就職活動

【就活したくない大学生必見!】就活との向き合い方と就職以外の選択肢を紹介!

「働きたくないし、就活したくない、、、」

「将来やりたいことも見つからないし企業に入りたくない・・・」

「毎日会社に出社して消耗する毎日を送るのが嫌だ!」

と思っている学生も少ないくないはずです。

今回は、就活したくない学生に向けて、就活との向き合い方、就職以外の選択肢についてもお伝えしていきます。

たけち
たけち
実際に僕が新卒で入った会社を10ヶ月で辞めてフリーランスとして活動しているので、実体験を踏まえながらお伝えしていきます!
【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

Contents

「就活したくない」と思ったことがある人は7割

実際に就活を経験して、社会人1~5年目を迎えた先輩の約7割が「もう就活なんてしたくない!」と思ったことがあると答えたそうです。

なので、みんな「就活したくない」と思っているということです。自分1人だけではないので安心してください。

たけち
たけち
僕自身も就活はほとんどしておらず、逆求人などを利用して、企業からオファーが来るサイトを使いながら上手く免れていました。笑

逆求人型の就活?今日からあなたの就活が変わる!キミスカの利点、有効性をご紹介

 

就活と就職したくない学生の真相を解説

本項では、就活と就職したくない学生の真相を解説します。結論、”就活”したくないパターンと”就職”したくないパターンの二つに分かれると思っています。

就職したいけど就活がやりたくないという学生もいるということです。

“就職”したくないパターン

“就職”したくないパターンとしては、下記の5つの理由が挙げられます。

  1. やりたいことが見つからない
  2. 働くことに対してのイメージが悪い
  3. 働く意欲がわかない
  4. 会社に入りたくない
  5. 正社員・肩書きに興味がない

 

やりたいことが見つからない

自分自身の将来ややりたいことがわからないという学生がとても多いです。やりたいことが見つからないから会社に入ろうという意志も落ちています。

ただ、やりたいことが見つからないのは自分の知識が狭く、様々な経験をしていないからorやりたいことはあるが深掘りできていないからだと思っています。仕事のやりがいや選択肢を全く知らない状態で就活をしているケースがあります。

 

キャリアチケットは、他の就活サイトよりも親切にエージェントが面談してくれるので、一度相談してみると良いです。

2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査この記事では、キャリアチケットのリアルな口コミや体験談、キャリアチケットだからこそのメリットをご紹介します。 その中で、デメリット...

 

働くことに対してのイメージが悪い

働くことに対してのイメージが悪い印象を持っている学生が多いです。テレビやニュースで過労死の問題が取り上げられ、社会人は自由な時間がなく、仕事は辛いものだというイメージを学生が持ってしまっています。

仕事の楽しさやワクワクする部分に目を向けてみると印象がガラッと変わるかもしれません。

 

働く意欲がわかない

「そもそも働きたくない!」「家でずっとゴロゴロしてたい!」と思う学生もいると思います。自分もそんなことを思っていました。

働くことに対して、「きつい、めんどくさい、人付き合いが嫌だ、楽したい」と思ってしまう学生も少なくありません。

 

会社に入りたくない

「会社以外で働きたい!」「誰かに指図された環境は嫌だ!」と思う学生もいます。自分の意思決定権があまりない会社だと会社に入りたくないと思ってしまうそうです。

大学生が起業に挑戦するべき理由は7つのメリットから!成功ポイント・簡単なスモールビジネスも紹介!「流行りの学生起業は、実際どうなの?儲かるの?」 「学生起業で成功するポイントが知りたい!」 「起業に興味はあるけど、 具体...

