大学生活

大学生の仕送りの平均額は?仕送り金額を決める3つの要素と注意点

「仕送りってみんなどれくらい貰ってるの?」
「そもそも学生の一人暮らしにはいくら必要?」

この記事を呼んでいるあなたは、妥当な仕送り金額が分からず悩んでいるのではないでしょうか。

これから一人暮らしを始める学生さんにとって、仕送り金額は気になるところですよね。

ですが、実際に一人暮らしをしてみないと、いくら必要なのか考えるのは難しいはずです。

そこで今回は、大学生の仕送り事情と、仕送り金額の決め方を紹介していきます。

一人暮らし中の現役大学生が、実体験を踏まえて解説していきますね!

 

こんな人にオススメの記事
  • これから仕送りをお願いする学生
  • バイトだけでは生活が苦しい学生
  • 家族のために最低限の仕送り額を知りたい学生

 

大学生の仕送りは平均7万円

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
仕送り額(円) 70,140 71,440 70,610 72,980 71,500

(参考:第54回学生生活実態調査

この表は過去5年の下宿生の仕送り金額を示しています。平均すると約7万円であることが分かりますね。

本当に7万円も必要なのかと思われる方がいると思います。

 

そこで、以下では大学生の生活費の内訳をご紹介します。意外とお金がかかってしまうのが大学生です。

大学生活に慣れてきた方も見返してみることをオススメします。もしかしたら無駄なお金を削減できるかもしれませんよ。

※仕送りなしで生活している大学生の方は、わずか8%ほどです。

 

奨学金を受けている大学生の割合は37%!奨学金の種類と貸与のリスクも解説奨学金制度、仕送りやアルバイトだけでは生活が苦しい大学生には嬉しい制度です。 さて、奨学金を借りている大学生は国内にどれくらいいる...

 

大学生の生活費は?内訳を早見表で解説

2016年 2017年 2018年
食費 24,770 25,190 26,230
住居費 51,990 52,820 52,550
交通費 3,280 3,330 4,230
教養・娯楽費 8,800 9,830 11,520
書籍・勉学費 2,950 2,890 3,540
日常費 5,810 6,070 7,260
電話代 3,510 3,800 3,710
貯蓄・その他 16,490 16,830 17,050
支出合計(円) 117,610 120,750 126,100

(参考:第54回学生生活実態調査

 

大学生の生活費は約12万円

一人暮らしの大学生の生活費は、1ヶ月で約12万円だと分かりますね。

一番金額が高いのは、やはり住居費。初めて一人暮らしを経験する学生にとっては大きな痛手ですよね。

 

実家から通う学生は支払う必要はなく、趣味や食費にお金を充てることができますが、一人暮らしはそうはいきません。

地方のアパートでも、最低2万円はかかります。都会だと1Kの部屋でも6万円は優に超えるでしょう。

また、実家を離れると家賃・光熱費・食費が必要になってしまうものです。とても仕送りなしでは払えないですよね。

住居費を低くする方法として、友達とのルームシェアやシェアハウス、ゲストハウスなどがある!

 

家賃抜きでも平均7万円かかる

家賃抜いても7万円

では、家賃を可能な限り削減できれば、仕送りなしでも生活できるのか?

答えは、難しいというのが事実です。

家賃を抜いたとしても、平均で7万円の支出が想定されます。

大学生の収入源は「アルバイト」と「奨学金」ですよね。

大学生のバイト月収は平均3万円と言われており、奨学金も学費の足しにする人が多く、生活費にはなかなかまわせないでしょう。

 

これでは、支出と収入を比べた時に支出の額の方が大きくなってしまい、生活が困難になってしまいます。

仕送りに必要な金額は人それぞれですが、最低限の仕送りが必要だということになります。

 

大学生の仕送り金額を決める3つの要素

大学生仕送り

「どうやって仕送りのお金を決めるの?」

このような疑問を持たれている方が多いのではないでしょうか。

安易に高い金額をご家族からもらっても親不孝ですし、お金の使い方が荒くなり将来に響きます。

正しい決め方を知り、大学生のうちにお金の管理をしっかり行いましょう。

 

仕送り額を決める要素
  • 大学の学費
  • 生活費
  • 家庭の経済状況

 

