大学生活

大学生の貯金の平均額は23万円!効率よく貯金を増やす11個の方法を紹介!

「同世代の大学生ってどれくらい貯金してるんだろう?」

「そろそろ大学も卒業するんだけど貯金しておいた方がいいかな、、、」

「どうやったら貯金できるのか具体的な方法を知りたい!!!」

と思っている大学生もいると思います。

貯金はなんとなくしている学生も多いですが、いざというときに助けてくれるものでもあります。

そこで、皆さんには大学生の平均の貯金額と効率よく貯金を増やす6つのポイントも含めてご紹介します。

自分に合った貯金方法を見つけて、効率よくアルバイトをして稼ぎましょう!

 

大学生は平均23万円貯金をしている!

大学生の平均貯金額は23万円だそうです。全国大学生活協同組合連合会が2018年に行った「第54回学生生活実態調査」によると、大学生が月に貯金している金額の平均は、自宅生が18,050円、下宿生が13,740円で、平均すると15,895円です。

この記事を読んで、「俺全然貯金してない!」「私そんなに貯金額ない!」と慌てた人も多いのではないでしょうか。

ただ、貯金をする学生とそうではない学生の間が相当開いているようで、半数くらいの学生は貯金額が10万円を満たないという結果も出ているそうです。

たけち
たけち
僕も大学卒業時の貯金額は、10万円いかないくらいだったと思います。

 

大学生が貯金を貯める具体的な3つの方法

本項では、大学生が貯金を貯める具体的な方法についてお伝えしていきます。結論下記の3つです。

  1. 月初めに1ヶ月で使う分のお金を引き出す
  2. バイト代の一部を定期預金として貯金する
  3. 500円玉貯金をする

 

月初めに1ヶ月で使う分のお金を引き出す

学生は毎月の支出額を把握する事が貯金のカギとなります。そのため固定費、生活費も把握しておきましょう。支出額を把握しておくと出費が激しい月などを明確に把握できどこが改善点なのかも明確にできます。

また来月からの支出を減らそうと意識するようになります。

また支出の見直し項目として

  • 交際費の節約
  • 被服費の節約
  • 食費の節約
  • その他(携帯代、タバコなど)

が挙げられます。

節約される際はぜひこの項目を参考にしてみてください。

 

バイト代の一部を定期預金として貯金する

普通預金に貯金していると、簡単に引き出せてしまうので、誘惑に負けて使ってしまうことがあるかもしれません。そこで、定期預金などを活用する方法がおすすめです。

定期預金の特徴として1ヵ月や3ヵ月、6ヵ月、1年といった預入期間の間は原則として引き出せない預金で、金利は普通預金よりも高めに設定されています。

定期預金の解約はATMでは手続きできないことが多く、銀行の窓口に行かなければならないため、普通預金よりもお金を下ろしにくいところもお金が貯まりやすくなっている

 

500円玉貯金をする

貯金をしたことがない人が最も始めやすい方法として、500円玉貯金や小銭貯金が挙げられます。

500円玉貯金は、お釣りなどで500円玉を手にしたらそのまま貯金箱に入れるなどして貯金していく方法で、小銭貯金は毎日財布の中に残っている小銭を貯金していく方法です。

500円玉貯金や小銭貯金は、貯金箱の選び方もポイントになります。500円玉貯金専用の貯金箱も市販されていますが、缶のタイプは中が見えないため、どのくらい貯まったか、わかりいくいのが難点です。

瓶や蓋のある貯金箱は、貯まっているお金を確認しやすいですが、誘惑に弱い人は使ってしまうかもしれません。透明なプラスチック製で蓋のないタイプの貯金箱もありますので、自分に合ったものを選ぶのもポイントです。

 

大学生の貯金の使い道5選

「大学生は何のために貯金をするの?」という疑問を持ったので、自分の周りの学生に聞いてみたところ下記の5つの理由がありました。

  1. 何かしらの準備のため
  2. 旅行やイベントのため
  3. 自分の欲しいものを買うため
  4. 卒業から就活~就職までの生活費のため
  5. 学費の費用

 

何かしらの準備のため

 これは何かどうしても必要となった時ようの準備です。例えば事故や病気、怪我など突然のアクシデントに対応できる様にするためのもしもの貯金です。

しかし基本は緊急時に出るお金なので使う時がこないのがベストですね。

 

旅行やイベントのため

大学生は人生で一番時間を有意義に使える時間でもあります、また卒業シーズンになると卒業旅行をいく大学生も多く見かけますね!