 

正社員・肩書きに興味がない

正社員・肩書きに興味がないので、学生時代にアルバイトである程度の地位まで上り詰めると正社員と給料があまり変わらない現実をみてしまいます。

アルバイトという自由な立場・環境で働けた方がノビノビ働けると思う学生もいます。ただ、生涯で見るとかなりの年収の差が出てきます。

 

“就活”したくないパターン

“就活”したくないパターンとしては、下記の5つの理由が挙げられます。

  1. 就活が疲れるし面倒くさい
  2. 自分の希望に合う企業が見つからない
  3. 就活がくだらなく感じる
  4. 就活に一歩踏み出せない
  5. 就活中だが不採用ばかりでしたくない

 

就活が疲れる

「就活は時間がかかるから面倒くさい!」と思う学生が多いようです。確かにWebテストやエントリーシート、面接、自己分析などやることが多すぎるということから足踏みする学生がいます。

ESの時間短縮は、就活ノートがオススメです。業界研究、企業研究、通過エントリーシート実例、リアルな選考情報・体験談、エントリーシートの書き方、Webテスト対策、就活の心得・マナーなどが学べます。

 

【登録はこちら!】

就活ノート 公式サイト

 

自分の希望に合う企業が見つからない

業界や職種の幅を狭めてしまい、八方ふさがりになっている学生もいたりします。自分の希望に合う企業と出会うのは至難の技です。

いかに効率よく素敵な企業とマッチングするかどうかが就活です。様々な就活サイトがありますが、digmeeなら、LINEで就活情報を配信してくれて、気になる悩みを解決しつつ、自分にあった就活スタイルで無駄なくスムーズに就活をスタートさせることができます!

 

【登録はこちら!】

【digmee】公式サイト

 

就活がくだらなく感じる

面接ではみんなが同じリクルートスーツを着て、面接官に自分を大きく見せるための自己PRをする、面接官との相性で合否が決まるという就活のシステム自体を違和感に感じる学生もいます。

普通の就活をしたくない学生は、JobSpringキミスカなどを利用してみると変わった就活ができて楽しいかもしれません。

就活前にやるべきことは?失敗しないためにやるべきことを徹底解説「そろそろ就活始めないといけないけど、何から始めればいいんだろう?」 就活を意識し始めるけれど、実際になにから始めていけばいいのか...

 

就活に一歩踏み出せない

就職はしたいが就活が苦手だったり、自己評価の低さや劣等感から自信を失い、一歩踏み出せない学生もいます。

学生時代は大人と関わる機会も少なく、就活になって関わることとなる大人に身構えてしまうケースも少なくありません。

就活うつは7人に1人!5つの対処法と原因を徹底解説!【内定0でも問題ない】

就活中だが不採用ばかりでしたくない

就活で、不採用ばかりだと気持ちが落ち込んで続けようと思わないですよね。就活したくないと思うのも当然です。

就活がうまくいかない学生の特徴と落とし穴、対策を公開!「就活がなかなかうまくいかない、、、」 「正直就活をもうしたくないと思っている自分がいる・・・」 「自分に会う会社ってどこな...

 

就活したくない人が「今」するべきこと

本項では、就活したくないと感じた時の対処法と「今」あなたがすべきことについてお伝えしていきます。結論、下記の4つです。

  1. 社会人・先輩の話を聞きに行く
  2. 企業説明会に参加する
  3. 実際に企業でインターンで働いてみる
  4. 自己分析を徹底してやる

 

社会人・先輩の話を聞きに行く

OB訪問などを通じて、色々な社会人と会ってみることです。実際に働いている人に話を聞きにいってモチベーションを上げましょう。

具体的な仕事内容を聞いて、働く中での雰囲気ややりがいの生の声を聞けるのは貴重な機会です。

 

企業説明会に参加する

まず、気持ちを割り切って、少しずつ就活を始めてみることです。そしてできることなら企業説明会に参加しましょう。

個別の説明会だと一社一社回るのがめんどくさいと思うので、1日で10社以上と出会えるミーツカンパニー(MeetsCompany)に参加すると良いです。

ミーツカンパニー(MeetsCompany)は、株式会社DYMが運営する、今4人に1人が登録している就活マッチングサービスです。

新卒紹介実績No.1!就職マッチングサービス・ミーツカンパニーの実態を徹底調査。口コミや評判をご紹介現在、一般に超大手といわれている大企業に入社しても、その先の未来が確保されているとはいいきれない時代です。 「web上の情報に惑わ...

