就職活動

【農学部は就職に悪い!?】意外と知られていない農学部の就職事情

「農学部の就職先がないってホント?」

「先輩たちはどこへの就職先が多いのかな、、、」

「なんで農学部って就活に不利っていわれるの?」

と思っている就活生も少ないくないはずです。

今回は、就活を控えた農学部生に向けて、意外と知られていない農学部の就職事情について東京の就活支援会社で働いていた僕の立場からお伝えします。

本記事を読むだけで、就活が上手くいくと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

【21卒保存版】オススメ就活サイト7選|内定獲得の手段を押さえよう!21卒の学生の中には、そろそろ就活を意識し始めた人がいるのではないでしょうか? 「就活は何から始めればいいか分からない…」 ...

 

農学部の就活の実態

農学部と同じくくりで言ってもさまざまな種類に分けられます。

基本的な農業技術や作物の品種改良について研究する学部から、化学の面から作物にアプローチする学部、工学の面から農業用地や使う道具について研究する学部、農業における経済学、森林学、水産学…と幅広い学部があります。

このように同じ学部でも学ぶ内容は大きく異なる農学部。

だからこそ、働きたいと思う場所も農学部と同じ看板でも大学によっては大きく違います。すなわち、同じ学科であっても進む働き先は大きく異なることはよくあることなのです。

 

農学部から多い3つの就職先

本項では、農学部から多い3つの就職先についてお伝えしていきます。結論下記の3つです。

  1. さまざまな食の製造業
  2. 製薬・化粧品メーカー
  3. 公務員

 

①さまざまな食の製造業

農学部と聞くと最初に思い浮かぶことは「食物」というワードではないでしょうか。そのため、食物に関わる仕事に就く人も自然と多くなります!

しかし、食に関わる仕事と言ってもやはり、幅広いジャンルに分けられています。食物の品質管理を主とする会社もあれば、商品開発をするメーカーなど食料品メーカーでも数え切れないほどあります。また、他にも飲料品メーカーや日雑品メーカーなどがあります。

 

②製薬・化粧品メーカー

農学部の中でも化学や生物に関する知識をフル活用させたい人、またそれらを使って新しく価値あるものを生み出したいと考えている人は最適の就職先です!

製薬メーカーは薬学部という見てわかる専門の学部があるため、志望動機や負けない意志、知識・技術があることをしっかりアピールすることが大切

化粧品メーカーも製薬メーカーと同様に製品の研究開発、製品の安定的な製造・管理、お客様へ良さを伝えるの3つのプロセスがあります。

 

③公務員

「農学部から公務員?」と考える人も多いと思います。しかし、農学部から公務員への道を選ぶ人は多くいます。

職業としては、農協・漁協や県庁、市役所、そして国土交通省まで幅広くあります。また、地域によっては畜産試験場があったり、農学研究センターがあったりと意外と知られていない職業に多くの農学部生が就職しています。

市や県庁が運営する施設で働くなら、地方公務員という名前になるので、安定した収入を求める農学部生活がいればオススメです!

 

農学部から目指せる就職先とは

前項では、割合的に多くの農学部生が就職する先をお伝えしました。しかし、何回もな述べますが農学部からは非常に幅広いジャンルに就職することができます。そこで、多くはないもののご紹介したい就職先をお伝えしていきます!

 

①動物の飼育員

大学で動物と接する実習を多く行っていたり、動物の育て方について詳しく習ったりする学科に所属していたのならば、その知識はとても生かされるのではないでしょうか!

 

②農家

農学部の中には、実家が牧場であったり、大きな農場を持っていたりと、親が農学に関する仕事をしている学生が少なくありません。そのため、卒業後は実家を継ぐという学生もいます。

また、実家が農家とは全く別の仕事をしていたとしても農業の魅力に魅せられ農家として働く人もいます。

 

③種苗メーカー

ホームセンターなどで売られているさまざまな野菜や花の種を見たことがある人は多くいるのではないでしょうか?