また最近ではイベントやフェスに参加知るため貯金をする人も増えてきています。両方今のうちに楽しんでおこうと考える学生は多いようです。旅行や遊びのためと答える人も多かったです。

【経験談!タイ旅行】初心者におすすめのモデルコースとプランを紹介!「旅行のツアーは高いから自分で考えていきたいけど、どこがおすすめかな?」 「定番観光地を抑えて、交通費などもわかりやすいプランがい...

 

自分の欲しいものを買うため

大学生が貯金をするパターンとしては「自分が欲しいものを買うため」という目的があげられます。

「欲しいものを買う」という目的の場合、アルバイトをがんばろうというモチベーションにつながることも多く、個人的におすすめです。

また、たとえ今欲しいものが無くとも、このパターンで貯金をこころざす大学生は、いつもギリギリのお金で生活している学生に比べ、自分が「欲しい!」と思うものができても我慢する必要が無くなり、欲しいものをスムーズに購入できます。

 

卒業から就活~就職までの生活費のため

すべての学生が、授業料や生活費を仕送りでまかなっているわけではありません。授業料は親からの援助や奨学金で支払い、生活費は自分で稼ぐという大学生も少なからずいます。

また就活ではスーツや説明会・面接へ参加するための交通費など費用が掛かるため、その分の費用を自分で賄うのであれば貯めておく必要があります。

 

就職後の一人暮らし費用・学費の費用

また就職が決まった時、引っ越しやはじめて給料をもらうまでの1か月間の生活費のために学生のうちから計画的に貯金している学生もいます。

 

大学生が貯金をする上で大事な3つのこと

本項では、大学生が貯金をする上で大事な3つのことについてお伝えしたいと思います。結論下記の3つです。

  1. 逆算することで毎月貯金できる金額を把握する
  2. 毎月の支出を計算することで出費を明確化する
  3. 時給を計算することで月にいくら稼げるか把握する

 

逆算することで毎月貯金できる金額を把握する

なんとなく余ったお金を貯金すれば良いと考えていると、いつまでたってもお金は貯まりません。

貯金をするには、いつまでにいくら貯めるという目標をたてることが大切です。そして、貯金額を期限までの日数で逆算し、1日あたりいくら貯金すべきか明確になります。これくらいの額なら、アルバイトで稼げるかもしれないと思うかもしれません。

しかし重要なのは、毎日の支出額を忘れてはいけません。毎月の貯金額を決めることはとても重要です。

計画的に貯金するには、毎月の支出額を計算した上で1日の貯蓄額を出す必要があります。毎月、仕送りとアルバイト収入があったとしても、貯金できるほど手元に残らない場合がありますよね。

仕送りから必ず支出しなければならない額である生活費を引き、手元に残るお金がどのくらいあるのか見ましょう。もし、手元に残るお金に余裕があるのなら、支出を考慮して毎日の貯金額を増やす必要はありません。

 

毎月の支出を計算することで出費を明確化する

自分で稼いだお金がどの程度支出に使われているのか計算した上で、毎日の貯蓄額を決定すれば無理なく継続して貯金を続けていけます。

また仮に毎月の貯金額が足りなかった場合どう補填するかを明確にする必要があります。

支出額を明確にすること

また、削れる部分を節約すると目標に近づきます。もう一度、月々の生活費を見直して、削れる部分はないか、節約したらどのくらい貯金に回せるのか計算してみましょう。

 

