大学生活

大学生がカメラを趣味にすると幸せになる5つの理由

たけち
たけち
いつもご覧いただきありがとうございます!たけちです。
今回、私は約30万円をかけて一眼レフカメラを買いました。

僕は社会人になってから【大学生の時間のあるうちにカメラをやっておけば良かった】という後悔の気持ちでいっぱいです。

本記事では、大学生がカメラを趣味にすると幸せになる5つの理由と実際に僕が買ったカメラを紹介していこうと思います。

「大学生活のうちに新しい趣味を見つけたい!」

「何か熱中できる将来も役立つ趣味が欲しい!」

「日々の大学生活が退屈、、、何かに打ち込みたい!」

こんな風に思っている方にぜひ読んでいただければと思います。

 

大学生がカメラを趣味にするべき5つの理由

本項では、大学生がカメラを趣味にするべき5つの理由についてお伝えしていきます。結論、下記の5つです。

  1. 今持っている趣味がさらに楽しくなる
  2. 初心者でも十分に楽しめる
  3. カメラは高いようで実は安い
  4. カメラは一生モノの趣味になる
  5. 旅行や出かけるのが楽しくなる

 

今持っている趣味がさらに楽しくなる

今、趣味がある人はカメラを趣味にすると倍以上に楽しくなります。

例えば、僕はよく旅をするのですが、良い風景・人に出会います。そんな時にカメラがあると大事な思い出がキレイに残すことができます。

スノーボード・山登り・サーフィンなどアウトドアの趣味を今持っていたりするとカメラは、他の趣味とも相性が抜群に良いです。

大学生のうちに趣味を見つけて人生を豊かに!おすすめの趣味28選!

 

初心者でも十分に楽しめる

カメラは1人でも友達とでも楽しめます。趣味として始めるハードルが低いのも特徴で、写真や動画の撮影に正解はありませんから、自分が好きなように撮ったものが正解になります。

なので、初心者でも十分に楽しめます。またカメラは、難しい操作があるわけではないので、他の趣味と比べて上達も早く簡単です。

写真や動画は、自分とカメラがあればできる趣味なので、初心者でも参入しやすいです。

場所にもとらわれることなく、旅行先・公園・山・川・家の中など自分の好きなところでカメラを使って写真や動画が撮れる

 

カメラは高いようで実は安い

「カメラは、お金がかかるようで意外とかからないってわかりますか?」

カメラは買い切りのアイテムです。約5万円で最初、買ったとして5年使えば1年で1万円です。1日で約28円です。激安ですよね。

カメラは他の趣味と違い追加でかかるお金がほとんどありません。また、一生続けられる上にカメラとレンズはずっと使い続けられるものです。

たけち
たけち
僕の場合、総額カメラ類に35万使ったので、5年使うとして1年で7万円、1ヶ月5,800円、1日約200円です。

 

カメラは一生モノの趣味になる

カメラは一生モノの趣味になります。そして、ヒマな時間を写真・動画撮影にあてられます。

意外と大学生で時間を持て余している人が大勢いると思いますが、カメラを趣味にすると空いてる時間を撮影に当てられます。

また、形として残る写真もですが、写真や動画を綺麗に撮るスキルというのはとても重宝されます。結婚式の写真を依頼されたり、カフェなどの動画の撮影を頼まれたりと趣味がちょっとした仕事になるケースも少なくありません。

 

旅行や出かけるのが楽しくなる

良いカメラを持っているとInstagramなどSNS映えする写真が撮れます。SNSに写真をアップしていくことで記録(思い出)に残りますし何より、instagramなど写真を中心としたSNSの流行があります。

自分が撮ったと思えないようなオシャレでボケた写真を一眼レフカメラでは撮ることができます。そうなると旅行や出かけるのが楽しくなります。

「映える写真をTwitterやInstagramに投稿していると異性からモテる・・・」なんてこともあるかもしれまんよ?(笑)

 

実際に僕が買ったカメラを紹介!