 

実際に企業でインターンで働いてみる

実際にインターンを通して企業の内部のことを知っておくことです。インターンで入れば良くも悪くも会社の売り上げや規模の表面部分だけではなく、内部のことまで知ることができます。

 

自己分析を徹底してやる

やりたいことが見つからないのは、自己分析不足or経験不足です。前者の場合は、自分で考えても拉致があかないので、転職エージェントに相談しましょう。

キャリアチケットJobSpringがオススメです。あなたの志望する企業に出会い、内定をもらうにはあなたに適した就活サイトに登録するのがもっとも効率的です。


2020年最新版|キャリアチケットの口コミは?メリットや体験談など徹底調査



JobSpringの評判は悪い?口コミ評判から体験談まで徹底調査!

 

就職以外の生き方を7つ紹介!

どうしても就活したくない…就活以外の選択肢ってあるの?」と思っている学生に向けて本項では、就職以外の生き方を7つ紹介します。

  1. 大学院への進学/留学に行く
  2. 休学・留年をして学生期間を延長
  3. フリーターになる
  4. 起業orフリーランス
  5. 就職浪人・既卒で就活
  6. 公務員・資格試験の勉強
  7. ニート

 

大学院への進学/留学に行く

大学院・専門学校へ進学するという選択肢です。メリットは、新卒”のまま就活できることです。デメリットは莫大なお金がかかることです。年間で100万〜150万ほどかかる場合もあります。

大学生が留学するメリットは?デメリットとオススメの国もご紹介! 《すぐ始められる留学おすすめランキング》 ▼当サイトから登録の多い留学サイト 【1位】世界32カ国から探せる語学留学...

 

休学・留年をして学生期間を延長

休学・留年を学生期間を延長するという意味ですることも可能です。最近は徐々に休学する学生が増えてきました。

休学する目的があった方がいいと言う意見もありますが、特になくても休学しながら見つけるということでも大丈夫です。

 

フリーターになる

アルバイトなどで生計を立てて、フリーターになるという選択肢もあります。ただ、フリーラーの生涯年収は正社員の約3分の1です。

また、社会的信用が得られにくいので長期的なキャリア形成・ライフプランは描きにくいです。

 

起業orフリーランス

自由だが厳しい選択だと思うわれているのが起業とフリーランスです。フリーランスは一人会社と呼ばれていて、営業、企画、納品、経理など全ての作業を自分で管理します。

最初のうちは全てを自分で管理するいわゆる1人企業なので、正直簡単なものではありません。しかし、本気であなたが何かビジネスをやりたいのであれば、挑戦する価値はあると思います。

【経験談!】大学生がフリーランスを目指す道筋を伝授!

就職浪人・既卒で就活

貴重な“新卒”の肩書が消えますが、大学を卒業して就活を続けることを就職浪人といいます。

既卒で就活をするため、企業面接の際になぜ就職浪人しているのかと聞かれる場合もあります。その際にしっかりとした返答ができるようにしておくと内定が出やすいです。

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に慣れる「DYM就職」か3万人の第二新卒・既卒者が利用する「いい就職プラザ」を利用してみると良いですよ。


公務員・資格試験の勉強

公務員や資格勉強に切り替えることも可能です。安定かどうかは置いておいて、一般企業から逃れられ、比較的働きやすい環境が整っているのが公務員です。

ただ、アルバイトなどに時間が取れず試験勉強を孤独にやることになるので、モチベーションを維持するのが難しいです。

 

ニート

最大の甘えですが、ニートという選択肢もあります。ただ、視野に入れるのはやめたほうが良いです。

大学に通うのに1年間で50万〜150万かかっています。親御さんが出してくれている方がほとんどですので、自分に投資してもらった分、リターンできるような行動をとりましょう。

希望の会社で内定が取れる、【ウズキャリ既卒】というサービスは内定率86%以上 ・入社後の定着率93%以上です。

就活を先延ばしにすることも視野に入れて大丈夫

「就活したくないからわざと留年した!」という声を聞きますが、悪いことではありません。自分に納得しないまま就活をして就職をすると不幸になるのは、他の誰でもないあなたです。