社会には、農家を営む人のために種を売る会社があります。

しかし、どの会社でも「より寒さに強く」や「虫が寄りにくい」などさまざまな品種改良を重ねて、他社と差をつけようとしています。

そのため、農学部で化学や生物の知識を学んだ学生にとっては知識をフルに有効活用できる素晴らしい場になります!

 

農学部が就職に強い3つの強み

本項では、農学部が就職に強い3つの強みについてお伝えしていきます。結論下記の3つです。

  1. 食に関する話題は絶えない
  2. 専門的なことを学べば、社会で重宝される
  3. 幅広く学べば、自分がやりたいことを定められる

 

①食に関する話題は絶えない

今の時代日本は人口は減っていますが、地球規模で見ると人口は明らかに増えています。このような時代では多くの食料品を多く市場に出したいと考えます。

しかし、効率ばかりを求めるばかりになるとミスが生まれます。具体的には、食中毒の問題や食物加工の際に金属片が紛れ込んでこむ問題などがあります。

このように「食」に関する話題はよく世間で取り上げられます。そのため、単純に注目を浴びることが多い「食」。ゆえに、食に関して確実な知識を持つ学生は必要とされています。したがって、「食」に関して最も近い学部であり、メジャーである農学部の学生は需要があると考えられます。

 

②専門的なことを学べば、社会で重宝される

農学部の中には水産学や環境ビジネス、土壌学、園芸学など専門的な知識を学べる学科があります。専門的な知識を学べば、知識を使って他の人には作ることができない価値を生み出すことができます。

ゆえに、その価値を必要とする会社が専門的な知識を持つ学生を必要とします。よって、その技術を使えば、就職先がないということは考えにくいのです。

 

③幅広く学べば、自分がやりたいことを定められる

農学部の中でも農業の幅広い知識を学ぶ学科に入った場合、農業という1つのアプローチからさまざまなプロセスを体験することができます。

食料の生産から加工・貯蔵に関する技術、より良い商品にするために分析をし、消費者までの流通を学ぶ。どうすれば売れるかというマーケティングの面でも学ぶことができます。

このように多くのジャンルが違うことを農学という面から直に見ることができれば、自分が最も興味を持てる分野がはっきりするのではないでしょうか。

 

就活においての農学部の弱み

農学部が就職が弱いと言われるには原因があります。それは、推薦が多くないことや工学部に目を向ける企業が多いということが挙げられます。

これは、農学部は生き物を扱う学部であるのに対して、工学部は機械から電気電子、情報など現代に非常に需要が高まっている分野です。これによって、最近の流れとして農学部の研究よりも工学部などの方が重要視されがちであることがわかります。

そのため、大企業からの推薦は多くなく、農学部より工学部に目を向ける企業が多くあります。また、農学部の中で専門的な分野に進んだけれど、就職ではその分野に進みたくないと考えた学生がいた場合、進む道が分かりにくいということも弱いと言われる理由の1つです。

例えば、動物の飼育に関する知識を学んだとしても、それを生かす仕事につきたくないのならば、他の分野について専門的に学んできた学生とは大きく知識の差が生まれます。

これによって、多くの学生が就職に失敗するのです。もちろん足りない分の知識を補おうと努力したり、面接で聞かれたときにこの分野を選んだ強い意志が伝わったりすれば話は違います。

しかし、このようなものがないと企業側からは「この学生は4年間興味ない分野を学んでいた」と見られてしまうかもしれません。そのため、専門的な学科に進む場合は自分の意思とちゃんと向き合った方がいいかもしれません。

 

農学部から大学院という選択肢はあり

農学部からの大学院進学は、結論全然アリです。研究する中でさらに研究したい、もっと学びたいと考えて大学院に進むことは学部に関わらず問題ありません。

しかし、有名企業への推薦を狙って進むのはあまりいい手とは考えにくいです。これは先ほども述べましたが、農学部は工学部のように大学院に進んだからといって、多くの推薦の枠があるわけではないからです。

 

農学部が就職に悪いと言われる3つの理由

農学部が就職に悪いと言われる3つの理由についてお伝えしていきます。結論、下記の3つです。

  1. 工学部と比べると劣る部分が多い
  2. 農学部の研究内容を評価してくれる企業が少ないから
  3. 大企業に入りたいと考える人が少ない

 