時給を計算することで月にいくら稼げるか把握する

すでにアルバイトをしている人は、現在の自分の時給がわかりますよね。目標額を貯めるには、何時間働かなければならないのか計算できるでしょう。

これからアルバイトを探す人は、働ける時間がどのくらいあるのか計算した上で、毎日の貯蓄額を貯めるためには時給いくらのバイトを探す必要があるのか計算しましょう。

おそらく、多くの学生が、今のアルバイトでは1日の目標額に達しないと壁にぶつかるでしょう。または、算出した時給があまりにも高く、こんなアルバイトなんてない!と諦めてしまう可能性もあります。

相場からかけ離れた時給のバイトは、なかなか見つかりにくいでしょうから、目安としては時給約1,000円以上のバイトを探すことがおすすめです。

大学生が夜勤バイトに入る5つのメリット!勉強と両立できる3つの方法も紹介 《すぐ始められるアルバイトおすすめランキング》 ▼当サイトから登録の多いアルバイトサイト 【1位】リゾバ.com《高...

 

効率よく貯金額を増やす11個の方法

大学生の貯金方法は「仕送り」「お年玉」と「アルバイト」だと思います。なるべく仕送りをもらうことに越したことはないですが大学生の年齢になったらお金周りは自分で責任を持ちたいですよね。

効率よく貯金額を増やす11個の方法は、結論下記の11個です。

  1. 時給単価をあげる
  2. バイトのシフトを多めにする
  3. 短期バイトで稼ぐ
  4. 掛け持ちでアルバイトする
  5. 暇な日に日給バイトをして稼ぎを増やす
  6. 副業や在宅ワークを検討する
  7. まかないのあるバイトを探す
  8. 支出を限界まで減らす
  9. 家計簿アプリをつける
  10. 毎月の支出額だけを月終わりに把握する
  11. 貯金額は無理をしない金額にする

 

時給単価をあげる

高時給のバイトをすることは貯金が増えることにも直結します。

勉強や教えることが得意なら、塾講師や家庭教師など時給の高いアルバイトがおすすめです。学業との両立を考慮した上で、深夜のアルバイトも良いでしょう。

時給の良いアルバイトにすると、それだけ短時間で多くのお金を効率的に稼ぐことができます。

また好時給なため、その分貯金が早く貯まりやすくモチベーションも保ちやすいでしょう。

 

バイトのシフトを多めにする

 今現在、アルバイトをしている人は、シフトを増やす方法が有効です。時間に余裕がある場合は、シフトを多目にしてもらえるか担当者に相談してみてはいかがでしょうか。

しかし多く入れ過ぎ学校よりバイト優先になってしまったり、体を壊してしまっては本末転倒なので自分の体に負荷をかけ過ぎない様に注意しましょう。

 

短期バイトで稼ぐ

効率良く稼げるバイトで働くことが先決です。効率的に稼ぎたいなら、短期バイトがおすすめです。イベントスタッフなどの1日限りの短期バイトは、アルバイトを掛け持ちするにも便利です。

バイトも学校もない日を狙って、単発のバイトで稼いでみるのも良いですね!また、普段は学校やサークルなどで忙しく、バイトをする時間が限られてしまう人は、夏休みなどの長期休暇を利用して短期バイトする方法がおすすめです。

リゾートバイトなど、住み込みで働けるバイトなら短期間でしっかりと稼げます。

大学生が暇つぶしにやるべき有意義なこと20選を紹介!「毎日が暇で仕方ない、、、刺激が欲しい!」 「大学の講義がつまらん!代わりに時間を費やせる没頭するものないかな?」 「自分の...