ただ、下記の3点を知った上で、就活を先延ばしするか否かを決めてみてください。

  1. 正社員を狙うなら新卒が断然有利
  2. 留年理由を聞かれることは少ない
  3. 就活したくないは甘えではない

 

正社員を狙うなら新卒が断然有利

正社員を狙うなら新卒が断然有利なことは間違い無いです。大学に残る場合は、多大なお金がかかるため、大学を卒業してアルバイトしながら就活しようと思う人もいると思います。

ただ、その場合アルバイトをしながらになるので就活に熱が入らなかったり、なかなか難しい現実が待っていいます。

 

留年理由を聞かれることはあまり無い

就活を先延ばしする場合して留年をした場合は、留年理由を聞かれることは少ないです。もちろん履歴書を見ればわかることですが、あまり追求しません。

もし聞かれても素直に理由を言えば、合否に影響することはほとんどないです。

 

就活したくないは甘えではない

就活は大変で時間もかかりますので、心身ともに疲れます。なので、就活したくないと思うことは悪いことではありません。

上手くいかない期間が続くと自暴自棄になったり、就活うつになる人もいるくらいです。なので、もし就活したくないと思ったら一休みしましょう。

就活うつは7人に1人!5つの対処法と原因を徹底解説!【内定0でも問題ない】

 

就活したくないあなたを前向きにする秘訣

就活したくないあなたを前向きにする秘訣を本項では、5つに絞ってお伝えしていきます。ただ、まずお伝えすべきことは就活は絶対に“今”すべきです。

  1. 「したくない」気持ちと向き合う
  2. なぜ就活をしたくないのかを深掘りする
  3. 「働かないと生きていけない」現実を受け止める
  4. 入社したい企業を見つける
  5. 相談できる人に相談する

 

「したくない」気持ちと向き合う

就活をしたくないと思っている方が大半です。だからこそ、自分だけではないことを認識することです。

そしてまずは、自分が就活したくない気持ちと向き合うことで気持ちの整理をしましょう。

 

なぜ就活をしたくないのかを深掘りする

就活をなぜしたくないのかを深掘りすることです。就活をしたくない理由は人それぞれです。就活が疲れるのか、自分の希望に合う企業が見つからないのか、、就活がくだらなく感じるのか、就活に一歩踏み出せないのか、就活中だが不採用ばかりでしたくないのか。

自分自身がなぜ就活したくないのかを深掘りして、対策すればきっと上手く行くはずです。

 

「働かないと生きていけない」現実を受け止める

人間は働かないと生きていけないことを認識することです。お金を稼ぐために仕事はしたくないと思いますが、食べていくためには働くことは必要です。

自分の好きなことや趣味でマネタイズできるのであれば、いいですがほとんどの人はできません。

 

入社したい企業を見つける

入社したい企業を全力で見つけることです。就活をしたくなかったら早めに終わらせるという選択肢もあります。

入社したい企業を見つけたら全力で対策をして、入社したい意志を伝えるようにしましょう。

就活がつらい!書類選考やGD、面接を上手く乗り越える方法と解決策大学進学と同時にほぼ避けて通れないのが「就職活動」ですが、就職活動に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 大半の方が、「...

 

相談できる人に相談する

就職したくなかったら相談できる人に相談してみることです。できれば、就職を経験した社会人に相談すると良いアドバイスをもらえます。

自分1人で抱え込んでいると視野が狭くなりがちです。自分の価値観を広げてくれるような大人に相談しましょう。

 

まとめ:自分が最も後悔しない道を選ぶことが大切

まず、就活したくない就活生はなぜ就活したくないのかの「理由」を知り、次の行動をするようにしましょう。

就活のゴールは内定獲得ではありません。焦らず、自分のキャリアと向き合おう時間を作ることです。

就職をした後で「やりたいこと」を追求しても遅くはありません。社会に出てやりたいことなんて、ひとつもなかったなんて言っている大人はやらされてる感でやっているからです。

就活前にやるべきことは?失敗しないためにやるべきことを徹底解説

就活をやめたい時の対処方法や理由、早く内定をもらう方法などを解説

こちらの記事もおすすめ!