1.国立・公立・私立大学ごとの「学費」

奨学金を借りていない学生の方は、お金を機関から借りずに学費を返さなくてはいけません。

そうなると、やはり仕送りは必須。自分の口座から引き落とされる方もいらっしゃるでしょう。

そこで仕送り額の指標になるのが、あなたが通う大学の学費です。

 

私立大学と国公立大学では、学費には大きな差があります。

大学分類 学費平均
国公立大学 810,000円
公立大学 930,000円
私立大学(文系) 1,150,000円
私立大学(理系) 1,700,000円

(参考:https://shingakunet.com/journal/column/20170327205609/#i-4
https://manabi.benesse.ne.jp/parent/okane/02/page2.html

 

国公立大学でも、初年度の学費だけで80万円。4年間で320万円が最低でも必要になりますね。

私立大学、特に理系の学生は場合によっては200万円を優に超えることもあるでしょう。

奨学金を事情があって借りれない学生は、仕送りなしでこれだけの額を支払うのは難しいですよね。

 

2.一人暮らしにかかる「生活費」

先ほどお伝えした生活費も、もちろん仕送りの金額を決める指標です。

ただ単純に、生活費が多いから仕送り額を多くするのは良くありません。

大学生の方は自由な時間が多いので、アルバイトを行うことをオススメします。

 

仕送り額を減らしてご家族の負担を減らすこともそうですが、社会で働くということを学生時代に経験するかしないかでは就職後に周りと大きな差ができますよ。

アルバイトをした上で、どうしても足りない額を支援してもらいましょう。

また、できるだけ支出を減らす試みも将来活きてくるのでぜひ挑戦してみてください。

 

支出を減らすワザ
  • 携帯のキャリアを格安スマホに変える
  • 自炊を行う
  • 本当に必要なものだけを買うように心がける
  • シェアリングエコノミーの活用
  • コスパの良い商品・サービスの利用…

 

大学生が夜勤バイトに入る5つのメリット!勉強と両立できる3つの方法も紹介 《すぐ始められるアルバイトおすすめランキング》 ▼当サイトから登録の多いアルバイトサイト 【1位】リゾバ.com《高...

 

3.年収など「家庭の経済状況」

何度もお伝えしていますが、大切なことなので繰り返します。

ご家族の仕送りに頼るとご家族の負担が増え、親不孝になってしまいます。

加えて、大学生でありながら甘える性格から抜け出せないのは、今後社会で働く上で危険。自分で稼ぐ経験も必要です。

 

ご家庭の事情から、仕送りを受けられない学生の方もいらっしゃるでしょう。

ご家族のためにも、ご家庭の経済状況を考慮した仕送り額を決めましょう。

 

大学生の仕送り金額を決める時の注意点

仕送り注意点

仕送り額を決める指標を3つお伝えしました。

では、大学生が仕送りの額を決める際に注意しなければいけないことは何でしょうか?

以下3つの注意点を意識することで、適正な仕送り額を決められると同時に、将来への教訓を学ぶことができます。

 

仕送り額を決める際の注意点
  • 勉強への支障の危険性
  • 家賃の相場の高さ
  • 自己破綻の危険あり

 

1.アルバイトに頼りすぎると、勉強に支障が出る

アルバイトのしすぎで勉強に支障

仕送り額を低めに設定しすぎると、アルバイトで稼がなければいけない!という思いになってしまいますよね。

アルバイト代は平均して約5万円程度。勤務日数は週3日です。

居酒屋や引っ越しなど時給が高いアルバイトであれば月給10万円も望めますが、深夜まで働かなければいけない場合がほとんどです。

 

そうなると、大学生の本分である勉学に力を入れることができません。

せっかく高い学費を払っているのに、勉学に力を入れられなければ本末転倒ですよね。

仕送り額を高くすることを後ろめたい人もいらっしゃるかと思いますが、勉学を全うできない方が親不孝です。

あなたが無理のない程度に働ける時間とアルバイト内容を選択して、仕送り額を決めましょう。

 