「カメラを趣味にすることで得られることはわかったけど何を買ったらいいの?」という方もいると思うので、本項では僕が実際に買ったカメラとカメラを買う上でのポイントをお伝えしていきます。

まず、おすすめはミラーレス一眼レフカメラです。僕はフルサイズで写真も動画もハイクオリティを追求したいと思ったので「SONYα7Ⅲ」というカメラを買いました。

「SONYα7Ⅲ」はとても人気な商品で、他の一眼レフを持っている友達も同じくSONYα7Ⅲを持っています。SONYαシリーズは初心者にも使いやすく高性能なので、買って損はないと思います。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥209,000
(2020/02/20 04:58:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

レンズは、「SIGMA  Art 24-105mm F4」を買いました。知り合いのカメラマンに教えていただき写真も動画も撮れるおすすめのレンズということでした。

 

SONYα7Ⅲとレンズを繋ぐ「SIGMA マウントコンバーター MC-11」も同時に購入しました。こちらがないとレンズとボディをくっつけることができませんので、必須です。

 

その他には、Youtubeの撮影もやっているので、マイクや三脚なども同時に購入しました。買ったものを載せておきます。

created by Rinker
マンフロット
¥3,459
(2020/02/20 10:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ハクバ
¥1,618
(2020/02/19 11:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
サンディスク
¥5,329
(2020/02/20 04:58:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

自分のお金で中古ではなく新品を買おう!

まず、譲ってもらうのではなく、自分のお金で買うべきだと思います。譲ってもらうものだと自分のお金ではないので愛着もありません。

自分が一生懸命働いたお金で高価な買い物をするとかなり愛着も湧きますしいっぱい使いたいという気持ちになります。

最初はできる限り妥協せず良いカメラを買った方が良いと思います。学生の今だからそこ、本格的なカメラを買って出かけてみましょう。

多少先行投資になったとしても15万〜25万くらいの予算でカメラを選ぶこと

 

大学生がカメラを購入すると幸せになる5つの理由

本項では、大学生がカメラを購入すると幸せになる5つの理由についてお伝えしていきます。結論、下記の5つです。

  1. 画質が良いのでカメラを使うのが楽しくなる
  2. 趣味として人と共有できる
  3. 遊びや旅行に誘いやすくなる
  4. 外に出るのが楽しくなる
  5. 歳をとっても変わらず楽しめる

 

画質が良いのでカメラを使うのが楽しくなる

僕が買ったSONY@7IIIも他の一眼レフカメラも画質がめちゃくちゃ良いです。iPhoneと比べ物になりません。

なので、カメラを使うのが本当に楽しくなります。いつもの道や街を色々な視点で観れるようになるので本当に楽しいです。

10年後に見返したりできる写真や動画はスマホの性能で撮ったものとは段違いに良いので幸せいっぱいな気持ちになるでしょう。

スーパー、コンビニ、金融機関、駅校内、マンションなどで利用される防犯カメラ。現在では、カメラの性能は格段に上がっています。一眼レフのような綺麗な映像が撮れるレンズを防犯カメラに搭載されているようです。

形状・レンズ・記録方式などは一眼レフカメラと同じように性能が年々、上がってきています。なので僕は、道端やマンションなどで見かける防犯カメラは、「どんなレンズを使っていてどれくらいの焦点距離で撮っているんだろう?」と普通の人と違う視点で防犯カメラを見てしまいます。(笑)

カメラは本当に様々な用途で使われていますが、犯罪などを阻止する防犯カメラとして利用されており、救われている人もいると思うと素晴らしいツールだと思います。

もし、本記事を読んでいる方で、一眼レフカメラ並みに画質にこだわり、マンションやアパートに防犯カメラが欲しいと思っている方は、防犯カメラセンターのカメラを使うと良いです。

<広告>防犯カメラレンタル

最長7年間の保証で防犯カメラの運用をしてくれます。一眼レフカメラの保証はちなみに1年間くらいですよ(笑)