①工学部と比べると劣る部分が多い

同じ理系で人気のある工学部。さまざまなことが機械化され、情報も調べることで誰でも知れる今の世の中では工学部が農学部よりも高い需要を得ているのは事実です。

そのため、このような企業も多いため競争も激しくなる。結果的に工学部の学生には多くの誰しも聞いたことのある企業に勤める人が多くなるのです。

 

②農学部の研究内容を評価してくれる企業が少ないから

農学部では研究といってもさまざまな研究をしていますが、どれも今を生きる生物に関することだったり作物や含まれる成分に関することだったりと一般的に見るとマイナーな研究をしていることが多いです。

また工学部との比較になりますが、ロボットやインターネットに関わる情報産業の方が今の時代にはあっているように思いませんか?

もちろん、たとえマイナーでも評価してくれる企業はあると思います。しかし、実際に数で考えると少ないということも事実なのです。  

 

③大企業に入りたいと考える人が少ない

単純に大企業を目指して就職活動をする学生が少ないです。農学部の中では、大企業では無くて中小企業でやりたいことしたいと考える人が多いです。

もっと内面の話をすると、競争を嫌い自分のまわりのことだけを考えている学生が多いように感じます。

 

今農学部の人がやるべき3つのこと

本項では、今現在農学部である人がやるべき3つのことについてお伝えしていきます。結論、下記の3つです。

  1. やりたいことを見つける
  2. いろんな人の話を聞く
  3. 自分を理解する

 

①やりたいことを見つける

将来働くとなったときにどんなことをしたいのか考え、具体的にすることが大切です。たとえやりたい事が見つからなくても、興味がある分野を聞かれた時に答えられるようにはしておきたいです。

それは農学部の中でのことに限りません。学部の中に囚われず、広い感性で自分のしたいことに向き合うことが大切です。

 

②いろんな人の話を聞く

やりたいことがわかっていようといまいと、いろんな人の話を聞くことでその人の考え方・価値観を知ることができます。人の持つ価値観はそれぞれ違います。そして、その価値観を持つことで得られることが多いからその人はその価値観を持っているのです。

これは就職に限ったことではありませんが、その人の価値観に触れることで自分の価値観に向き合えたり変わったりするものです。

ゆえに、就職を考える上で自分の価値観を理解し、納得できるものとしておくことは大切です。そのため、いろんな人の話を聞きましょう!

 

③自分を理解する

最後に書きましたが、これが最も大切だと考えます。履歴書、面接などで何をするにしても自分をアピールする伝える力は大切です。

しかし、伝える自分のことを理解していなければ伝えることもできません。そのため、自分にはどんな弱みがありどんな強みがあるのか、自分が大切にしている価値観・軸は何なのかなど自分を形成しているものをはっきり理解する事が非常に大切です。

 

結論:農学部は就職で悪いわけでは無い

農学部が悪いとは言われても、自分がどう考えてどう行動するかが大切です。さまざまな情報がある今だからこそ、自分から主体的に調べ整理して、行動していきましょう!

まわりが何と言おうと自分が大切にしていることを大切してアクションすることが重要です!就活の不安や焦りを受け入れて、一歩ずつ進んでいきましょう。まだまだチャンスはたくさんあるのです。

就活の個別の説明会だと一社一社回るのがめんどくさいと思うので、1日で10社以上と出会えるミーツカンパニー(MeetsCompany)に参加すると良いです。

ミーツカンパニー(MeetsCompany)は、株式会社DYMが運営する、今4人に1人が登録している就活マッチングサービスです。

新卒紹介実績No.1!就職マッチングサービス・ミーツカンパニーの実態を徹底調査。口コミや評判をご紹介現在、一般に超大手といわれている大企業に入社しても、その先の未来が確保されているとはいいきれない時代です。 「web上の情報に惑わ...

 

就活は楽しい?楽しむコツや就活が楽しいと感じるタイミングをご紹介!

就活をやめたい時の対処方法や理由、早く内定をもらう方法などを解説

 

こちらの記事もおすすめ!