2.地域によっては、家賃の相場が高い場合がある

先ほどもお伝えしたように、生活費の中で大きな割合を占めるのが家賃です。

ここで家賃の相場を確認しておきましょう。

都道府県 家賃相場(1部屋)
東京都 68,323円
石川県 44,263円
鳥取県 38,395円
大阪府 55,025円
広島県 48,828円
青森県 41,537円
福岡県 48,606円

(参考:https://www.pbn.jp/yachin/date/2019/07/

このように、一番高い家賃は東京都の約7万円。

大学生の一人暮らしには大きすぎる額ですよね。

一番安いところは、鳥取県の約4万円。相場なのでこれよりも安いところはありますが、やはり地方の方が都市部よりも家賃が低いですね。

石川の学生は約4万5千円で一人暮らしができますが、大学の多い石川ですので、大学の寮や学生向けのアパートがあるため、低価格で住むことも可能です。

 

大学進学を考えている方は、始めにその土地の相場を知ることをオススメします。

今大学に通われている方は、家賃を低くできないか模索してみるのが良いでしょう。

就職の際にもきっと役立つはずです。

 

3.奨学金に頼りすぎると、自己破綻の危険がある

自己破綻

奨学金を借りている学生は、仕送りが必要ないかもしれません。

しかし、奨学金に頼りすぎると将来に支払いが先送りされ、自己破産してしまう可能性もあるのです。

実際、以下のような口コミもあります。

 

無事に保育士の資格をとり卒業できた美香さん。しかし、公立の保育園に就職できたが、非正規の枠で雇われたため、月給はおよそ14万円。家賃や光熱費などを支払うと、ほとんど手元には残らない。そこに待ち構えていたのが、月々5万円という奨学金の返済だった。美香さんは奨学金の支払が猶予される制度を使って、支払いを延期していたが、非正規の仕事を続けても年収は一向に上がらず。
「奨学金を返せる目処が立たない。返したくても、返せない。」
美香さんは追いつめられていった。当時、美香さんには結婚を約束した恋人がいた。しかし、このままでは多額の奨学金によって相手にまで迷惑をかけてしまうことを怖れ、婚約も破棄する決断をした。卒業してから7年目のことだった。
自己破産をするしかないのか…。

引用:https://www.nhk.or.jp/gendai/special/26/index.html

 

このように、生活費を払うだけでも一苦労なのに、毎月5万程の返済を何年も続けなければいけないのです。

奨学金の注意しなければいけない点は、利子があるということ。

借りたお金にプラスしてお金を返さなければいけません。

今お金がない人にとっては有難い制度なのですが、必ずしも良い点ばかりではないことを認識しておかなければいけませんね。

 

この点を踏まえて、奨学金を無闇に借りるのではなく、仕送りで生活できるように工夫をする必要があります。

 

以上3つの注意点をまとめると、以下のようになります。

仕送りを好きなだけ借りるのではなく、今の生活にかかる費用を細かく確認し、減らせる工夫をした上で、奨学金を無闇に借りずに仕送りとアルバイトで生活することがオススメ!

 

自分の経済状況を確認し、無理のない仕送り金額にしよう

無理のない仕送り

仕送り額を決める際には3つの要素と注意点があります。

奨学金を借りなければいけないご家庭もあるでしょう。その際は、自己破綻のリスクと、返済の見通しを事前に考えておくことが必要です。

可能であれば、仕送りとアルバイトだけで生活するのがベスト。

その上で、仕送りの額をいかに減らせるかがポイントになってきます。

勉学を真剣に取り組みつつ、ご家族に負担をかけないように、今からお金の管理をしっかり勉強しておきましょう。

仕送り額を決める要素と注意点
  • 大学の学費
  • 生活費
  • 家庭の経済状況
  • 勉強への支障の危険性
  • 家賃の相場の高さ
  • 自己破綻の危険あり

 

支出を減らすワザ
  • 携帯のキャリアを格安スマホに変える
  • 自炊を行う
  • 本当に必要なものだけを買うように心がける
  • シェアリングエコノミーの活用
  • コスパの良い商品・サービスの利用…

 

大学生の門限は平均23時!?女子大生の帰宅事情と門限をなくす方法大学生になってバイトにサークルと充実した大学生ライフを送っている方も多いのではないでしょうか。 「ちょっと時間が遅くなって、親に注...
こちらの記事もおすすめ!