中部・関西・関東エリアの全てのエリアで受付可能で、東海4県だけで14,000台の設置工事実績があるので、安心です。

 

趣味として人と共有できる

カメラを購入すると趣味として人と共有できるので幸せに感じやすいです。幸せの定義は人それぞれですがカメラを通して、人とコミュニケーションを取れるのは、カメラを購入する大きなメリットだと思います。

やっぱり自分の撮った写真や動画を褒めてもらえたりすると嬉しいですよね。旅行に行ったりすると「壮大な自然の感動を伝えたい!」と思ったことが誰しも一度はあるはずです。

しかし、iPhoneのカメラやテキストの文章では上手く伝えられません。そこで重宝されるのが一眼レフカメラです。

 

遊びや旅行に誘いやすくなる

カメラを持っていることで、遊びや旅行に誘いやすいことは本当だと思います。僕も一番最初にGoPro8を買って旅行した時は、写真や動画を撮りたいがために中国地方一周をしたりしました。

なので、カメラを通して人と感動を共有することができるので、自分から遊びや旅行に誘いやすいです。

 

外に出るのが楽しくなる

カメラを購入すると旅行とかの楽しさが100倍になります。外に出るのが本当に楽しいです。海外にいきたくなる衝動は抑えきれないです(笑)

写真や動画は、自分の人生に+αを与えてくれるものです。なので、カメラを持っていると幸福度が上がります。

 

歳をとっても変わらず楽しめる

カメラは歳をとっても変わらず楽しめることができます。スポーツなどは体力の衰えなどで歳をとると難しくなってしまうかもしれませんがカメラは関係ありません。

生涯現役でカメラマンとして活躍できる趣味です。

自分がカメラを趣味にすれば、「良い写真・映像」を思い出として残すことが歳をとっても変わらずできる

 

カメラを趣味にしない方が良い大学生の3つの特徴

本項では、カメラを趣味にしない方が良い大学生の特徴を3つの特徴をお伝えします。全員がカメラを趣味にするべきということではなく、向いていない人もいるのでお伝えします。結論下記の3つに当てはます人はカメラに向いてないと思います。

  1. お金がなく金欠な学生
  2. カメラ機能がスマホで十分だと思っている学生
  3. そもそも外出が好きではないインドア派の学生

 

お金がなく金欠な学生

お金がなく金欠な学生にはカメラは少し難しいかもしれません。最低でも5万円〜を予算としてみる必要があります。

良いカメラだと20万前後はするので、バイトをして少しづつ貯める必要があります。ただ、1年間2万円づつ貯めることができれば到達する金額なので、無理な範囲ではないと思います。

 

カメラ機能がスマホで十分だと思っている学生

カメラ機能がスマホで十分だと思っている学生にも一眼レフカメラはおすすめできません。最近では、iPhone11も発売されてカメラの性能も格段に上がっています。

iPhoneで満足しているのであれば、高価のカメラを持たなくても良いと思います。

 

そもそも外出が好きではないインドア派の学生

そもそも外出が好きではないインドア派の学生もあまりカメラをおすすめできません。なぜなら良い写真や動画は外で撮ったものが多いからです。

自然の風景や人物のポートレイトなどは、ほとんど自然光が当たる外で撮られています。もちろん室内でも素敵な写真は撮れますが、幅が狭まります。

 

まとめ:大学生のうちにカメラを持って人生を豊かにしよう!

「なぜ大学生のうちに始めたほうがいいのか?」

答えは、大学生には時間があり、好きなことに全力投球ができる唯一の期間があるからです。大学生活の大事な思い出をキレイに写真・動画に収めることも可能です。

カメラが人生を豊かにしてくれる素敵なアイテムだということお分かりいただけたのではないでしょうか。

カメラを通じて自分と向き合うこともできるのでぜひ始めてみてください!

 

【初心者可能!】大学生はスキルをつけて動画編集で稼ぐ!

大学生が暇つぶしにやるべき有意義なこと20選を紹介!

こちらの記事もおすすめ!