挑戦してみたい学生

 

詳しいSNOUの活動内容・魅力はこちらから↓

 

 

 

能登を農業と日本酒で盛り上げる!【N−project】

N−project

活動内容

N-projectの活動内容

N-projectは学生だけで日本酒を作っています。
5月頃に田植えをしに志賀町に行き、9月には稲刈り、10月には、能登を知ってもらうためにイベント開いてます。

10月から12月にかけてかずま酒造さんや坂倉の人と仕込み作業や・味極めをして瓶詰め、出荷まで行います。

イベントは、能登で活躍する大人をゲストとして招き金沢にてワークショップ型イベントを開催しています。

 

設立のキッカケ

数馬酒造株式会社株式会社ゆめうららの社長の2人が能登の出身の幼馴染で、”学生を巻き込んで能登を盛り上げたい”っていう話がでたのがきっかけです。

その2人が相談した相手が株式会社ガクトラボの仁志出さん。
仁志出さんから当時、声がかかって舵を切ったのが初代代表の又木さんです。団体はそれから5年目となります。

 

メンバー構成

金沢美術大学の学生が多く、19名の学生で成り立ってます。

 

代表からのメッセージ

能登は、遠いけど楽しいところがたくさんあります。楽しさを知るのは、実際に体験することだと私は思っています。”学生団体は3年で潰れる”と言われていますが、やっと私たちの団体は日本酒を作るという過程を学び、毎年企業さんとコラボすることができています。団体メンバーも募集してます、石川県以外も大歓迎です!!

 

こんな学生にオススメ!
  • 商品の企画・販売を経験したい学生
  • 能登に関心がある学生
  • ビジネススキルを身に付けたい学生

 

詳しいN-projectの活動内容・魅力はこちらから↓

 

 

 

医療系学生の活性化へ!【IFMSA-Japan 北陸地域】

IFMSA

活動内容

IFMSAの活動内容

IFMSAは、「幅広い視野を持った医療人を育成し、より良い社会を目指すこと」を理念に、様々なプロジェクトやワークショップを運営しています。

Think Globally, Act Locally」という目標を掲げており、大きな社会的な問題を、自分たちの身近な生活に落とし込んで考えることを大切にしています。

活動としては、日本中の学生が集まって運営している全国規模のイベントと、地域ごとにやっているイベントの2つがあります。

現在北陸地域では、地域で開催するイベントを企画したり、全国でやっているイベントを紹介したりしています。

 

設立のキッカケ

IFMSAは、第二次世界大戦後にヨーロッパで設立された団体。1960年代に日本もそこに加盟しました。

2000年に制度が一新して、活動をより活発化するために地域ごとに活動が細分化され、今僕たちはIFMSA-Japanの北陸地域として活動しています。

 

メンバー構成

富山大学7人、金沢大学1人、金沢医科大学3人、福井大学1人の計12人。

 IFMSAには個人会員などもあります。スタッフではないけど、個人会員登録のみしているという人たちは北陸に25人ほどいます。

 

北陸地域担当官からのメッセージ

学生は、もっと自分のことを表現したらいいんじゃないかなと思います。ぼんやりでも自分のやりたいことを持っている人、今いるコミュニティに窮屈感を感じている人、はっきりとした夢を持っていない人は、頑張って1歩を踏み出してみてください。きっとその1歩を踏み出したら世界が広がると思います。

 

こんな学生にオススメ!
  • 医療系、また医療系に興味がある学生
  • 全国の学生と繋がりたい学生
  • 新しく1歩を踏み出したい学生

 

詳しいIFMSA-Japan 北陸地域の活動内容・魅力はこちらから↓

【取材】北陸に夢を語る医療学生を『IFMSA-Japan 北陸地域』こんにちは、TAZUNA学生取材ライターのほっしーです。 今回は、北陸地域の医療系学生の活発化を目指す「IFMSA-Japan 北...

 

 

金沢で学生団体に所属し、大学生活に革命を起こそう!

学生団体に所属して革命を起こそう

金沢に関わりのある学生団体は数多くあります。

ビジネス経験を積めるものから、ただ自分たちが思うがままに楽しみたい!と考えている団体までテイストは幅広いです。

あなたにマッチする学生団体が必ずあります。勇気を出して一歩進むだけで、大学生活は180度変わります。

出会った人、失敗した回数、起こした行動の数だけ、あなたは何倍にも成長するでしょう。

ぜひご紹介した学生団体をチェックしてみてください!

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...
こちらの記事もおすすめ!