 

掛け持ちでアルバイトする

土日のみのアルバイトと平日短時間のアルバイトを掛け持ちするなどして、稼ぐ方法もおすすめです。しかしレギュラーバイトの掛け持ちは、スケジュール調整が大変です。

掛け持ちでアルバイトをするなら、派遣バイトが便利です。派遣会社に登録すると、1日~1週間程度の短期バイトを効率よく探すことができます。

 

暇な日に日給バイトをして稼ぎを増やす

また上記に関連して一日かぎりの場合派遣の単発バイトは、比較的時給も良いためおすすめです。

スキマ時間でアルバイトしたい人は、モニターや採点添削など在宅でできる仕事を取り入れる良い方法も良いでしょう。

 

副業や在宅ワークを検討する

また在宅ワークもオススメです。移動時間もなく効率的に稼ぐことができます。

中でもオススメなのがパソコンでのデータ入力、ブログ記事のライティング記事、アンケートモニターです。

また副業だとアフィリエイトなど様々な種類があるため自分に合うものを探してみるのも良いかもしれません。

しかし注意として在宅ワーク系は良くも悪くも成果報酬方なので収入が安定しない可能性もありますので要注意です。

【ブログの始め方も解説】大学生がブログをすることで得られる8つのこと「大学生になってやりたいこともないし暇な時間を有効活用したい」 「副業でブログってどうかな?稼げるのかな?」 「お金ないけど...

 

まかないのあるバイトを探す

飲食代を抑えるという意味でもまかないのあるバイトで働くことは、貯金を増やすことにつながっています。学生の一番の出費である食費を減らせます。

まかないのあるバイトなら、食費を浮かせることができます。稼ぎながら食費が浮くため、効率よく稼ぐことができます。

自炊が苦手な人は、どうしても食費にお金がかかってしまいます。いつも食事はコンビニやスーパーなどの惣菜を買ってしまうという人は、まかないのあるバイトで食費を浮かせましょう。

 

支出を限界まで減らす

ケータイ代などの固定費を削減する固定費削減はもう長い間たくさん言われ続けてますね。

一番簡単に削減できる固定費がケータイと言われています。固定費を減らした分だけを毎月貯金するというのもありかもしれないですね!

 

家計簿アプリをつける

今の時代は現金払いが少なくなってきており、カードやSuicaなどといった電子決済が主流になってきています。

とっても便利な電子決済は、お金の支出が管理しにくいと思われがちです。なので電子決済をよく使われる方は電子決済と連動で管理できるアプリを使うと良いかもしれません。

 

毎月の支出額だけを月終わりに把握する

学生は毎月の支出額を把握することが大事です。固定費に限らず、生活費から減った金額も把握しましょう。

支出額を把握する事により無駄な出費に気付ける事になります。そのためよく月は出費を減らすよう意識する様にします。

なぜなら支出を管理しているだけで、使い過ぎでお金を使うことに少し戸惑いが出るから本当に必要かを判断できるようになるからです。

 

貯金額は無理をしない金額にする

人によっては月に1万の貯金は厳しいと感じるかもしれません。それでしたら5千円とかでも大丈夫です。

継続することがとても大切なので続けることを意識しましょう。また、目標を決めて貯金している人は多いんじゃないかなと思います。

一番貯めやすいですし、目的があった方が頑張れますよね。貯める理由は大学卒業と同時にチャレンジするために貯金するとかでも良いと思います。

目的を持つことによって貯金の理由が明確になり、貯金が苦だと感じなくなります。

 

まとめ:貯金は無理せず若い内はできることからやろう!

目的のある貯金は良いと思いますが、もし目的がないのであれば、自己投資の意味で良いパソコンを買ったり、本を買ったり、海外に行ったりしてみてはいかがでしょうか。

友達と一緒に貯金を先に貯める勝負をするという方法も良いかもしれません。

またタバコや衣服、食費などの月の固定費を極限まで抑えたり、効率の良く好時給なバイト在宅ワークまた隙間時間を見つけて単発のバイト入れるなど一工夫をした方がお金は貯まりやすいです。

出費を管理しておくことが自分がどこで何に対してどのくらい使っているのかがしっかり明確に管理できどこを節約すれば良いか分かるので効率良く貯金することができます。

 

大学生のうちに趣味を見つけて人生を豊かに!おすすめの趣味28選!

【使用例付き】大学生の日常を豊かにする心理学20選

こちらの記事もおすすめ!